厚底カーボンシューズを乗りこなすために必要なこと3つ紹介します!

ラン関連

こんにちは、たあしべーです。

今回の記事は、▶2021.10.17に公開した記事中の”ある発見”について詳しく解説していきます。

✅こんなことを考えたり悩んだりしていませんか?

  • ランニングフォームを意識すると、全身に力が入ってしまいます、、、。
  • 厚底カーボンシューズの良さがわかりません!

このようなこと悩みを▶たあしべーが解決します!

つい最近なんですが、厚底カーボンシューズの特性を活かすランニングフォームについて、”ある発見”があったんです。

ランニングを初めて”丸4年”が経ったのですが、

最近やっと気付くことができました。

ということは、最近ランニングを始められた方や、ラン歴1、2年の方なら悩んで当然だと思います。

そこで、今回は『厚底カーボンシューズを乗りこなすために必要なこと3つ』を紹介します。

ぜひ、今回の記事を参考にしつつ、厚底カーボンシューズに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

厚底カーボンシューズを履くなら”時計を見ずに自分を信じること”が大事!

厚底カーボンシューズを履くなら”時計を見ない”を徹底することが大切です。

理由は、時計を見るとペースを合わせることに必死になり、チョコチョコ走りになったり無理なフォームで走ってしまったりとフォームが崩れやすいからです。

✅たとえば、

  • 「設定ペース通りに走らなきゃ」
  • 「厚底カーボンシューズなのに遅いなぁ」
  • 「厚底カーボンシューズなのに全然進まないなぁ」

と焦る気持ちが生まれてしまいます。

▶2021.10.13に行ったマラソン練習『ペース走20km』を終えて”ある発見”がありました。

設定ペースは、キロ4分30秒。

天候も悪かったため、”いい意味で諦め”がつきました。

そのため、「時計は見ずに自分を信じてみよう!」と考え走り出せました。

すると、厚底カーボンシューズの威力を”過去一”で感じられたんです。

結果、設定ペース通りではなかった(キロ4分16秒)ものの、すごく楽に20㎞を走ることができました。

よって、『時計を見ずに自分を信じること』こそが厚底カーボンシューズを乗りこなすのに必要なことと気付きました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

厚底カーボンシューズを履くなら”リラックス”が大事!

上の章で紹介した内容と重なるところがありますが、厚底カーボンシューズを履くなら”リラックス”することが大切です。

理由は、リラックスできないと”カチカチ”なランニングフォームで走ることになり、シューズの特性を活かせないからです。

✅たとえば、

  • ランニングノウハウ本
  • SNSの情報

通りにフォームを意識するあまり、全身に力が入ってしまっている方が多くいます。

もちろん、

私もそのうちの1人です。

しかし、▶2021.10.13に行ったマラソン練習『ペース走20km』を終えて”ある発見”がありました。

また、▶︎うたランsuiさんのこちらの動画を見て”リラックス”することの大切さを知りました。

  • 1000mのタイムトライアル(力みあり)
  • 400m×5本(力みなし)

結果、1000mのタイムトライアルが終わり、リラックス状態になれたのと、400mの設定タイムが「行ける!」と思ったことにより、想像以上の走りができたんです。

肩の力を抜いて”リラックス”して、自分を信じて思いっきり”厚底シューズ”で、走ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

厚底カーボンシューズを履くなら”フォーム”が大事!

厚底カーボンシューズを履くなら、”適したフォーム”を知ることが大切です。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

動画内で、紹介された”論文“の詳細はこちらになります。

✅論文詳細

  • 【論文名】論文紹介【カーボンプレートシューズのランニングエコノミー対決』
  • 【著者名】走る研究室・近藤さん
  • 【参考記事】noteで見る!

走る研究室・近藤さんの論文から気になった点を2つ抜粋します。

元々のランニングエコノミーが良くない、接地時間が短い、ケイデンスが遅い、上下動が大きい、という傾向がある

引用元:走る研究室note

✅つまり、

  • ※ランニングエコノミーが良くない人
  • 接地時間が短い人(ベタベタ走りではない)
  • ケイデンスが遅い人(ピッチ走法ではない)
  • 上下動が大きい人(飛び跳ねる走り方)

このような方の方が、厚底カーボンシューズの恩恵をいただけるということです。

※ランニングエコノミーが良いとは、

効率の良いフォーム(ブレーキをかけずに)で、ゆったりと綺麗に走れる

ケニア人ランナーを想像してみてください。

まさに、“あの走りこそランニングエコノミーが良い”です!

被験者の中で最も高い4つのケイデンスを記録していた。また、被験者の中で唯一上下動が8cm以下だったランナーはNAFでのRE改善率は0%であった。

引用元:走る研究室note

✅つまり、

  • ケイデンスが高い人(ピッチ走法)男<女
  • 上下動が8cm以下の人

このような方は、特に厚底カーボンシューズの恩恵をいただけないということになります。

✅まとめると、

  • あまりフォームが綺麗ではない人
  • ピョンピョン走る人(=接地時間が短い)
  • ストライド走法の人

「この特徴、、、私だ!」「えっ?これ俺のこと言ってる?」

と思った方は、ぜひ厚底カーボンシューズもしくは厚底シューズを選んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、論文内で紹介されているシューズのランニングエコノミーが良い順番は、こちらになります。

REの良い順番に並び替えると

NAF、NVF2、AMS > SEP、NBRC > BHE2、 HRH、AHS

引用元:走る研究室note

✅つまり、

※なお、3位と4位・5位と6位間にはかなりの差があるようです。

▶︎論文をもう一度読む

初めての厚底シューズならこの2足で決まり!

この章では、ラン歴5年目のたあしべーが、おすすめする”厚底シューズ”2足紹介します。

✅その2足とは、

順番に紹介していきますので、ぜひ参加にしてみてくださいね。

【サッカニー】エンドロフィンスピード2

1足目は、サッカニーの『エンドロフィンスピード2』になります。

▶︎サッカニー『エンドロフィンスピード2』を詳しく知りたい方はこちら

【ホカオネオネ】ロケットX

2足目は、ホカオネオネの『ロケットX』になります。

ホカオネオネ『ロケットx』の写真

▶︎ホカオネオネ『ロケットX』を詳しく知りたい方はこちら

まとめ

今回は『厚底カーボンシューズを乗りこなすために必要なこと3つ』とおすすめの厚底シューズを紹介してきました。

新型コロナウィルスが、全国的に落ち着きつつあるため、マラソン大会や、ランニングイベントが開催されそうですね!

軒並み大会が中止になって、マンネリ化してしまっていたランナーのみなさん!

ぜひ、厚底カーボンシューズを試してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、今回の記事を参考にしつつ、シューズの助力を受けながら爆走してみてくださいね!

 

ラン関連
スポンサーリンク
最近のコメント
    もしこちらの記事が参考になったらシェアお願いします
    たあしべーをフォローする
    タイトルとURLをコピーしました