【対策】ランニングの時に外反母趾が痛い!「固定観念の大きなワナ」

RUN関連

 

 

 こんにちは、たあしべーです。

 

今回は…

 

  • 「ランニング歴は、1年です。もともと外反母趾で、走り出してから痛みは強くなり、スポーツ店にてシューズとインソールを選んでもらいました。でも痛みは解消されません。原因と対策を教えて下さい?」

 

という悩みを解決します。

 

✔︎結論は、この2つ
  1. 間違ったシューズ選択
  2. インソール処方の大きなワナ

 

踏まえて内容は、

 

✔︎記事の内容は、この3つ
  1. 【事実】外反母趾で悩む人必見!「間違ったシューズ選択を正す」
  2. インソールの本当の使い方は?「スペースを埋めるもの」
  3. まとめ

 

3分でサクッと読み終わります。

3分後には、”えっ?“と間違いに気づき驚きます。

 

では、早速いきましょう。

 

スポンサーリンク

【事実】外反母趾で悩む人必見!「間違ったシューズ選択を正す」

 

外反母趾で悩む方のシューズ選択は、とても難しいです。

 

数あるシューズから”これ”と選ぶことより、間違った固定観念を、

誰も正してくれないからです。

 

  • 「シューズを脱いで歩いてみてください」

 

痛いですか?

痛い方は、踵や足首周りの原因もありますので、こちらの記事をお読みください。

 

404 NOT FOUND | M・OーLife Blog
マイノリティ(少数派)・オピニオン(意見)を医療現場より発信中

 

大半の方は、痛くないです。

 

✔︎外反母趾のシューズ選びのコツは、この2つ
  1. 幅広を選ぶと、余計に悪化する
  2. 柔らかいシューズなら、履くな!

 

少し深掘りしていきます。

 

幅広を選ぶと、余計に悪化する

 

親指の付け根を、”赤くしてくる”患者さんは、本当に多いです。

レントゲンを撮るとき、思わず見てしまう。

 

外反母趾の前兆です。

 


もともと外反母趾の方は、

  • シューズに当たることを、避ける
  • 対処法として、幅をどんどん広くしていく。

 

この行動こそ”大きなワナ”です。

以前、このようなツイートをしました。


足の横幅に大きなスペースを、つくります。

履く瞬間と履いて立った時の痛みを、取り除いてるだけです。

 

  • 歩き出せば、シューズ内で足は、いろんな方向に動きます。

 

スペースを取ることで、足はシューズ内で過剰に動きます。

 

よって、

親指の付け根を何度も圧迫し、痛みが強くなる

 

歩くならまだしも、走るとなれば、

余計に大きくなり、当たらないように他の指で、踏ん張ることになります。

このように踏ん張ることにより、黒爪や腰痛の原因になります。

以前こちらの記事も書きましたので、もしよかったらどうぞ。

 

404 NOT FOUND | M・OーLife Blog
マイノリティ(少数派)・オピニオン(意見)を医療現場より発信中

 

404 NOT FOUND | M・OーLife Blog
マイノリティ(少数派)・オピニオン(意見)を医療現場より発信中

 

 

  • 今までの固定観念を捨てて、
  • 幅を広くするのではなく、幅を狭くする。

 

今のランニングシューズは、めちゃくちゃ優秀です。

当たって痛くない、気持ちのいいフィット感のシューズを選ぶ。

 

  • 踵を合わせてトントンし、つま先あげて紐結ぶ。


呪文のように覚えて下さい。

 

柔らかいシューズなら、履くな!

 

柔らかくて、”スポッ“と履けるシューズ好きですよね?

だって、楽ですもん。

 

  • ランニングやスポーツで目標を達成するには、楽なことをしても結果、長引くだけです。
  • いかに怪我せず短期間で、効率よくトレーニングする。
  • その根本にあるのは、足もとの正しい認識が必須なのです。

 

柔らかいとなぜよくないのか?

 

外反母趾は、体の色んな部位のねじれ動作によって、引き起こります。

 

以前、このようなツイートをしました。


このように、ねじれ動作を抑制してくれる機能は、大事です。

動画のようにシューズを、ねじってから選んでみて下さい。

 

  • 履いて走るとおそらく苦痛です。
  • 使いやすい筋肉ではなく、今まで使いづらい筋肉を使います。

 

腹筋や内側の筋肉を、自然と鍛え体幹のしっかりした走りを、身につける。

よって、体のねじれ動作が減り、ロスはなくなり、効率のいい走りになります。

 

  • 足のねじれ動作は減り、外反母趾の痛みは、改善できる。

 

スポンサーリンク

インソールの本当の使い方は?「スペースを埋めるもの」

 

インソールを、まずプラスしますよね。

足型測定して、アーチの低下やパワーバランステストを得てから、シューズ選択。

 

ほとんどの方は、この流れで購入します。

 

シューズには、初めからインソールが入っています。

 

  • 「インソールは、シューズと足の隙間を埋めるただのスペーサーです」

 

シューズ機能の恩恵を受けるために、インソールも考えられて作られています。

 

そこで、

フルオーダーのインソールや高価なインソールを入れることにより、

シューズとインソールの相性は、完全に無視です。

 

以前にこのようなツイートをしました。

 

 

自分のもっているシューズ同士で交換し、

フィット感を高めることにより、外反母趾のリスクからは解放されます。

 

✔︎大きな落とし穴のポイントは、3つ
  1. 立った状態で足型測定 (すべてのアーチは、低下した状態に合わせる×)
  2. 1.0㎝大き目を、選ぶ (表記サイズより+1.0㎝で作ってある→+2.0㎝を選んでしまう)
  3. インソールを入れるために、幅やサイズをあげる (合わせ買いを促される)

 

よって、最終的に1.0㎝~3.0㎝大きめのシューズを履くことに。

よりスペースを作り、危険性しかうまれません。

 

  • ケガや痛み、外反母趾の痛みは、
  • インソールにより、痛みを悪化させることも疑う。

 

インソールを入れているなら、外してシューズサイズをおとす。

 

  • 高いインソールだから、勿体無い
  • せっかくフルオーダーしたのに…

 

マイナスする勇気は、必要です。

 

新たに、トライできるチャンスを生みます。

 

  • インソールは、ただのスペーサーです。
  • 過度な変化は、人間いや…脳は嫌がります!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • 外反母趾は、完治させるのではなく、予防または現状維持させる。

 

あまりにもひどい場合は、手術を求められる。

 

確かに一理あると思う。

でも、何十年もその体とバランスで暮らしてきた癖を、抜くのは非常に困難です。

 

  • 手術した後、足元のケアは必須です。

 

寝た状態でリハビリを行う → 靴を履いて帰るころには、痛みが出現。

インソールにはものすごく着目するのに、シューズには見向きもしない。

 

  • 「果たしてインソールは、どのシューズにも合うのか?」

 

自分自身で、本当の原因を知り、行動することこそ改善する近道になります。

 

  • すべて逆を考え、増やすなら減らす。

 

以前にこのようなツイートをしました。

 

 

下書き Googleドキュメント

tasibe.com たあしべー

 

RUN関連
スポンサーリンク
最近のコメント
    もしこちらの記事が参考になったらシェアお願いします
    たあしべーをフォローする
    スポンサーリンク
    M・OーLife Blog
    タイトルとURLをコピーしました