ランテージ×イトイエックスの【ダブルプロソックス】を辛口レビューします!

イトイエックス

こんにちは、たあしべーです。

🟢こんなことで悩んでいませんか?

ランテージ×イトイエックスのコラボソックス『ダブルプロソックス』が雑誌(ターザン)に載っていました。

  • どんな靴下なの?(見栄え、機能、価格、カラー展開、サイズ展開、サイズ感など)
  • 履き心地はどうなの?
  • 走ってみた正直な感想は?
  • 良いところ・悪いところは?
  • 購入するならどこ?

このような悩みをたあしべーが解決します。(たあしべーって誰?という方は、こちら▶︎

2022.3に『ダブルプロソックス』を購入し、50kmほど走ってみました。

結論、とにかく蒸れない!ズレない!キツくない!値段に見合った靴下です。しかし、、、悪いところが1つありました△

そこで、今回の記事は、ランテージ×イトイエックスがコラボして生まれた限定モデル『ダブルプロソックス』の”辛口”レビューしていきます。

この記事を読み終えたあなたは、『ダブルプロソックス』を購入するか否かを即決断できること間違いなしです✌︎(‘ω’✌︎ )

ぜひ、参考にしてみてくださいね‼︎

スポンサーリンク

【ランテージ×イトイエックス】のダブルプロソックスってどんな靴下なの?

この章では、

ランテージ×イトイエックスの『ダブルプロソックス』ってどんな靴下なの?

という疑問をサクッと解決していきますね!

🟢そこで、

  • 見栄え
  • 機能
  • 税込価格
  • カラー展開
  • サイズ展開・サイズ感

を順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

なお、「基本情報はいらない!履き心地と走ってみた”正直な感想”が知りたいです!」という方は、こちら▶︎

【ダブルプロソックス】見栄えは?『シンプルイズベスト』

ランテージ×イトイエックスの『ダブルプロソックス』の見栄えを写真と共に紹介していきます。

和紙製ソックス(イトイエックス)と機能ウェア(ランテージ)の”いいとこ取り”のスポーツソックス。

早速、どんな”見栄え”なのかを見ていきましょう!

ソックスは、ダブルネームと”made in JAPAN”とプリントされている、どこか高級感のある袋に入っていました◎

また、靴下にはタグやクリップ等は、ついていませんでした。

シンプルを追求しているのか?ランナーの方に配慮しているのか?それとも環境保護目的なのか?

それでは、中身を見ていきます。

外側にはRとLと書かれており、左右非対称に作られています。

丈は、足首付近まであるタイプ(くるぶしから指2本上あたり)です。

そのため、踵周りの靴擦れが気になる方には、絶妙な丈の長さだと感じます。

内側のアーチ(土踏まず)部分には、クッションがついています。

実際に履いた写真になります。(右足・外側から)

実際に履いた写真になります。(左足・外側から)

実際に履いた写真になります。(両足・内側)

実際に履いた写真からもわかるように、足が全体的に透けているんです♪

さすが、和紙製ソックス(イトイエックスの底力)ですね✌︎(‘ω’✌︎ )

【ダブルプロソックス】機能4つを紹介します!

ランテージ×イトイエックスの『ダブルプロソックス』の機能4つを順番に紹介していきます。

靴下が入っていたパッケージの裏に”4つの機能”が書いてありましたので、それぞれ順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

テーピングライン

足の甲から足首にかけて、まるでテーピングのようなしっかりとしたサポート機能が搭載されています。

つまり、足を接地したときの”ブレやグラつき”を抑え、足首(踵)を安定させる作り(機能)ということです。

フィギュアエイト

足首を8の字に包むようにしっかりと固定することで、足首のブレやグラつきはもちろんのこと、捻挫予防にもなる作りになっています。

このフィギュアエイトという機能は、イトイエックスのソックスにはなく、ランテージとコラボした”ダブルプロソックス”にしかないんです‼︎

イトイエックス&ランテージのオリジナルソックスも購入予定なので、比較してみたい機能ですね。

アーチアシスト

先程、見栄えでも紹介しましたが、

土踏まずには、着地時の衝撃を吸収する”アーチアシスト”を配置しています。

機能としては、”次の一歩を効率よく前へ出す動作”をサポートしてくれるみたいです♪

ということは、シューズだけでなくソックスからも推進力を得られることになりますね‼︎(正直、わかりません)

和紙だからこその通気性

履いた瞬間に「なんだこのザラザラした肌触りは?靴下だよなぁ?」と感じるはずです。

先程もお伝えましたが、手が透けているのがわかりますか?

その透け感からもわかるように、通気性は鬼です(笑)

「マニラ麻」ならではの、速乾性(蒸れを感じない◎)や消臭効果があるため、足蒸れや足の臭いを気にされている方にはオススメなソックスです‼︎

【ダブルプロソックス】税込価格は?『わりと高めな靴下』

ランテージ×イトイエックスの『ダブルプロソックス』の税込価格は、2,500円になります。

🟢ランニングソックスの価格相場は、

  • 【ランテージ】880円〜1,710円
  • 【イトイエックス】1,980円〜2,365円
  • 【タビオ】1,100円〜2,750円
  • 【ザムスト】1,870円〜3,520円
  • 【ゴールドウィン】1,650円〜2,420円
  • 【ファイテン】1,870円〜2,640円

こんな感じです。(今回は、ユニクロやGU、ワークマンは比較対象から抜きます)

他メーカーのランニングソックスの相場と比較すると、“高価なランニングソックス”になります◎

「そもそも、1足に1,000円も出せないよーーーー(泣)」という方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね✌︎(‘ω’✌︎ )

【ダブルプロソックス】カラー展開は?『ブラックのみ』

🟢ダブルプロソックスのカラー展開は、

なんと、”ブラックのみ”の展開になります。

そのため、「黒の靴下は絶対にイヤ‼︎」って方は、購入を控えた方がいいですね(笑)

【ダブルプロソックス】サイズ展開とサイズ感は?

🟢ダブルプロソックスのサイズ展開は、

  • 23〜25cm
  • 25〜27cm

の2つです。

🟢私の足の大きさとシューズサイズは?

  • 【足の実測値】26.0cm
  • 【シューズサイズ】27.5〜28.0cm

そんな私が選んだサイズは、もちろん【25〜27cm】です。

サイズ感は、上のスペックに近い方ならキツくもなく緩くもなく”ちょうど良い”サイズ感になります。

“ちょうど良い”サイズ感の証拠写真は、こちらです。(確認必須)

右の踵周りに生地の余なし‼︎

そして、左の踵周りにも生地の余なし‼︎

よって、いつも通りのサイズ感を選べば大丈夫です。

しかし、女性の方で”23cm”よりも【実測値】または、【シューズサイズ】が小さい方は、『ダブルプロソックス』は控えた方がいいですね‼︎(後は、28cm以上の方も注意が必要)

スポンサーリンク

ランテージ×イトイエックスの【ダブルプロソックス】履き心地はどうなの?

ダブルプロソックス(イトイエックスの靴下)に初めて足を通す方は、

「えっ?何この肌触り?ザラザラ(パリパリ)してるけど、、、こんなの初めて!」と、思うはずです。

つまり、ダブルプロソックスの履き心地を一言で言うならば、【摩訶不思議な履き心地の靴下】

というのが、私の率直な感想になります◎

(2022.3.28更新)

スポンサーリンク

ランテージ×イトイエックスの【ダブルプロソックス】走ってみた正直な感想は?

上の章で紹介した【摩訶不思議な履き心地の靴下】である『ダブルプロソックス』で、走ってみた感想を紹介します♪

  • 購入直後→ザラザラで足の裏に嫌な感覚あり✖️
  • 初洗濯後→足馴染みがよくなるが、足の裏の不快感あり✖️
  • 2回の洗濯後→足馴染みはどんどんよくなるものの、足の裏の不快感はまだまだあり△
  • 足の裏の不快感を発見!対処後→足馴染みは変わらず良く、足の裏の不快感が減った○
  • 2022.3.27のハーフマラソンでも問題なく使用でき、ベストタイムを1分ちょっと更新◎

よって、購入直後は「税込2,500円なのに、、、ユニクロの3枚1,000円の方がマシやん( ;  ; )」と、思っていましたが、

  • 数回の洗濯
  • 数回の使用
  • ハーフマラソン(21km、81分使用)

結果、「3枚1,000円の靴下に比べて、足と靴下の一体感が遥かに違うし、靴の中で足がブレない!」「つま先と踵のフィット感が半端ない◎」と、感じるようになってきました◎

ただ、足の裏の不快感は、完全に取れたわけではありません、、、( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

引き続き、ダブルプロソックスを使用し、不快感がなくなることを祈るもしくは、新たなソックスにトライしてみようかなぁ?とも思っています。

以上。

(2022.3.28更新)

ランテージ×イトイエックスの【ダブルプロソックス】良いところ・悪いところは?

この章では、ランテージ×イトイエックスの『ダブルプロソックス』の良いところ・悪いところを紹介します。

🟢今現在(2022.3.12)

  • 良いところ
  • 悪いところ

の順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ダブルプロソックスの良いところ

ランテージ×イトイエックスの『ダブルプロソックス』の良いところは、なんといっても“蒸れない”ところですね!

もう一つ良いところをあげるとすれば、フィット性の高さになります。(その2つ以外は、今のところ見当たりません‼)

なぜなら、下の章で紹介する”悪いところ”がインパクトが大きいため、良いところが埋もれてしまっているからです(泣)

ダブルプロソックスの悪いところ

ランテージ×イトイエックスの『ダブルプロソックス』の悪いところは、”今のところ”1つだけあります。

それは、裏面の足指の付け根にある”赤丸の縫い目”です。

こちらは、表側になります。

そして、問題(悪いところ)の箇所は、、、足と触れ合う”裏側”です。

赤丸のような”固くて鋭い”縫い目が無数にあり、

足の裏や足指の付け根に擦れて”めちゃくちゃ痛い”んです(泣)

2枚目の写真は、縫い目をテーブルに押し当てて圧迫したり擦ったりした後の状態です。(2回洗濯実施)

それでもまだまだ赤丸のような”突起物”がなくなりません、、、

引き続き、もう少し頑張って擦ってみます( ;  ; )

「日本製なのにこの作りは残念だなぁ、、、」という印象を植え付けてしまうディテールの1つです。(私のだけがこのような作りなのかもしれませんが、、、)

ランテージ×イトイエックスの【ダブルプロソックス】購入できる場所は?

この章では、ランテージ×イトイエックスの『ダブルプロソックス』を購入できる場所を5つ紹介します。

🟢購入できる場所は?

の5つになります(2022.3.12現在)

まとめ

今回の記事は、ランテージ×イトイエックスがコラボして生まれた限定モデル『ダブルプロソックス』の”辛口”レビューしてきましたね!

🟢あなたに伝えたいことは、

  • お金に余裕のある方(初心者ランナー以外の方)なら、挑戦する価値のある靴下である!
  • 「和紙の靴下を体験してみたい!」という方以外は、2,500円だす価値は正直ない(泣)
  • もし、2,000円以上だすのであれば、『タビオ』『ファイテン』『ザムスト』あたりをオススメします。

つまり、雑誌『ターザン』に載っていてどうしても欲しい!もしくは、私のようにランテージもイトイエックスも両方試してみたい!という方以外は、比較的安価なランニングソックスを選ぶことをオススメしたいですね!

私は、引き続き練習やレースにて『ダブルプロソックス』を使用していきますので、状況が変わるようなことがあれば(変わらなくても)、再度レビューしますので、お楽しみに(*^^)v

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました