アルファフライネクスト%2で、40㎞走してみたのでレビューします!

シューズ関連

こんにちは、

たあしべーです。

今回のお悩みは、ナイキの『アルファフライネクスト%2』に関する”こちらの4つ”になります。

  • 市民ランナーがアルファフライネクスト%2でフルマラソン走れるのかなぁ?
  • ナイキのアルファフライネクスト%2ってどんなシューズ?
  • ヴェイパーフライ2とアルファフライ2で迷ってます、、、サイズ感や重さ、履き心地などを比較して欲しいです!
  • テンポネクスト%が相性が良くヘビロテしています。似たような形状なので、アルファフライ2もオススメですか?”カンタン”に比較して欲しいです!

という4つの悩みを”サクッ”と解決するために、、、

今回の記事は、ナイキの『アルファフライネクスト%2(プロトタイプ)』を”※頑張って”購入し、”40㎞走”を行った結果&シューズレビュー(重さ・サイズ感・耐久性など)をしていきます。

※だって、

税込31,900円もするんだもん(泣)

「アルファフライネクスト%2ってキプチョゲ選手が、ベルリンマラソンで”世界記録を達成した時のシューズ”だよね?」

はい。

2022年9月25日にベルリンの街を”2時間1分9秒で”難なく”走り抜けた時のシューズです。(色は違うけど)

「つまり、エリートランナー専用シューズってこと?そうなると私には、”楽しめない”シューズってことか、、、(泣)」

おそらく、アルファフライネクスト%に対して、このような印象をお持ちの方は多いはずです。

なぜなら、私もその1人”だった”からです。

そのため、初代は試着して店内を走った程度で、購入しておりません‼︎(私のスペックでは履きこなせないから)

では、なぜ”2″は購入したのか?
【結論】アルファフライネクスト%”2″になり、制御不能なモンスターシューズから”制御可能”な安定感のあるシューズへ。

前置きはこの辺りで、早速内容に移っていきますね。

ぜひぜひ、他のアルファフライネクスト%2の記事とは”ひと味ふた味”も違う▶︎たあしべーブログをご堪能あれ✌︎(‘ω’✌︎ )‼︎

スポンサーリンク

サブ3ランナーがアルファフライネクスト%2で40km走にトライ!果たして結果は?そして、感想は?

まず、40km走の結果を報告!

1人での40km走ベスト(キロ4分18秒ペース)で気持ちよく走り切ることができました。

ちなみに、

  • 朝飯は、セブンのカステラ3切れとコーヒー。
  • 途中10km.20km.30km.35km地点で給水し、25km地点でアミノサウルスのジェル摂取。

エネルギー切れ・脱水を感じることなく、完走。

また、

  • 前半の20kmは、1時間31分
  • 後半の20kmは、1時間22分(後半の方が9分速い!)

よって、SNSやブログ記事でよく騒がれている

「”アルファフライ”でフルマラソンを走ると、エリートランナーでも”後半”足が売り切れてしまいます。つまり、大失速する可能性”大”のシューズということです‼︎」

というのは”嘘”ということです(笑)

新作のアルファフライネクスト%2になり、安定性が高くなったのも後半失速の可能性を下げた要因の1つといえるでしょう!


たあしべーさん的にどれくらいのレベルのランナーにオススメしますか?たとえば、フルマラソンの場合。
今回の40km走の結果、3時間1桁以上。
つまり、サブ3±5分以上を目指されているランナーにオススメです。

3時間30分(サブ3.5)・4時間00分(サブ4)もしくは、歩かず完走を目指されているランナーには“オーバースペック”だと感じます。

なぜなら、自分自身3時間30分(4時間00分)切りをした時は、重めの”安定感重視”のザ・ジョギングシューズで達成できたからです。

もし、あと数分(数秒)なのに”なかなか達成”できない方は、

ワンランクスペックをさげてみてはいかがでしょうか。

アルファフライネクスト%2で40km走をしてみた正直な感想は?

「また、使用したい!」と、素直に感じましたね。

アルファフライネクスト%2は、今までに8〜15kmをキロ4分くらいのペースで2度使用しましたが、私的には長ければ長いほど良さを感じる印象でした◎

むしろ、ヴェイパーフライより扱いやすい!

私と同じ意見の方も居るとは思いますが、おそらく少ないと思います。

なぜなら、それほど”ヴェイパーフライ”は、”頂点”(キング)に君臨するシューズだからです♪

アルファフライネクスト%2でレースに出たい?それとも練習のみで使用していきたい?

はい、レースで使用してみたいです。

  • フルマラソン
  • ハーフマラソン

で、使用してみたいですね!

特に、フルマラソンで使用してみたいと考えています。

そのため、距離走かつレースの雰囲気に慣れる練習目的に、2022.11.6の『▶ちばアクアラインマラソン2022』では、アルファフライネクスト%2を履く予定です。

ぜひ、大会レビューを楽しみにしていてくださいね!

スポンサーリンク

【ナイキ】アルファフライネクスト%2を”専門用語抜き”で、レビューします!

アルファフライネクスト%2(プロトタイプ)の見栄えは?

こちらは、外側から見たアルファフライネクスト%2・プロトタイプ。

ドロップ(傾斜)は、4mから8mmに変更。

ちなみに、ヴェイパーフライネクスト%2も8mmドロップ(傾斜)です。

つまり、前へ進みやすい”姿勢”をとらせてくれるシューズということです。(厚みが全然違いますね)

そして、こちらが内側から見たアルファフライネクスト%2・プロトタイプです。

圧倒的な存在感は、初代から健在ですね(笑)

白に黒のナイキのマーク。そして、赤のエアポッド。

イカしたカラーリングですよね!

踵の作りを見ていきましょう。

踵をホールドするクッションが”少しだけ”ついています。

ちなみに、ヴェイパーフライネクスト%2の踵にはガッツリクッションがついています。(それと履き口の謎のヒラヒラ)

私的には、、、

踵がシュッとしているアルファフライネクスト%2の作りが好みです◎

踵の出っ張りに関しては、とんがり君から四角いデザインに変更されています。

▶ペガサス39も四角いデザインに変更されています。

私的には、、、

踵をトントンして履きやすくなったので◎

真正面からの見栄えになります。

シュータンは、一体型です。

そのシュータンには、”オレンジ色”のネームがあります。

スケスケで手がしっかり透けて見えますよね?

つまり、とても薄く”パリッ”としたアッパー生地を使用しているということです。

続いて、大事なポイントを紹介します。

初代アルファフライと大きく異なるポイントは、ここ!

エアポッドの下にもクッション材(ズームX)が”薄く”搭載された点です。

初代アルファは試着程度で走ったことはないのですが、エアポッド独特の”バァスバァス”という音は聞こえなくなった印象です。

この袋、めちゃくちゃ欲しかったんですよね(泣笑)

アルファフライネクスト%2には、こちらの”袋”が付属しています。

シューズを入れたり、ランニングウエアを入れたりと、何かと出番が多くなる一品。

付属品の割に、

耐久性が良さそうな素材かつ作りのため、

めちゃくちヘビロテしそうな予感です♪

アルファフライネクスト%2の重さは?

メンズサイズ28.5cmで、259gです。

ここ最近のレーシングシューズは、200g前後。
つまり、259gは”そこそこ重めなレーシングシューズ”ということになります。

しかし、メンズサイズ28.5cmですからね。小さいサイズの方であれば「軽っ!」と感じる重さです。

フィット感がものすごく高いため、

「えっ?259gもあるの?」と、驚いたのが本音です。

アルファフライネクスト%2のサイズ感は?

私は、どうしてもこの色(プロトタイプ)が欲しくてマイサイズ(28.0cm)を諦め、0.5cmサイズアップの28.5cmを購入しました。

一度、東京のレンタルショップにて28.0cmと28.5cmを試着し、28.0cmをレンタルし試走させていただきました。

「28.0cmの方が、ジャストサイズ!でも、最近”ゆとり(足へのストレスを軽減し、上半身に意識を向けられる傾向)“を大切にしてるから28.5cmでもいいなぁ」ということで、28.5㎝を購入。

結果、メンズサイズ28.5㎝で問題ありませんでした!

足幅と甲周りには程よい”ゆとり”を持たせ、

踵周りは”シャープ”に作られているため、

日本人の足にもってこいの形です◎

✅まとめると、

  • ジャストサイズを選びたい方は、今持っているレーシングシューズと同じサイズを選ぶ!
  • 足幅が狭く甲がとても低い方は、“必ず”試着してから購入すること。
  • ジャストサイズよりややゆとりを持たせたい方は、いつも通りorワンサイズ(0.5cm)アップ!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

アルファフライネクスト%2の耐久性(寿命)は、やはり低い?

走行距離63kmのアウトソールは、

こちらは、右足のつま先(前足部)

そして、こちらは右足の踵。

次に、左足のつま先(前足部)

最後に、左足の踵。

走行距離63kmのため、ラバー(グリップ)のスレは、ほとんど無いですね。

この調子だと、、、

400kmは余裕で行けそうだなぁ!

しかし、クッション材(ズームX)のスレ。または、シワやキズは目立ちます。

再度、走行距離が増えたら、耐久性についてレビューいたしますので、もうしばらくお待ちください。

アルファフライネクスト%2の接地ポイントは、やはりフォア(つま先)?

接地ポイントがフォア(つま先)のみなのは、初代アルファフライ。

一方、新作のアルファフライネクスト%2は、傾斜が(4mm→8mm)強くなったかつ、踵の接地面積が広くなり、つま先から踵まで”どこで接地”しても気持ちよく走れるようになりました◎

しかし、エアポッドが搭載されている前足部から中足部付近で接地できた時が、めちゃくちゃ気持ちよく”グイグイ”前へ進む感覚があります。

スポンサーリンク

アルファフライネクスト%2とヴェイパーフライネクスト%2を徹底比較します!

重さは?

アルファフライネクスト%2の重さは、メンズサイズ28.5cmで259g。

一方、ヴェイパーフライネクスト%2の重さは、メンズサイズ28.5cmで213g。

つまり、ヴェイパーフライネクスト%2の方が”46g”も軽いということです。

  • できるだけ軽いシューズがイイ!→ヴェイパーフライネクスト2
  • 少し重いくらいの方が※足が暴れなくて好き!→アルファフライネクスト2

※あまりにも軽すぎると、足がいろんな方向へと飛び跳ねます。それを制御するのは”あなたなカラダ”です。つまり、体力を削ることにつながります△

「軽ければいい!」

というわけではないということです◎

クッション性(柔らかさ)

フワモチなアルファフライネクスト%2に比べると、

ヴェイパーフライネクスト%2は、やや硬めに感じられます。

使われているクッション材(ズームX)は同じなのに、“厚さと量が全然違うから”そう感じるんです!

✅よって、

  • フワモチなクッションが好み!→アルファフライネクスト2
  • フワモチは気持ち悪い!やや硬度が欲しい!→ヴェイパーフライネクスト2

をオススメしますね!

反発性

甲乙つけ難いポイントです。

  • レスポンスの良さなら、ヴェイパーフライネクスト%2。(高回転型)
  • トランポリンに乗っているかのごとく跳ねるシューズが良いなら、アルファフライネクスト%2。(ストライド型)

ここは、好みが分かれるポイントでしょうね!

安定性

片足立ちしてもアルファフライネクスト%2、▶ペガサス39くらい安定します◎

一方、ヴェイパーフライネクスト%2で片足立ちすると、慣れるまでふらつきます△

つまり、安定性に関しては、、、

つま先から踵までの接地面積が広く設計されているアルファフライネクスト%2の方が高く感じられます◎

ちなみに、ヴェイパーフライネクスト%2の接地面積は、こんなもんです。

アルファと比べると

めちゃくちゃシャープですよね?

しかし、“シンプルな作り”であるヴェイパーフライネクスト%2の方が、慣れるまでに時間はかからない印象。

サイズ感

アルファフライネクスト%2・ヴェイパーフライネクスト%2共に、メンズサイズ28.5cmを選びました。

こちらの2足のサイズ感は、全く違います。

ヴェイパーフライネクスト%2の方が、つま先(前足部)から甲周りがキツくタイトに作られています。

しかし、踵周りに関しては、逆です。

アルファフライネクスト%2の方が、シャープでシュッとした作りになっているんです。

✅まとめると、

  • ヴェイパーフライネクスト%2→28.0cmだとややキツさを感じるため、2足目は28.5cmを購入した◎
  • アルファフライネクスト%2→「ワンサイズダウン(28.0㎝)がマイサイズかも?」と、思わせるゆとりのある作りだった○

アルファフライネクスト%2とテンポネクスト%を徹底比較します!

重さは?

アルファフライネクスト%2の重さは、メンズサイズ28.5cmで259g。

一方、テンポネクスト%の重さは、メンズサイズ28.0cmで278g。

さすがに、エリートランナーのレーシング(世界記録達成時に履かれていたシューズ)シューズであるアルファフライの方が、0.5cm大きいにも関わらず”19g”軽く作られています。

テンポネクストの重さを感じるタイミングは、ペースを上げた時。(私であれば1km3分40秒付近)

それ以外であれば19gの差は感じないというのが本音です。

ちなみに、ハーフマラソンの”自己ベストシューズ”は、

テンポネクスト%になります。

クッション性(柔らかさ)

履いた瞬間に「柔らかぁーい♪」と感じるのは、アルファフライネクスト%2。

しかし、走っていて足の裏で感じる柔らかさは甲乙つけ難いんです。

理由は、カチカチのカーボンプレートを搭載しているアルファフライネクスト%2に対して、テンポネクスト%は、程よい屈曲性(柔らかさ)のあるナイロンプレートを搭載しています。

そのため、足の裏への衝撃が優しい(柔らかい)のは、テンポネクスト%だからです。

✅つまり、

  • 日々の練習には、テンポネクスト%
  • レースもしくはレースを模擬した練習には、アルファフライネクスト%2

ナイキさんの抜かり無いシューズチェンジ術には、

脱帽致しますね_φ( ̄ー ̄ )

まっ!足を入れた瞬間に感じるクッション性(柔らかさ)は、

圧倒的にアルファフライネクスト%2の方が高いです。

反発性

クッション材からの反発性で言うと、アルファフライネクスト%2の方が、ビヨーンって感覚があります。

やはり“リアクト”に比べて”ズームX”の反発性は、ピカイチです。

しかし、アルファとテンポの特徴でもある前足部に搭載されている“エアポッド”を感じやすいのは、テンポネクスト%。

そのため、甲乙つけ難いポイントなんです。

こちらは、アルファフライネクスト%2のエアポッド。

そして、こちらがテンポネクスト%のエアポッドになります。

  • アルファフライネクスト%2のエアポッドは、分厚いクッション材に埋もれている印象。
  • テンポネクスト%のエアポッドは、クッション材に埋もれることなく存在感のある印象。

しかし、つま先(前足部)での接地を限定されるテンポに対して、今作のアルファフライネクスト2は、接地を限定されない作りのため、扱いやすいというのが本音です◎

エアポッドを”ビューンバイーン”と感じながら走りたい方は、

テンポもしくは初代アルファフライの方が好みだと感じます♪

安定性

甲乙つけ難いポイントです。

なぜなら、両者とも”接地面積が広く”安定性に優れた作りだからです。

こちらは、アルファフライネクスト%2のアウトソール。

そしえ、こちらがテンポネクスト%のアウトソールになります。

よって、安定性で選ぶならテンポネクスト%

なぜ?

  • お財布に優しい!(税込価格24,200円→現在15,000円程度で購入可能◎)
  • 購入のしやすさ!(スポーツ店に置かれている確率が高いため、試着して購入できる利点あり◎)

という2つの理由からです。

サイズ感

アルファフライネクスト%2は、メンズサイズ28.5cmを。

テンポネクスト%は、メンズサイズ28.0cmを選びました。

テンポネクスト%は、サイズ選びが本当に難しいです。

正直、

28cmは小さかったです(泣)

つま先(前足部)のサイズ感はジャストなのですが、甲周りのキツさに加えてアッパーがとても薄いので、紐をキツく閉められない点が難しい!

よって、ヴェイパーフライネクスト%2と同じサイズ感ですね。

つまり、アルファフライネクスト%2のサイズ感は、テンポネクスト%2と同じサイズまたは、”ワンサイズダウン”でも良いと言うことです◎

【ナイキ】アルファフライネクスト%2は、どんなランナーにオススメ?

ずばり、アルファフライネクスト%2は以下のようなランナーにオススメです。

  • 金銭的に余裕のある方。(なぜなら、税込価格31,900円だから)
  • キプチョゲに憧れを抱いている方。(これ、私の購入理由ですw)
  • フワフワ・モチモチなクッションが好みの方。(たとえば、▶インヴィンシブルランなど。)
  • 接地面積が広く“走行安定性の高い厚底レーシングシューズ”を探している方。
  • 厚底レーシングシューズの足幅(つま先)と甲の部分がタイトすぎて合わない!という方。
  • 最近、走るモチベーションがあがらない方。(キプチョゲになった気分で、優雅にトレーニングをこなせるはず◎)

もし、あなたがこの6つの内容に共感できるのであれば、購入しても損はないと思います‼

しかし、「私は、全く該当しない!」という方は、税込価格31,900円をわざわざ払って、手に入れる必要はないです◎

そのお金を別のシューズまたはウエア、

レースへのエントリー代金、旅費などにまわした方が無難です♪

まとめ

今回の記事は、ナイキの『アルファフライネクスト%2(プロトタイプ)』を購入し、”40㎞走”を行った結果&シューズレビューをしてきました。

アルファフライテンポネクスト%2は、SNSやブログ記事などでは、

  • 駄作すぎる!
  • 初代の方が好き!

と騒がれていますが、、、私は結構好きです◎

冒頭でもお伝えしましたが、

制御不能なモンスターシューズ“制御可能”な安定感の高いシューズ

に、生まれ変わったからです。

案外、この記事を読んでいるあなた!

相性良いかもしれませんよ?!

ぜひ、今回の記事を参考にして、アルファフライネクスト%2を購入するか否かを検討してみてくださいね♪

補足&あわせて読みたい!

【補足】アルファフライネクスト%2をレンタルしてみよう!

東京近郊にお住みの方であれば、アルファフライネクスト%をネット通販(試着なし)で、”一か八か”購入するのであれば、ラフィネ(Raffine)のシューズレンタルがおすすめです。

▶︎公式サイトは、こちら

ちなみに、私も購入前に、、、

レンタルし、皇居の周りをグルグル走らせていただきました。(おおよそ16km)

試着だけでは感じることのできない、“走り心地”を味わってからの購入をオススメします◎

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました