【アディダス アディゼロ】ジャパン4とジャパン5を徹底比較します!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

今回は3人の方々が、ブログに訪れてくれました。

その3人の方々は、どうやらアディダスの『アディゼロ ジャパン』について知りたいことがあるみたいです。

早速3人の方々を紹介していきますね。

アディダスのアディゼロ ジャパンってどんなシューズなの?

 

アディゼロ ジャパンを購入する上で、耐久性(寿命)とサイズ感が知りたい!

 

アディダスのアディゼロ ジャパンの使用用途は?

 

このような疑問について”アディゼロ ジャパン4と5″を比較しながら、たあしべーが1つずつお答えしていきます。

ちなみに本記事は、5分で読み終わる内容です。

読みたい部分を目次から選択して、読むのであれば”ものの数分”で読み終わることも可能です。

数分後には、アディダスの『アディゼロ ジャパン』についての疑問は解決され、購入するか否かを決められますよ!

では、早速内容に入りますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【アディダス】アディゼロ ジャパンの”特徴と基本情報2つ”

アディダス 『アディゼロ ジャパン4と5』の写真

この章では、アディダスの『アディゼロ ジャパン』の事を知らない方のために特徴と基本情報2つを紹介します。

アディゼロ ジャパンの基本情報2つとは、4、5の”税込み価格と重さ”です。

順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アディゼロ ジャパンの”特徴”

まず初めに、アディゼロ ジャパンの特徴を簡単に説明しますね。

2014年のベルリンマラソンで当時のマラソン世界記録である2時間2分57秒の”初の2分台”をたたき出した時の足元は、アディゼロ ジャパンだったんです。

シューズのターゲットとしては、フルマラソン※サブ4向けに作られています。

※サブ4…フルマラソンを4時間以内で完走すること。

しかし、世界記録を何度も出したことにより、トップランナーまで使用可能と幅が広いことでも認知されています。

主に長距離のレースやトレーニングに適しておりますが、短距離のアップにも使用可能な軽量かつ、万能シューズなんです。

ちなみに、海外だと”アディオス”と言われており、日本だと”アディゼロ”と言われているのも特徴の一つです。

基本情報①『税込み価格は?』

1つ目の基本情報は、アディゼロ ジャパン4、5の税込み価格を紹介していきます。

価格は両者とも同じで、税込み価格15.400円になります。

今現在(2021.4.22)のランニングシューズの相場から考えますと、ちょうど真ん中くらいに位置する価格帯ですね。

30.000円を超えるランニングシューズもあり、最近ですと当たり前のように20.000円を超えてきているんです!

よって、アディゼロ ジャパン4、5はちょうど真ん中あたりの比較的リーズナブルな価格帯になります。

ちなみに、私は軽井沢のアウトレットでジャパン4を5.000円でゲットできましたので、要チェックですよ!

基本情報②『重さは?』

2つ目の基本情報は、アディゼロ ジャパン4、5の重さを実際に測定し比較していきます。

こちらは、アディゼロ ジャパン”4″になります。

アディダス『アディゼロ ジャパン4』の重さを測定中

メンズサイズ27.5cmで、重さは214gとかなり軽量な作りです。

続いてこちらが、アディゼロ ジャパン”5″になります。

アディダス『アディゼロ ジャパン5』の重さを測定中

メンズサイズ27.5cmで、重さは230とこちらもかなり軽量な作りです。

軽さをより一層感じるためには、フィット性がとても大切になります。

私の足と一体化するフィット性を発揮したのは、”ジャパン4″でした。

また、4、5共にメンズサイズ27.5cmと同じにも関わらず、”4″の方が16g軽く作られています。

以上の2点から、履いてるのに履いてないような軽さを感じさせてくれたのは、『アディゼロ ジャパン4』でしたね。

スポンサーリンク

【アディダス】アディゼロ ジャパン4と5の”見栄えと耐久性”

アディダス 『アディゼロ ジャパン4と5』の写真

この章では、アディダスの『アディゼロ ジャパン4、5』の見栄えと耐久性を紹介していきます。

そアッパーとミッドソール、アウトソールの3点をそれぞれ順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ジャパン4】”アッパー”の見栄えと耐久性は?

まず1つ目は、アディゼロ ジャパン4の”アッパー”の見栄えと耐久性を紹介していきます。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

こちらは、アディゼロ ジャパン4を上からみた見栄えになります。

靴紐を締めていない状態でも、全体的にシャープなフォルムなのがわかりますね。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

アッパーの生地は、触った感じだとやや硬めで、ざらざらしています。

メッシュ素材であり、穴が無数にあいているため、通気性は抜群です。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の靴紐の写真

靴紐は、平紐で先端には”ADIZERO”の文字があります。

元々、ゆっくりのんびり走るために作られたのではなく、スピードにも対応できるシューズとして作られているため、丸紐ではなく平紐です。

デザイン的には好きなのですが、先端がやや重くなるため、靴紐をしっかり結ばないとほどけやすいのがデメリットです。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』のシュータンの写真

ジャパン4のシュータンは、やや薄めでちょっと短く作られています。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

シュータンは、今流行りの一体型ではなく、昔ながらの独立タイプです。

私的には、こちらの昔ながらの独立タイプの方が、足の甲へのストレスが抑えられるため、好きですね!

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

外側から見てみますと、アディダスの代名詞でもあります”3本線”が、”真ん中”にほどこされています。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

内側にも3本線がしっかりほどこされています。

この3本線があることで、足の真ん中(中足部)のフィット性があがり、安定感を向上させる働きがあるんです!

両側に3本線があることで、より一層足とシューズが一体化しますので、怪我の要因も減ります。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の踵の写真

踵を指でつまんでみますと、内部にしっかりと補強材が入っているため、全くつぶれません。

しかも、”日本人の足の形”に合わせて作られているため、”小さくて細い踵”に抜群にフィットします。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

こちらのジャパン4では、100kmほど履いて走っていますが、今のところアッパーのヨレなどないですね。

よって、”ジャパン4のアッパー”の耐久性は高いと言うことがわかります。

【ジャパン5】”アッパー”の見栄えと耐久性は?

2つ目は、アディゼロ ジャパン5の”アッパー”の見栄えと耐久性を紹介していきます。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

こちらは、アディゼロ ジャパン5を上から見た見栄えになります。

ジャパン4と同様で、靴紐を締めていなくてもシュッとしたフォルムですので、足にまとわりつくようにフィットします!

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

ジャパン4と同様でメッシュ素材なのは、一緒なのですが、比べると”とても硬く”なりました。

手触りは、ざらざらではなくどちらかと言うと”サラサラ”ですね。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の靴紐の写真

靴紐は、ジャパン4と同じ平紐です。先端の”ADIZERO”のデザインはなくなり軽くなりました。

しかし、フィット性を上げるためなのかわかりませんが、紐の素材がやや硬くなったんです。

私的には、ちょうどいい柔らかさのジャパン4の靴紐がタイプですね!

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』のシュータンの写真

シュータンは、先端はとても薄いのですが足の甲あたりにクッションが入っているため、少し厚くなっています。

ジャパン5は、よりスピードに特化し、紐をキツくしめるであろうことを予測して甲のあたりだけ厚くしたと考えられますね!

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』のシュータンの写真

また、ジャパン4のシュータンは独立しているのに対して、黄色の丸で囲った部分を見るとゴムのようなものでシューズと一体化しているです。

そのゴムのお陰で、足がシューズ内で動くのを防ぐ作りになっており、足の甲周りをガッチリ固定してくれます。

私は足には自然な動きをさせてあげたいタイプですので、このような一体型でガッチリ固定はあまり好きじゃありません。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

ジャパン5の外側の見栄えはこんな感じです。

アディダスの代名詞でもあります”3本線”は、かなりスタイリッシュにやや前に位置しています。

しかも、ジャパン4が補強されていたのに対して、プリントされているだけになっちゃいましたね。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

内側はとてもシンプルな作りです。

“ADIZERO”と斜めに文字が入っているだけですね。

最近のシューズは、外側にプリントのブランドロゴがあり、内側はシンプルなデザインなのが多いですね。

できれば、ジャパン4のように、プリントではなく中足部の安定性とフィット性のために、補強として両側にブランドロゴをほどこして欲しいです!

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の踵の写真

踵は、ジャパン4同様といいますが、アディダスのアディゼロシリーズのほとんどいい作りをしています。

アディゼロシリーズは、1番コストがかかるとされている、踵内部に補強材を搭載することを、おこたりません。(さすがです)

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

こちらのジャパン5では、100kmほど履いて走っていますが、今のところアッパーのヨレなどないですね。

しかも、ジャパン4と比べ、スピード練習でも結構使用しているため、シューズへの負荷は大きいです。

よって、”ジャパン5のアッパー”も耐久性は非常に高いと言うことがわかります。

【ジャパン4】”ミッドソール”の見栄えと耐久性は?

3つ目は、アディゼロ ジャパン4の”ミッドソール”の見栄えと耐久性を紹介していきます。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

アディダスのクッシャン材である”ブーストフォーム”をこれでもかと言わんばかりに全体的に使用しています。

ブーストフォームは、指で押してみますと、とても柔らかいのがわかるんです。

ただ柔らかいだけでなく、エレルギーリターンが高いので推進力も得られます。

よく見ていただけるとわかると思いますが、アッパーとブーストの間に、白と黒のクッションが挟まっていますよね。

その白と黒のクッションが、ブーストに比べて、硬めにできていることで、安定性を高めているんです。

また、今流行りのカーボンプレートや、ナイロンプレートは搭載されていないので、指の付け根あたりで屈曲します。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

ジャパン4は平です。ブーストフォームオンリーでクセのないシューズになっています。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

ジャパン4の※ドロップは、10mmと昔ながらの”ザ・ランニングシューズ”の部類に入ります。

※ドロップとは、つま先と踵の厚さの差のことです。

ちなみに、つま先付近の厚さは17mmで、踵の厚さは27mmになります。

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

ジャパン4のミッドソール(ブーストフォーム)の耐久性は、100kmほどの走行では、シワや潰れは全くありません。

よって、”ジャパン4のミッドソール”の耐久性は高いと言うことがわかります。

【ジャパン5】”ミッドソール”の見栄えと耐久性は?

4つ目は、アディゼロ ジャパン5の”ミッドソール”の見栄えと耐久性を紹介していきます。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

ジャパン4のたっぷりブーストのミッドソールとは違い、つま先から踵まで”ライトストライク”という新しい素材を使っています。

踵のライトストライクの下には、ブーストフォームが搭載されている作りに変更されました。

ブーストはとても柔らかいのに対して、ライトストライクは、反発重視のカチカチソールです。

また、ジャパン4と同じく指の付け根あたりで屈曲するのですが、ジャパン5の方がよく曲がります。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

また、ジャパン4はシンプルに”たいら”なのに対して、ジャパン5は”カクン”と段差になっているんです。

私はつま先から中足部付近で設置するのですが、ややストレスを感じます。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

ジャパン5のドロップは、ジャパン4と”0.5mm差の”9.5mmなんです。

ちなみに、つま先付近の厚さは12mmで、踵の厚さは21.5mmになります。

“ジャパン4″のつま先付近の厚さは17mmで、踵の厚さは27mmなので、ジャパン5は全体的に薄いということになりますね。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

ジャパン4のミッドソール(ブーストフォーム&ライトストライク)の耐久性は、100kmほどの走行では、シワや潰れは全くありません。

よって、”ジャパン5のミッドソール”も耐久性は高いと言うことがわかります。

【ジャパン4】”アウトソール”の見栄えと耐久性は?

5つ目は、アディゼロ ジャパン4の”アウトソール”の見栄えと耐久性を紹介していきます。

アディダス 『ジャパン4』の靴の裏の写真

アディゼロ ジャパンと言ったらこのアウトソールです。

フラットソールではなく、つま先と踵が分かれているセパレートソールになっています。

真ん中の銀色の部分があることで、足が行きたい方に暴れないため、無駄(ロス)なく前へ進みやすくなっているんです。

全体的に黒いラバーが貼られていますが、前足部は、海外のタイヤメーカーである”コンチネンタル”を使用しており、グリップは神です!

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の靴の裏の写真

また、踵に関しては”スレに強い”ラバー素材である”アディウエア”を使用しております。

アウトソールは、体重70kgを余裕でオーバーしている私が100km程度走ったくらいでは、全く削れていないですね。

よって、”ジャパン4のアウトソール”の耐久性は高いと言うことがわかります。

【ジャパン5】”アウトソール”の見栄えと耐久性は?

最後に、アディゼロ ジャパン5の”アウトソール”の見栄えと耐久性を紹介していきます。

アディダス 『ジャパン5』の靴の裏の写真

アディゼロ ジャパンシリーズの長年続いていたアウトソールの形状がジャパン5になり、全く違う形状になりました。

唯一同じなのは、セパレートソールで、中足部がねじれない作りになっている点ですね!

なんだか、前足部の設置面積が広くなり、やや角ばったのがわかります。

それに横からでは、わかりませんでしたが、つま先付近にもブーストが搭載されているんです。

この作りからわかることは、”つま先で設置してつま先で蹴って走れ”ということです。

このことからも、よりスピードを意識した作りになっていることがわかります。

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の靴の裏の写真

つま先付近は、神のグリップを誇る”コンチネンタル”、一方踵は摩耗に強い”アディウエア”を使用している点もジャパン4と同じです。

アウトソールは、体重70kgを余裕でオーバーしている私が100km(スピード練を含む)ほど走ったくらいでは、全く削れていないですね。

よって、”ジャパン5のアウトソール”の耐久性も高いと言うことがわかります。

スポンサーリンク

【アディダス】アディゼロジャパン4と5の”サイズ感”

この章では、アディダスの『アディゼロ ジャパン4、5』のサイズ感を紹介していきます。

以前、シューフィッターさんに足のサイズを計測してもらった時の値を表にしましたので、参考にしてみてくださいね。

状態

項目左足右足
立った状態の時足長(㎝)26.2

26.5

足幅(㎝)

10.8(4E)10.8(3E~4E)
足囲(㎝)26.1(3E)

26.0(2E~3E)

座った状態の時

足長(㎝)

25.325.8
足幅(㎝)10.0(D~E)

10.0(D)

足囲(㎝)

24.6(E)

24.7(D~E)

表から言えることは、座っている時に比べ、立っている時はアーチが保持できずに足のサイズは大きくなっています。

私は座っている時と立っている時の平均である”25.95cm”つまり、26.0cmを基準にしています!

こんな私が選んだサイズは以下の2つになります。

アディゼロ ジャパン”4″のサイズ感は?

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

1つ目は、アディゼロ ジャパン4のサイズ感を紹介していきます。

実測値26.0cmの私が選んだのは、メンズサイズの27.5cmです。

よって、実測値+1.5cmを選んでいただければ間違いないですが、靴下の種類でサイズを変更して欲しいです。

薄手のラウンド型(五本指ではない)であれば、実測値+1.0〜1.5cmをお選びください。

もし、五本指ソックスまたは、厚手の場合ですと、実測値+1.5cmを選んでくださいね。

なぜなら、私はやや厚手のラウンド型で合わせたため、実測値26.0cmで27.5cmと+1.5cmだったからです。

以上のことを踏まえて、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アディゼロ ジャパン”5″のサイズ感は?

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

2つ目は、アディゼロ ジャパン5のサイズ感を紹介していきます。

実測値26.0cmの私が選んだのは、こちらも同じくメンズサイズの27.5cmです。

こちらのサイズの選び方もジャパン4の時と同じなのですが、上の章でもお伝えした”シュータン問題”があるので、サイズ選びは慎重にして欲しいです。

ジャパン5のシュータンは、甲の部分だけ厚く一体型なので、甲高の方や紐をキツく締めるのが好きな方は要注意です!

そんな方は、返品可能なネットショップで試し履きをするか、店頭でしっかり試着してから、ネットでポイントを駆使して購入するかにした方がいいですよ。

基本は、実測値+1.0〜1.5cmをお選びいただき、それ以上サイズを大きくしないといけない場合は、違うシューズを検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

【重要】アディゼロ ジャパン4と5の”走行比較”『全く別モノです』

アディダス 『ジャパン4、5』の写真

この章では、アディダスの『アディゼロ ジャパン4、5』の走行比較をしていきます。

それぞれ順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結論からお伝えしますと、アップデートしたことにより、全く違う履き心地と走り心地になりました!

1番大事な部分だからこそ、端的に述べていきますので、ご容赦ください。

アディゼロ ジャパン”4″の走行性は?

アディダス 『アディゼロ ジャパン4』の写真

まずは、『アディゼロ ジャパン4』の走行性を評価していきますね。

一言で言うならば、”クセのない万能シューズ”ですね。

足入れも足あたりも良く、みんなが慣れ親しんだドロップ差のため、初めの一歩から快適さが伝わってきます。

使用用途としては、フルマラソンであれば※サブ4以上、ハーフマラソン以下であればタイムに関係なく履いてもオッケーです。

※サブ4は、フルマラソンを4時間以内で完走すること

練習では、ゆっくりのんびりジョギングからやや速いペースでのジョギングまで幅広く使えます。

隙間時間に”サクッと”走りたい方や、ステップアップしたい方にとって、コスパの良いシューズですので、ぜひ試してみてくださいね。

アディゼロ ジャパン”5″の走行性は?

アディダス 『アディゼロ ジャパン5』の写真

次に、『アディゼロ ジャパン5』の走行性を評価していきますね。

一言で言うならば、”クセのある万能シューズ”ですね。

ジャパン4があまりにもクセがないので、ジャパン5を履くと「クセが強いんじゃ、、、」ってなるんです(笑)

ジャパン4に比べて、つま先が反り上がっていたり、ミッドソールの真ん中が段差になっていたりと、私の走りを少し邪魔してきます。

私的には、何度も言いますが、スピードに特化した作りになっている感じですね。

なので、使用用途はフルマラソンであればサブ3.5以上であり、練習であればスピード練習(坂道ダッシュや流し)に使用して欲しいです。

※サブ3.5は、フルマラソンを3時間半以内で完走すること

よって、ジャパン4と5が同じ値段くらいであれば、ジャパン4を間違いなく購入しますね。

ちなみに、エリートランナー(サブ3以上)の方なら、どちらを選んでも上手に履きのなせるはずです。

※サブ3は、フルマラソンを3時間以内で完走すること

スポンサーリンク

まとめ

今回は、元マラソンの世界記録樹立シューズであるアディダス『アディゼロ  ジャパン』シリーズについて比較レビューしてきました。

アディダスの定番モデルであり、未だにファンの多いシューズであるジャパンシリーズは、今後も進化をとげていくことは間違いないです。

Instagram(インスタグラム)では、新モデルの”6(シックス)のデザインとカラーが発表されています。

今回紹介した内容を参考にしつつ、1人でも多くの方がアディダス『アディゼロ ジャパン』を選び楽しく走ることができたら幸いです。

シューズ関連
スポンサーリンク
最近のコメント
    もしこちらの記事が参考になったらシェアお願いします
    たあしべーをフォローする
    スポンサーリンク
    たあしべーブログ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました