【ATREYU / アトレイユ】サブスク導入のランニングシューズ紹介!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

私が、1番気になっているランニングシューズを紹介します。(夜も眠れないほど)

 

✅こんなことをお考えの方はいませんか?

  • 最近のランニングシューズって高くない?
  • 補強ガチガチシューズばかりじゃない?
  • 速く走らせようとしすぎじゃない?

このようなことは、私も考えています。

 

そもそも正しいサイズ選びができていれば、シューズはなんでもいいと思います。

むしろ、ビーサンでも素足でも走ることはできます。

しかし、そんな簡単な話ではないですよね。

そこで、今回はアメリカのテキサス州オースティン発の『ATREYU / アトレイユ』のランニングシューズを紹介していきます。

 

✅記事内容は、

  • どんなブランドなの?
  • どんなシューズなの?
  • ところで日本でも買えるの?
  • 使用シーンは?

の4つについてサクッと紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

なお、詳しいレビューは購入した後に全力でしますので、もうしばらくお待ちください。

(トップ画像出典元:ATREYU/アトレイユ公式サイト)

スポンサーリンク

アトレイユ(ATREYU)とは?

この章では、『ATREYU / アトレイユ』とはどんなブランドなのかを簡単に説明していきます。

約1年前(2020年)にSNSで話題になったアメリカのテキサス州オースティン発祥のブランドになります。

アトレイユのCEOであるマイケル・クレイチェク氏の考えは、

靴がアスリートのために何ができるかではなく、アスリートが靴で何ができるかにフォーカスを当てているんです。

 

なんかワクワクする考えの持ち主ですよね!

なんかとても共感できます!(靴で楽しむ精神)

 

✅特徴としましては、

  • コロナ禍なのに挑戦した点
  • サブスクリプションを導入した点

 

逆光をものともしない姿勢で、コロナ禍だからこそできる事にトライする精神がふつふつと伝わってくるブランドです。

ちなみに、アメリカのオリンピック選手を選ぶ試合でフルマラソン2時間17分のランナーが、当日履いたという実績もあります。

アトレイユは革新的なサービスを提供し、徐々に浸透してきつつあるランニングシューズブランドなんです。

ATREYU/アトレイユ公式サイト

スポンサーリンク

【ATREYU / アトレイユ】どんなシューズなの?

この章では、『ATREYU / アトレイユ』にはどのようなランニングシューズがあるのかを紹介します。

 

✅紹介する内容は?

  • 基本情報
  • 見栄え
  • 価格
  • 革新的なサービス

こちらの4つになります。

 

順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

なお、サイトが英語表記のため内容に若干のあやまりがあるかもしれませんので、ご容赦ください!

【ATREYU / アトレイユ】ノンカーボンの基本情報

1つ目は、『ATREYU / アトレイユ』のノンカーボンシューズの基本情報を紹介します。

✅基本情報はこちら

  • 重さ:27.0㎝で170g
  • ソール素材:EVA素材
  • ソールの厚さ:つま先15.5㎜ 踵21.2㎜
  • ドロップ(オフセット):おおよそ6㎜(5.7㎜)
  • 公式サイト:ATREYU RUNNING

なんと言っても、27.0cmで170gという驚きの軽さです。

私の持っているランニングシューズですと、こちらの3足が軽いモデルになります。

サッカニー『エンドロフィンプロ』の重さを測定中

こちらは、サッカニー『エンドロフィン プロになります。

サイズは27.5cmで重さは215gです。

ホカオネオネ『ロケットX』の重さを測定中

続いてこちらは、ホカオネオネ『ロケットXになります。

サイズは27.0cmで重さは215gです。

ナイキ『ライバルフライ2』の重さを測定中の写真

最後にこちらは、ナイキ 『ライバルフライ2になります。

サイズは27.0cmで重さは213gです。

よって、27.0cmで170gという驚きの軽さが比較するとわかりますよね。

アトレイユのノンカーボンシューズは取れるものは、”とことん”取り除いてるシンプルイズベストなシューズです!

【ATREYU / アトレイユ】見栄えを紹介

2つ目は、『ATREYU / アトレイユ』の見栄えを紹介していきます。

今現在(2021.6.23)、アトレイユには2種類のランニングシューズがありますので、順番に紹介しますね。

1足目は、“ノンカーボン”のシンプルなランニングシューズの見栄えを紹介します。

右下に見えるカラフルな丸いのは、アトレイユのベースモデルのカラー展開です。

今のところ8色から選べ、私的にこちらの緑がカッコイイなと思い選択しています。

パッと見てもわかるように、めちゃくちゃシンプルな作りですよね。

また、ソール厚も40mm近いモノが主流になっているなかで、20mmと約半分の厚さです。

こちらは、前方からの見栄えになります。

つま先の過度な反り上がりもなく、自足でしっかり走る感じですね!

こちらアウトソールの見栄えになります。

今売られているランニングシューズのほとんどは、色々な素材を混ぜ合わせたソールです。

その一方で、アトレイユのノンカーボンシューズは昔ながらのEVA素材のみのシンプルパターンになります。

 

  • クセのない綺麗な接地
  • 本来の自分の走り方(フォーム)
  • 自力をつけてくれる

シューズだなと感じます。

 

続いて2足目は、カーボンプレート搭載モデルの見栄えを紹介していきます。

“Race.”と書いてあるので、おそらくレーシングシューズだと思います。

パッと見た感じは、ノンカーボンのモノと変わりはないように思えますが、

ソールの厚さは、ノンカーボンが20mmなのに対して、カーボンありは30mmと10mm厚く作られているんです。

それでも、今のレーシングシューズと比べたら薄い方になります!

ちなみに、重さは27.0cmで193gになります。

これまたかなり軽く作られているんです。

アウトソールはグリップは大丈夫なのかと思うほどのツルンとした作りです。

ミッドソールには、カーボンプレートがこのように挟み込まれる形で搭載されているんです。

このパターンは定番であり、挟まれているプレートの形状をメーカーごとに変えてきています!

アトレイユのカーボンプレートは、つま先から踵まで入っており、踵付近は細く作られていますね。

こちらは、カーボン搭載モデルの全貌です。

ちなみに、こちらのタイプはカラー展開がホワイトしかないみたいです。

 

✅まとめますと、

  • 2足ともシンプルなシューズ
  • 200g以下の軽量モデル
  • ジョギング用とレーシング用を展開
  • ノンカーボンは8色展開
  • カーボンありは1色展開

シンプルさがサッカニーのキンバラに似ているなと感じました!

【サッカニー】キンバラってどんなシューズが知らいたい方はこちら

 

✅その理由は、

  • 取れるものは取る
  • 27.5cmで219gという軽さ
  • ソールもシンプル

こちらがアトレイユのシューズと似ているなと思った3点になります。

【ATREYU / アトレイユ】ノンカーボンの価格は?

3つ目に紹介するのは、『ATREYU / アトレイユ』の”ノンカーボン”シューズの価格についてです。

こちらには、トータル75と書いてあるので2021年6月現在で、75ドルで購入できるのかな?

実際に購入したら、”実際の金額を写真と共にレビュー”予定ですので、もうしばらくお待ちくださいね。

【ATREYU / アトレイユ】サスティナブルなサービス

4つ目に紹介するのは、『ATREYU / アトレイユ』のサスティナブルなサービスについてです。

アメリカだけのサービスになるかもしれませんが、使い古したシューズを回収し寄付するを繰り返すことを考えているそうです。

また、その使い古したシューズを徹底的に分析することで、新商品の開発にも役立てることも考えています。

ランニングシューズを使った最新のビジネスモデルであり、環境にも人々にも優しいブランドなんですね。

これからの飛躍が、とても楽しみなブランドになります。

スポンサーリンク

【ATREYU / アトレイユ】日本から購入できるの?

この章では、『ATREYU / アトレイユ』の商品が日本から購入購入することは可能なのかについて調べてみました。(2021.6月現在)

サイトのQ&Aに書いてあるとは思いますが、実際にサポートセンターにメールしてみました。

チームへようこそ。
顧客アカウントをアクティブ化しました。
当店をご覧ください

ご不明な点がございましたら、
support @ atreyurunning.comの
サポートチームにお問い合わせください。

シンプルさを尊重し、
チームアトレイユ

こちらは、アトレイユでマイアカウントを作成した時のメールの内容になります。

英語が苦手のため、Google翻訳になりますのでご了承ください。

立ち寄ってくれてありがとう!

ねえ、石塚さん、
ショッピングカートに追加しましたが、
まだ購入を完了していません。
後悔だけを恐れる。

そして、こちらは試しにカートに入れてみた後に送られてきたメールになります。

「カートに残ったままですよー!」ということですね。

実際に、購入画面で情報を入力してみたところ送り先に日本がなかったので、お問い合わせしてみたんです。

 

✅お問い合わせ結果はこちら↓↓↓

 

Hello

I’m Ishizuka living in Japan

I’m thinking of buying shoes,

Do you ship to Japan?

If you can ship it, please tell me how to purchase it.

Thank you.

こんにちは

日本に住んでいる石塚です

靴を買うことを考えています、

日本に発送しますか?

発送できる場合は、
購入方法を教えてください。

ありがとうございました。

Ishizuka,

Thanks for reaching out, we appreciate your desire to test drive our shoes.

Although we do not offer shipping to Japan at this time, we aim to expand into your country and many others in the coming months and beyond. We very much appreciate your ongoing patience and support in the interim.

Please let me know if there is anything else I can assist you with. I would be more than happy to help!

-Jake

Sincerely,
Team Atreyu

石塚、

お問い合わせいただきありがとうございます。
私たちの靴を試乗したいという
ご要望に感謝いたします。

現時点では日本への配送は
提供していませんが、
今後数か月およびそれ以降、
お客様の国や他の多くの国への配送を
目指しています。

何卒ご理解とご支援を賜りますよう
お願い申し上げます。

他にご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
喜んでお手伝いさせていただきます!

-ジェイク
よろしくお願いいたします。
チームアトレイユ

Hello, this is Ishizuka.

Thank you for your prompt reply.

If possible, could you contact me when I started shipping to Japan?

In the future, I think I may ask for some help when making a purchase.

At that time, thank you.

Lives in Japan
Ishizuka

こんにちは、石塚です。

迅速な返信ありがとうございます。

可能であれば、
日本への発送を開始したときに
連絡していただけますか?

将来的には、
購入の際に助けを
求めるかもしれないと思います。

その際、ありがとうございました。

日本に住んでいます
石塚

You’re very welcome!

You can count on us making an official announcement on our social media channels and newsletter if or when we open up shipping to Japan.

Thanks again for hanging in there while we naturally expand our international net.

-Jake

Sincerely,
Team Atreyu

いいえ、どいたしまして!

日本への発送を開始する場合、
または開始するときに、
ソーシャルメディアチャネル
およびニュースレターで公式発表を
行うことを期待できます。

私たちが自然に国際的なネットを
拡大している間、
そこにぶら下がってくれてありがとう。

-ジェイク
よろしくお願いいたします。
チームアトレイユ

少し日本語がおかしいところもありますが、このような流れでした。

 

✅まとめると、

  • 日本への発送を行っていない(2021.6月)
  • 今後数ヶ月で発送エリア拡大予定
  • 発送開始したら公式サイトで通知

といった形になりますので、

よって、日本ではアトレイユのランニングシューズは購入できないということです。

 

エリア拡大するのが待ち遠しいです!

【ATREYU / アトレイユ】私が思う使用シーンを紹介

この章では、『ATREYU / アトレイユ』のノンカーボンシューズの使用シーンを考えてみます。

27.0cmで170gという驚異的な軽さが特徴ですので、

ゆっくり走るよりも軽快に気持ちよく走るのに向いていますね。

 

✅理想は、

  • 何も考えず
  • 時計もつけず
  • もちろんペースも気にせず
  • 距離も気にせず
  • 好きなタイミング
  • 隙間時間にサクッと

こんなシーンを私は想像してるんです。

ちなみに、日本への発送が始まったら即購入する予定です。

 

✅購入したら、

  • 普段履き
  • 仕事用
  • 旅のお供
  • 旅ラン
  • 朝ラン(犬と一緒)

で使用してみたいなと考えています。

 

ひと昔前なら履くランナーを選ばなかったかもしれませんが、

✅最近のランニングシューズは、

  • 過度なサポート機能
  • 過度なグリップ
  • 過度な耐久性アップ
  • 走行性能の大幅アップ

などなどあげたらキリがないです。

 

このような理由から、

シューズに甘やかされているランナーにとって、アトレイユのようなシンプルなシューズに乗りこなすのは非常に困難を極めるかもしれませんね。

 

おそらく、

私も甘やかされているランナーの1人です。

(アトレイユに鍛えてもらおう!)

まとめ

今回は、アメリカのテキサス州オースティン発の『ATREYU / アトレイユ』というランニングシューズブランドを紹介しました。

CEOであるマイケル・クレイチェク氏が昔、ニューバランスの1400を75ドルで買えた喜びが忘れられず、

安価でシンプルなシューズを作りたいと考え、アトレイユを立ち上げたんです。

 

ちなみに、

ニューバランスの1400が8000円で購入できるなんて、

安すぎます!(今の定価は23,100〜35,200円)

 

私がなぜ走っているのか?

 

たくさんのシューズを試すため

 

私にとってのモチベーションになり、何よりもの楽しみでもあります。(興奮します!)

そのモチベーションを爆発させてくれる要素がたっぷりな”『ATREYU / アトレイユ』”というブランドだけでも頭に入れて置いてくださいね!

ATREYU(アトレイユ)公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました