【コロンビアモントレイル】ルインパルスベスト7.0を徹底レビュー!

グッズ関連

こんにちは、たあしべーです。

✅こんなことで悩んでいませんか?

  • 「トレランを始めたいけど、おすすめのカッコいいトレランバックが知りたい!」
  • 周りの人とかぶらないトレランバックはありますか?」
  • 丸洗い可能で耐久性のあるトレランバックが知りたい!」

このような悩みをたあしべーが解決します。

そんなあなたの悩みが吹き飛ぶアイテムは、コロンビアモントレイルのトレランバック『ルインパルスベスト7.0』です。

この記事では、コロンビアモントレイルの「ルインパルスベスト7.0」を実際に使用してみた感想をお伝えしていきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそも”ルインパルスベスト7.0″を選んだ理由は?

この章では、私が”なぜコロンビアモントレイルのルインパルスベスト7.0を選んだのか”について答えいきます。

単純にカッコ良かったのと、トレランシューズがコロンビアモントレイル『FKTアテンプト』なので、メーカーを合わせようと思ったからです。

また、日本を代表するトレイルランニング競技者である“上田瑠偉(うえだるい)”監修モデルということもあり、信頼感もあったからです。

つまり、私の中で”トレランバックは、ルインパルスベスト7.0″

と決まっていたということになります。

≫公式サイトで商品を見てみる

スポンサーリンク

コロンビアモントレイルの”ルインパルスベスト7.0″のスペックは?

この章では、コロンビアモントレイルのルインパルスベスト7.0のスペックを紹介します。

ルインパルスベスト7.0の税込価格は、15,400円です。

サロモンの同じクラスのトレランバックに比べたら、

値は張りますが、その他のメーカーとなら”比較的安い”価格設定になります。

✅主なルインパルスベスト7.0のスペックは?

  • ブランド:コロンビア モントレイル
  • 商品名:ルインパルスベスト7.0
  • 重さ: 296g
  • 容量: 7ℓ
  • サイズ展開: M, L
  • メーカー品番:XU0123
  • 素材: ポリエステル88%/ポリウレタン12%

以上の通りです。

容量7ℓのわりには、収納スペースが小さく荷物が入らないため、”荷物の多い方や長時間走行での使用を考えている方”には不向きなアイテムになります。

スポンサーリンク

コロンビアモントレイルの”ルインパルスベスト7.0″の特徴は?

この章では、コロンビアモントレイルのルインパルスベスト7.0の特徴を簡単に紹介します。

✅ルインパルスベスト7.0の特徴は、

  • 伸縮性のある柔らかい生地を採用している
  • 前面と背面を締め付けられる
  • カラダに触れる部分には、クッション性を高めた素材を採用している
  • 蒸れを防止するため、通気性の優れたメッシュ素材を採用している
  • 背面の収納を“2気室”にすることで、荷物の揺れをなくしている

以上の通りです。

詳しくは、次の章で実際の写真と共にレビューしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

もし、「バックの見栄えは知ってる!」という方は、

こちらからお読みください。

コロンビアモントレイルの”ルインパルスベスト7.0″の見栄えを紹介します!

この章では、コロンビアモントレイルのルインパルスベスト7.0の見栄えを紹介します。

こちらは、ルインパルスベスト7.0の”背面の見栄え”です。

上の章でお伝えした背面の“2気室収納”とは、

真ん中に入った”V”の字を境に”2つの部屋”に分かれていることを意味しています。

まず、背面2気室の”上の部屋”を見ていきます。

モントレイルの”山ロゴ”はリフレクターになっており、夜のランニングにも最適です。

背面上部の収納の開閉は、このプラスチックボタンで行います。

走行中にこのボタンを外し、開けるのは困難ですので、一度バックをおろす必要があります。

試しにボタンを外した状態で、衣類を入れて走ってみました。

すると、ストレスなく走ることができので、開けっ放しでも大丈夫!

背部上部の収納は、大きい私の手が余裕で入るスペースがあります。

しかし、重くて滑りやすい素材のもの(たとえばスマホやGoProなど)を入れる場所ではないですね。

背面上部の収納には、衣類(雨具や薄手の上着、タオルなど)

を入れることをおすすめします!

少し見づらいですが、背部上部の収納は”小物を入れるスペース”もあります。

まだ使用したことはないのですが、「うーん!何をいれるんだ?」と私も悩み中です。

さらに、もうひと部屋ある収納スペースは、

『ハイドレーション』を入れるであろう”大きな専用スペース”があります。

衣類も入るのですが、背中の汗でビショビショになりますので、

使用済みの衣類なら問題ないですよね!


続いて、背面2気室の”下の部屋”を見ていきます。

下部には、”montrail”ロゴのリフレクターがあります。

背面下部の収納は、”縦開きファスナー”のため、スムーズに開け閉めできます。

上部より収納スペースは広く

私はスマホやタオル、サイフなどを入れています。

両サイドに調整ベルトがあるので、体型や荷物の量に合わせてフィット感を調節することができます。

この調整ベルトは、少し硬くて”きつくしたり緩めたり”するのが難しいんです。

「おそらく”慣れ”の問題かなぁ?」と思いますので、

いい方法があり次第ご報告しますので、もうしばらくおまちくださいね!


次にこちらは、ルインパルスベスト7.0の”前面の見栄え”です。

左胸にあたる場所には、”Columbia montrail”とリフレクター効果のあるブランド名が描かれています。

ここに収納するのは、500㎖のペットボトルや、ソフトフラスクなどの”水分”になります。

その下には、マジックテープで開閉可能な小物を入れておくスペースがあります。

ミネラルタブレットやアメなどを収納するのが、

おすすめな大きさですね!

その下には、“横開きファスナー”付きの収納スペースがあります。(模様はリフレクター)

小さめなサイフや、ジェルなどの補給食におすすめな大きさです。

 

志賀高原エクストリームトレイル』の時は”GoPro9″を入れて走ってみたところ、

揺れも気にならず”出し入れ”もしやすかったです!


 

反対側の右胸は、左胸に比べて”シンプル”なデザインです。

右胸にも水分を入れておく収納スペースがあり、私は左右で違う飲み物を持ちながら走っています!

左胸と同様、マジックテープで開閉可能な小物を入れておくスペースがあります。

その下には、左胸とは違い”横開きファスナーなし”の収納スペースがあります。

この収納スペースには、必ず取り出すモノや、取り出す頻度の多いモノを入れておくのがおすすめです。

ファスナーは付いていませんが、

“収納蓋”があるため、走行中に”中のモノ”が出てくる心配はありません!


次に、前面の調節ベルトを見ていきます。

プラスチック製で、両サイドを同時に押すとハズレるタイプになります。

また、前面の調節ベルトは、このように”上下に動く”ように作られています。

そのため、カラダへの圧迫部分を細かく変えられる作りなんです!

もちろん、反対側の調節ベルト(差し込む側)も”同じ範囲だけ上下”します。

“自分だけに合ったフィット性”

見つけた時のフィット性はハンパないですよ!



最後に、背中に”直接触れる部分”を見ていきます。

この部分は、通気性の高いメッシュ素材を使用しています。

背中側の肩周りには、とても上質な柔らかい素材を使用しており、

“優しくフィット”してくれる作りです。

サイズ表記は、こんなところにあります。

そして、胸に触れる前側部分は、

“腕振り動作を妨げない柔らかくも硬くもない絶妙な素材”なんです!

以上、コロンビアモントレイル『ルインパルス7.0.』の見栄えでした。

≫実際に公式サイトで商品を見てみる!

コロンビアモントレイルの”ルインパルスベスト7.0″を大会で使用してみた感想は?

この章では、コロンビアモントレイルのルインパルスベスト7.0をトレラン大会で使用してみた感想を紹介します。

志賀高原エクストリームトレイル』のショートの部8kmで、

使用してみて感じたことは2つあります。

✅その2つとは、こちらです。

  • “サロモンのソフトフラスク250ml”との相性がいまいちな点
  • 背面(特に下部)に収納しているモノが”汗でビショビショ”になる点

1つ目は、私が購入した“サロモンのソフトフラスク250ml”だと細長いため、サイズがいまいち合いません。

使えないことはないのですが、

中身が減ってくると、”フラスクのフィット感と安定感”が落ち、

“走りに集中できなかった”です。

✅対策としては、

  • 250㎖ではなく500㎖のフラスクを購入する
  • “幅のあるフラスク”を選ぶ
  • バックを店内にもっていき”フラスク”を入れてみる

なお、『ルインパルスベスト7.0』に合った”フラスク”が見つかったら、報告しますので、もうしばらくお待ちくださいね。


2つ目は、背面下部の収納スペースに、スマホや衣類などを入れて走ると汗で”ビショビショ”になってしまいます。

✅私が汗っかきなのも原因の一つではありますが、

  • 中身は防水性の高いモノ
  • 衣類なら使用済みのモノ
  • チョコのような溶けやすい食べモノ
  • 革財布

入れることはおすすめできません!あくまでも”濡れてもいいモノ”を入れるようにしてください。

何か対策が思いつきましたら、ご報告しますので、もうしばらくお待ちくださいね!

今回紹介した”2つ以外”は、気になるところはありませんでしたので、

当分の間『ルインパルス7.0』を使用する予定です。

コロンビアモントレイルの”ルインパルスベスト7.0″は洗濯機で洗えるの?

はい、『ルインパルスベスト7.0』は洗濯機で丸洗い可能です。

✅手順は、

  1. ファスナーを”全部”しめる
  2. 何も入っていないことを確認する
  3. 念のため、”洗濯網”に入れる
  4. 柔軟剤は使用しない!

と”背面のファスナー付き収納スペース内のタグ”に、このように洗い方が書かれています。

今のところ(2021.9.28)、

“洗濯機で3回”ほど洗いましたが、何も問題ありません!

コロンビアモントレイルの”ルインパルスベスト7.0″はどこで購入できますか?

この章では、コロンビアモントレイルのルインパルスベスト7.0はどこで購入できるのかを紹介します。

✅購入できる場所は、

こちらの3つになります。

ちなみに私は、

楽天市場の『KYUZO』さん税込価格13,860円で購入しました!

(1,540円割引き+ポイント還元)

今のところ(2021.9.30)楽天市場での購入が、1番お得です!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コロンビアモントレイルの”ルインパルスベスト7.0″はこんな方におすすめ!

結論は、”ガタイのいい人”以外ならどんな方にでもおすすめです!

また、収納スペース的に考えて”短距離(短時間)向け”

そのため、私のようなショートの部(8〜15kmくらい)に参加される方におすすめですね。

177cmの72kgのガタイのいい私が”Lサイズ”を着用した感じになります。

“ピタッ”とフィットするのはいいのですが、

背面のファスナーを開け閉めするのが大変なんです。

しかし、”薄着で走れる季節”での使用であれば問題ない程度です。

雨による冷え込みを防ぐには、

“バックの上から”羽織れば問題なしだなぁ!

私のようにガタイの良い方でも”Lサイズ”であれば、”水分補給できる高さ”は保たれています。

ただ、前の章で紹介しましたが、

サロモンのソフトフラスク”250㎖”だと、

収納スペースに完璧にフィットしません…。

今のところ模索中です!

このアンバランスなガタイでも、ストレスを感じることなく走れます。

「トレランレース”ショートの部”に参加してみたい!」という方や、「カッコイイトレランバックが欲しい!」という方に非常におすすめなアイテムです。

ぜひ、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は、日本を代表するトレイルランナー上田瑠偉(うえだるい)監修モデルのトレランバックを紹介してきました。

そのトレランバックとは、コロンビアモントレイル『ルインパルスベスト7.0』です。

今回紹介したトレランバックは、日々のランニングや旅ラン、マラニックにも最適なアイテムです。

荷物の少ない方なら

“帰宅ラン”にも最適ですよ!

今回の記事がきっかけで、1人でも多くの方が楽しいランニングライフまたは、ネイチャーライフを送っていただけたら幸いです。

あわせて読みたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました