ランニングによる足底筋膜炎の改善方法「1つのことを、習慣化せよ」

RUN関連

 

 

こんにちは、たあしべーです。

 

 

今回は…

 

  • 「ラン歴1年半です。1年くらい足底筋膜炎で、悩まされています。原因と改善策を、簡単に教えて欲しいです。」

 

という悩みを解決します。

 

✔︎結論は、たったの3つ
  1. 足底筋膜炎を、理解する
  2. 理解してから、シューズを見直す
  3. ランニング時(スポーツ時)ではなく、普段からケア

 

結論を踏まえて、

 

✔︎記事の内容は、この3つ
  1. 【簡単解説】足底筋膜炎とは?「足を生き返らせる通過点」
  2. 【無意識】足底筋膜炎のシューズ選択「安定感重視」
  3. まとめ

 

3分でサクッと読める内容です。

3分後には、足底筋膜炎を理解し、ポジティブに向き合えること間違いありません。

 

では、早速いきましょう。

 

スポンサーリンク

【簡単解説】足底筋膜炎とは?「足を生き返らせる通過点」

足, 芝生, 指, 裸足, 素足で歩, 人間の体, 解剖学, 美容, 草, 散歩, 自然, グリーン

 

ランニングやスポーツをしてる方、普段から歩くことの多い仕事を、している方の

1番馴染みのある”足の裏の痛み…”

 

  • 足底筋膜(腱膜)炎です。

 

整形外科勤務の為、足底筋膜炎で悩まれている方は、本当に多いです。

治療するために、試行錯誤を繰り返しています。

 

  • 最近は、幼い子供に多く見られます。

 

正直、注射や機械による治療は、痛みや炎症を一瞬とり除く事は、可能ですが…

今まで培ってきた”体の使い方やクセ“はとり除くことは、不可能です。

 

よって、

1番の近道は、自分で理解して”予防や改善“をする。

 

主な発生原因は、この3つ
  1. 足の骨の配列の乱れによる、アーチの低下
  2. 浮き指…足の指が、地面に着かず浮いたまま
  3. ハンマートゥ…足の指が、曲がった状態

 

このような事により、足底筋膜炎になります。

よって…”足の機能低下“が原因です。

 

  • 痛みは、カラダからの”貴重なサイン“です。
  • 「足を生き返らせるための通過点」

 

うまく付き合うことで、

これから先、腰痛や膝痛などの予防にかなり影響します。

 

✔︎足底筋膜炎 ポイントは3つ
  1. 足底筋膜( 腱膜)の役割とは?
  2. 足底筋膜炎の痛みの原因は?
  3. 足底筋膜炎の特徴は?

 

少し深掘りしていきましょう。

 

足底筋膜( 腱膜)の役割とは?

 

足の甲の骨を、アーチ状に保ち体重を支えている

歩行、ランニング において、

地面と足部の衝撃を和らげるクッションの役割

 

以前、このようなツイートをしました。

 

足底筋膜炎の痛みの原因は?

 

歩行、ランニングにより、足底に負担な動作を繰り返すことにより、

足底筋膜(腱膜)に”炎症や小さな断裂、緊張“が生じ、踵付近から足の裏中央にかけて

ピリッ“とした痛みが発生する。

 

以前、このようなツイートをしました。

 

入浴中や何かしながらでもできるので、足をケアしましょう。

 

足底筋膜炎の特徴は?

 

起床時の歩き出しに足の裏に痛み、しばらく歩いていると痛みは消える。

 

ここが1番気をつけなければならないポイントで、

 

  • 朝痛くて、日中痛みは消えるので「大丈夫だろう」と
  • 放っておくことにより、気づいたときは症状を悪化させる。

 

スポンサーリンク

【無意識】足底筋膜炎のシューズ選択「硬くて安定感重視」

 

足, 履物, ナイキ, 靴, スニーカー, ホワイト

 

シューズによってアーチを形成し、骨の配列を正すこと。

 

  • 幅のゆるい、大きなシューズで”アーチを常に低下させた状態“を作りあげています。
  • もともとある足の裏の”クッション“を使うことなく、相当な”負荷”を両足で受けている。

 

負荷は、主に2つ
  1. 圧迫力(あっぱくりょく)…足裏にかかる荷重や足を着地させた時の衝撃
  2. 牽引力(けんいんりょく)…足を蹴り出すときの引っ張られる力

 

このような状態で、歩行やランニングを繰り返すと足底筋膜(腱膜)炎に高確率でなってしまいます。

 

またアーチの低下により、衝撃吸収の役割のクッションがない為、

ダイレクトに”足首やふくらはぎ、膝、股関節、腰“に相当な負荷をかけます。

痛みの原因は、足もとかもしれません。

 

404 NOT FOUND | たあしべーブログ

 

ではどのようにシューズを選べばいいのか?

 

簡単です。ポイント4つ
  1. 座った状態で、足のサイズを測定
  2. 計測したサイズのシューズを※正しく履く
  3. キツかったり痛かったら、0.5cmずつサイズUP
  4. 足幅は、広いものは無視し、スリムまたは標準

※呪文のように覚えてください。

  • 「踵トントン、つま先立てて紐しめる」

 

以前、このようなツイートをしました。

 

以上のことを踏まえて、ランニングやスポーツ、

普段履きのシューズを改善すれば、足の裏の機能が改善されます。

 

ぜひ、トライしてみてくだい!

 

404 NOT FOUND | M・OーLife Blog
マイノリティ(少数派)・オピニオン(意見)を医療現場より発信中

 

スポンサーリンク

まとめ

家族, 家族の写真, 足, 子供, ペイント, ペイントブラシ, 絵画

 

足底筋膜炎と上手に付き合うことが、なにより大切です。

足からのサインを見逃さずキャッチし、足を生まれ変わらせましょう。

 

整形外科で、レントゲン技師として2年になります。

 

病院を選ぶコツは、この3つ
  1. Drや理学療法士(リハビリの方)さんがランニングやスポーツをしているか。
  2. 新機器ばかり導入して、機械をうりにしてないか。
  3. 注射と薬を大量投下せず、”問診力“があるか。

 

この3つをクリアしないと…

はっきり言って”時間とお金のムダ“になります。

セカンドオピニオンをおすすめします。

 


ここで補足情報

 

記事の最初に書きましたが…子供の足問題についてです。

 

  • 足の裏の機能を失い、踵の骨に”トゲ“ができ、
  • 痛みを訴える”幼い子供“は、かなり増加傾向にあります。

 

なぜなら、

衣服にはかなり気をきかせるのに対し、足もとのケアは全くせず習い事はさせる。

 

  • 「足は、すぐ大きくなるから”大きいサイズ“を履かせてます。」

 

いえ、そんなにすぐに足は、大きくなりません。

 

もし答えるのであれば、

「足の骨の配列が乱れ、アーチの極端な低下により、足は”縦横につぶれ大きくなる“」

 

  • 「足をいかに大切にするか」
  • 「あなたは、なぜシューズを履きますか?」

 

自分は、アーチを生き返らせてバランスよく立てるよう無意識に、補正してもらうため

 

もう一度、足もとを確かめてみてください。

外反母趾や内反小趾、開帳足、浮指、ハンマートゥなど

 

足の痛みやケガは、早いうちにケアしましょう。

 

404 NOT FOUND | M・OーLife Blog
マイノリティ(少数派)・オピニオン(意見)を医療現場より発信中
404 NOT FOUND | たあしべーブログ

 

下書き Googleドキュメント

tasibe.com たあしべー

 

RUN関連
スポンサーリンク
最近のコメント
    もしこちらの記事が参考になったらシェアお願いします
    たあしべーをフォローする
    スポンサーリンク
    M・OーLife Blog
    タイトルとURLをコピーしました