【ブルックス】最上位モデル”グリセリン20″を徹底レビューします!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

「たあしべーって誰や?」という方のために軽く自己紹介しますね(*^^)v

✅たあしべーのスペックは、

自己紹介はこの辺にして、タイトルに対する結論をお先にお伝えします♪

✅ブルックスの『グリセリン20』は、

  • 重い!そして、お財布に優しくない!
  • グリップ性能が低いので、雨の日危険△
  • ブルックスの最高級のクッション材は、手で触るとフワモチ。
  • そのクッション材は、走ると硬さが生まれ気持ち良く足を前へ進めてくれる◎
  • 1つの素材で出来上がったソールのため、クセのない走り心地◎
  • スピードを上げたランに使用したい△
  • 気持ちよく無理のないペースで長ーく走りたい◎

と、5つの結論を読み、「もっともーっとブルックスのグリセリン20のことが詳しく知りたい!」と思った方は先を読み進めてみてくださいね!

「うーん!今の私には必要なさそうなシューズだなぁ」と思った方は、、、左矢印をクリックまたは、横スライドして他の記事(動画など)へGOです♪

では、以下の目次の通りに徹底レビューしていきますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

※なお、メーカー独自の素材名や機能名、技術等は控え”主観的なレビュー”を心がけていきます。

スポンサーリンク

【ブルックス】グリセリン20ってどんなシューズ?

  • 価格は?
  • 重さは?
  • デザインは?
  • 特徴は?

の4つについて、順番にサクッと紹介していきます。

グリセリン20の税込価格は?

ブルックス「グリセリン20」の税込価格は、18,150円です。

「それって高いの?安いの?」

という疑問を持たれる方のために、他メーカーの同じカテゴリーに位置するシューズと比べてみますね!

  • ナイキ「エアズーム ボメロ」→18,150円(税込)
  • ナイキ「インヴィンシブル ラン」→22,000円(税込)
  • アシックス「ゲルカヤノ」→17,600円(税込)
  • ホカオネオネ「ボンダイ」→23,100円(税込)
  • サッカニー「トライアンフ」→14,300円(税込)
  • オン「クラウドモンスター」→18,480円(税込)

6足の平均は、約18,938円(税込)になります。よって、同じカテゴリー内なら同等な価格帯と言えます。

しかし、ジョギングシューズであれば、10,000円前後で購入できるモノもあります。

よって、ブルックス「グリセリン20」は”比較的高価なシューズ”です。

グリセリン20の重さは?

ブルックス「グリセリン20」の重さは、300g(メンズサイズ27.5cm)でした。

「だから、、、300gって重いの?軽いの?」

という疑問を持たれる方のために、他メーカーの同じカテゴリーに位置するシューズと比べてみますね!

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の重さを測定中

ナイキ「インヴィンシブル ラン」の重さは、292g(メンズサイズ27.5cm)です。

グリセリン20と同サイズではあるものの、8gほど軽く作られています。

オン「クラウドモンスター」の重さは、288g(メンズサイズ28.0cm)です。

グリセリン20より”0.5cm大きいサイズ”ですが、12gも軽く作られています。

「たった8〜12g軽いだけじゃん?」と、思われますよね?

手で持ち比べると明らかに重さの違いを実感できるレベルです!

よって、重さだけを見るとブルックス「グリセリン20」は”重めなシューズ”ということです。

しかし、フィット感(足とシューズの一体化度)が良ければ8〜12gの差は”誤差範囲”になります♪

グリセリン20のデザインは?

  • 足あたりの良いメッシュアッパー
  • 傾斜の効いた”厚底”ソール
  • つま先が極端に反り上がっていない”昔ながらのソール”

GTSモデルではなく、スタンダードモデルのため、1つの(硬さも均一)素材で出来上がったソール構造。

ホカオネオネ『クリフトン8』の写真

ホカオネオネの代表的モデル「クリフトン8」は、”赤い部分(柔らかめ)と白い部分(赤に比べて硬め)のソール”の硬さを変えた作りになっています。

2足を履き比べると、1つの素材で出来上がったグリセリン20の方がクセがなく”万人受けする感覚”です。

  • 全体的にラバー(オレンジ色の部分)が貼られており、グリップ性と耐久性が◎
  • つま先から踵まで真っ平な”フラットソール”
  • 幅の広いアウトソールのため、安定性◎

ナイキの厚底カーボンシューズ「ズームフライ4」のアウトソールと比べると、グリセリン20の幅広な作りが目立ちます。

つまり、グリセリン20は横振れ(グラつき)の少ない”安定した足の接地ができる作り”ということです!

グリセリン20の特徴は?

上から見た時、白いソール部分がアッパーからはみ出ています。

上で紹介した通り、このはみ出たソールのお陰で、走りが”めちゃくちゃ安定”するんです◎

踵の作りは、上部下部共に”ガッチリ硬めに補強”されています。

シュータンは、最近のランニング シューズには珍しい”独立タイプ”です。

  • 私、甲高なんです、、、。
  • 俺、甲周りの血管がものすごく浮き出るタイプです‼︎
  • 甲周りがキツいのはどうも苦手、、、。

という方には、”一体型タイプ”ではなく、グリセリン20のような”独立タイプ”がオススメです◎

靴紐は平紐。

屈曲する部分(足指と甲の間など)には、補強材がなくストレスフリーな作り◎

指で軽く押しただけでも凹む柔らかさ。

しかし、ただ柔らかいだけでなく、指を押し返す力をものすごく感じます。

つまり、足を接地した時の衝撃を吸収しつつ、すぐ足を地面から離す力(反発力)のあるクッション。

硬めではありますが、”ノープレートシューズ”のため、前足部はしっかり曲がります。

よって、自然な走りを促してくれるシューズです◎

スポンサーリンク

【ブルックス】グリセリン20のサイズ感は?

  • つま先(幅)→ゆとりある作り
  • 甲周り→独立したシュータンのため、ゆとりある(圧迫感低め)の作り
  • 踵周り→肉厚のためややつま先方向につまる感じ有り

ここ最近の私は、ジャストフィットより”ややゆとり”を持ったサイズ【27.5〜28.0cm】を好んで選んでいます。

そんな私が今回選んだグリセリン20のサイズは、”メンズサイズの27.5cm”です。

「これこれ!このフィット感!これなら間違いなし!」と、感じられるサイズ感でした◎

いつも通りのサイズを選んで問題ないとは思いますが、可能であれば”いつも履いているソックス”を持参し、店頭で試着することをおすすめします!

理由は、サイズ感だけでなく”足あたり”や”グラつき感”を感じられるからです♪

スポンサーリンク

【ブルックス】グリセリン20の耐久性は?

この章では、アウトソールの”スレ具合”を見ていきます。

走行距離0kmのアウトソールになります。

走行距離100kmになったタイミングで、再度レビューしますので、もうしばらくお待ちくださいね!

グリセリン20を履いてみた素直な感想は?

2022.8.2に3kmの周回コースを4周(12km)走ってみました。

正直、、、走り出して数百mは「凄いフワフワしていて、接地感が感じられないシューズだなぁ、、、」「それにどこで接地すればいいんだ?」「それに、、、重いなぁ」

と、ネガティブなことばかり感じました。

しかし、そのイメージは1kmに近づく頃にはスゥーッと頭から抜けていき”気持ちよく”走ることに成功◎

その理由は、1つの素材で出来上がったソールのため、接地箇所を”ここ”と決めなくてもOKだからです。

もう少し深掘りすると、柔らかさが均一のため、どこで接地しても気持ちよく前へ進ませてくれるからなんです♪

そのため、30℃を超える猛暑日だったにも関わらず、「あれ?もう12km終わり?」と、もっと走りたくなる疲れ知らずのシューズでした♪


✅結果は、こんな感じです。

走ったペースは、キロ4分40秒から5分30秒。(私の※Eペース)

※Eペース…イージーペース。

グリセリン20で走ってみてネガティブな要素はあった?

はい!ありましたよ_φ( ̄ー ̄ )

  • 厚底かつフワフワなソールのため、カーブが多い(競技場(トラック)など)コースには不向き△
  • 重さが300gもあるので、ペースを上げて長い時間走る時には不向き△(せめて、250gくらい?がイイ!)
  • 踵を気持ちよく包み込むために厚手に作られているため、下り坂で足が前へ動く△

と、こちらの3点が気になりました。

まとめ

ブルックス『グリセリン20』についてまとめると、

✅冒頭の内容とカブりますが、

  • 重い!そして、お財布にやさしくない!
  • ジョグシューズとは思えないほどの反発力!
  • フワフワなソールは、柔らかいのに幅広設計なので、安定性能が高い!
  • カーブの少ないコース(レース)◎
  • 下り坂の少ないコース(レース)◎
  • キロ5分ペースであれば、ストレスを感じることがないため、フルマラソン3時間半切りくらいまでなら余裕で行けそう‼︎

ぜひ、今回の記事を参考にしつつ、ブルックス『グリセリン20』を店頭にて試着してみてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました