テンポネクスト%でハーフマラソンを走ってきたので、ガチレビューします!

シューズ関連

こんにちは、

たあしべーです。

🟢こんなことで悩んでいませんか?

  • “テンポネクスト%”の寿命(耐久性)や重さ、厚さが知りたい!
  • “テンポネクスト%”の使用シーン(用途)が知りたい!(できれば、練習とレース時の使い分けも教えてほしい‼︎)
  • “テンポネクスト%”のサイズ感は?
  • ズームフライ4とペガサスと比較して欲しい!

このような悩みをたあしべーが一つずつ丁寧に答えていきます!

「たあしべーって誰?」って方は、こちらをお読みください。

この記事を読み終えた数分後には、ナイキの『エアズーム テンネクスト%』についての悩みは解決され、購入するか否かを決めらること間違いなしです♪

では、早速内容に入りますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【ナイキ】テンポネクスト%の基本情報を4つ紹介します!

この章では、テンポネクスト%の基本情報”4つ”を紹介します。

✅その基本情報とは、

  • テンポネクスト%の税込価格
  • テンポネクスト%の重さ
  • テンポネクスト%の厚さ
  • テンポネクスト%のサイズ感

こちらの4つになります。

では、一つずつ順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

テンポネクスト%の税込価格は?

テンポネクスト%の税込価格は、24,200円です。
「安いの?高いの?金額だけ伝えられてもわからなぁーい(泣)

そこで、同じカテゴリーに位置する”ズームフライ4″の税込価格と比較していきますね♪

ズームフライ4の税込価格は、18,700円です。

つまり、テンポネクスト%の方が”5,500円”も高いということになります。

トレーニングシューズとして使用したいと考えている方には、「高っ!」と、感じられると思いますが、「レースシューズとして使用したい!」という方であれば、コスパの良いシューズだと感じます◎

テンポネクスト%の重さは?

テンポネクスト%の重さは、メンズサイズ28.0cmで278gです。
「軽いの?重いの?重さだけ伝えられてもピンとこないよ、、、(泣)

そこで、税込価格と同様、“ズームフライ4″の重さと比較してみますね♪

ズームフライ4の重さは、メンズサイズ28.0cmで280gでした。

わずか”2g”ではありますが、“テンポネクスト%”の方が軽く作られています。

しかし、わずか2gのため、履いていて「テンポネクスト%って軽っ!それにしてもズームフライ4は、やっぱ重いなぁ、、、」と、感じられる差ではありません‼︎

強いて言うのであれば、私の足型がズームフライ4にめちゃくちゃマッチしているため、テンポネクスト%よりズームフライ4の方が断然軽さを感じます◎

そのため、テンポネクスト%の重さを計ってみて、

「えっ?テンポの方が軽いの?」と、めちゃくちゃビックリしました_:(´ཀ`」 ∠):

ちなみに、、、ナイキの最上位モデル

“ヴェイパーフライネクスト%2″の重さは、メンズサイズ28.0cmで211gでした◎

2足と比べて、おおよそ70gも軽く作られているということです‼(使用するのが楽しみです◎)

つまり、テンポネクスト%はナイキの最上位モデルと比べると、70gほど重く作られています。

しかし、同じカテゴリーに分類される”ズームフライ4″とは、ほとんど同じ重さに作られていました。

【余談】重さはフィット性の良さにより、軽くもなり重くもなり兼ねます。

テンポネクスト%の厚さは?(ルール違反です‼︎)

テンポネクスト%の踵の厚さは、なんと45mm!
「だから、、、薄いの?厚いの?どっちーーー⁇」

そこで、税込価格と同様、ズームフライ4の厚さと比較してみますね♪

ズームフライ4の踵の厚さは、39mm(厚さ40mm以内のルール◎)と、テンポネクスト%の方が”6mm”も厚く作られているんです。(※厚さ40mm以内のルール✖️)

▶詳細はこちら

参考記録になってしまいますが、

私のようなエリートランナーではない市民ランナーは無視して🆗

テンポネクスト%のサイズ感は?【つま先ゆとり、甲周りゆとりなし!】

テンポネクスト%のサイズ感は、

通常サイズもしくは、通常サイズ+0.5cmを選ぶことをおすすめします。

🟢私のナイキのシューズサイズは、

  • ズームフライ4】28.0cm フィット感◎◎◎
  • ペガサス38】27.5cm フィット感◎◎
  • ペガサス37(4E・ワイド幅)】27.0cm フィット感△(やはり、ワイド幅は選んではいけませんね‼︎)
  • インフィニティラン】27.5cm フィット感◎(28.0cmでもいいかも)
  • インヴィンシブルラン】27.5cm フィット感△(残念ながら、私の足型に合っていない)
  • 【ヴェイパーフライネクスト%2】28.0cm フィット感◎
  • フリーラン5.0】28.0cm フィット感◎◎(27.5cmでも履けるが、”気持ちよく楽にストレスなく履きたい!”ため、0.5cmUP)

と、ペガサス37のワイド幅モデル以外は、27.5〜28.0cmを選んでいます。

私のシューズサイズの選び方は、ジョグ用として売り出されているシューズは27.5cm。

一方、速いペースでのランや、レース用として売り出されているシューズは28.0cmを選んでいます。

by たあしべー

テンポネクスト%は、後者の速いペースでのランや、レース用として売り出されているシューズのあめ、27.5cm+0.5cmの”28.0cm”を選択。

結果、ジャストフィットでした◎

できることなら、店頭にて通常サイズと、通常サイズ+0.5cmの

2足を履き比べてもらうのが1番いいです。

しかし、どうしても店頭に行くのが不可能(または、店頭に置いていない!)であれば、私の意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

テンポネクスト%とズームフライ4ってどう違うの?

左:ズームフライ4 右:テンポネクスト%

この章では、非常に気になるであろう【テンポネクスト%とズームフライ4の違い】について、”私なりに”簡単に紹介していきます。

結論、全然違うシューズです!

では、深掘りしていきますので、参考にしてみてくださいね♪

ミッドソール形状は?

  • ズームフライ4は、リアクトフォーム+カーボンプレート(硬め)
  • テンポネクスト%は、リアクトフォーム+ズームX+ズームエアポッド+ナイロンプレート(柔らかめ)

シンプルな作りのズームフライに対して、複雑な作りなのがテンポネクスト%ということです。

今現在、ナイキのもつ技術を全て取り入れたとも言えるでしょう‼︎

ということは、ランナーであれば一度は体感してみたいシューズですよね?

フィット性の良さは?

安心感のあるズームフライ4に対して、やや不安感のあるテンポネクスト%(走るカラダが出来上がっている方や、フライニットが好きな方には最高)

また、テンポネクスト%の足幅は、上からシューズを見た時、極端に広く作られています。

しかし、実際にテンポネクスト%を履いてみると、「足あたりが優しくストレスフリーな履き心地だなぁ」と、感じたのは、ズームフライ4の方でした◎(後に、開発されただけありますね)

おそらく、

踵のフィット感がズームフライ4の方がいいからです。

ぜひ、店頭で履き比べてみてはいかがでしょうか。

走り心地は?

ズームフライ4(カーボンプレート)の方が硬く感じるものの、接地場所を安定させやすくストレスなく巡行させてくれます。

一方で、テンポネクスト%は接地場所を安定させる訓練が必要であり、路面状況や上り下りにより「接地場所のズレが生じやすいなぁ」と感じます。

ゆっくり走るなら?

アウトソールの接地面積が広いテンポネクスト%の方が”質の高いジョグ”ができる感じがします。

しかし、テンポネクスト%もズームフライ4も”ゆっくり走る目的”には、作られていないのが事実です。

もし、ゆっくり走る用のシューズをお探しの方は、

ナイキであれば『ペガサス38』もしくは、

インフィニティラン(2)』がオススメですよ!

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

はやく走るなら?

好みが分かれると思います。

🟢たとえば、

  • つま先付近で接地する方なら→前足部に”ズームエアポッド”が搭載されているテンポネクスト%
  • 足首周りに不安のある方なら→足首(特に、踵)のフィット性能の高いズームフライ4
  • 足の裏に痛みが出やすい方なら→カーボンプレート不使用のテンポネクスト%
  • 靴紐をしっかり(キツく)締め上げたい方なら→アッパーとシュータンの厚みのあるズームフライ4(テンポネクスト%は薄手のフライニットを使用しており、ギューッと締めると足の甲が痛くなりやすいです)

などなど、あなたのランニングフォーム(接地)や、痛みが出やすい部位によって

「俺は、ズームフライ4の方がシンプルで好き!」という人もいれば、「私は、テンポネクスト%の方がグイグイ前に進むし、足とシューズの一体感が好き♪」という人もいます。

よって、”はやく走るなら?”に関しては、

どちらでも可能ということです◎

「テンポもズームフライも300g近くて、ペガサスと変わらん!もっと、軽いのがイイなぁ、、、」と言う方は、『ヴェイパーフライ』『アルファフライ』のどちらかを選択することをオススメします♪

しかし、この2足は諸刃の剣です!ご注意を。
スポンサーリンク

テンポネクスト%とペガサスってどう違うの?

左:ペガサス38 右:テンポネクスト%

🟢税込価格

  • ペガサス→14,300円
  • テンポネクスト%→24,200円

税込価格とスペックが違うのは、一目瞭然だが、「ペガサス(37以降)とテンポネクスト%の”構造”は似ている?」と、感じる点が1つあります。

その「似ているなぁ、、、」と、感じる点は【ミッドソール構造】です。

ペガサス(37以降)とテンポネクスト%のミッドソール構造は、両者共”前足部に大容量のズームエア(ポッド)が搭載”されているんです。

そのため、グイグイ前へ反発を受けながら走りたい場合は、前足部で接地した時が、(両者共)推進力を1番感じられるんです。

とは言え、ナイキのランニングシューズは40年ほど歴史あるシリーズ【ペガサス】をベースに作られています。

🟢つまり、

  • ズームフライ4→ペガサスにカーボンプレートを搭載したシューズ
  • テンポネクスト%→ペガサスにズームXとナイロンプレートを搭載したシューズ
  • フリーラン5.0→ペガサス(10.0)半分の機能しかないシューズ(そのため、10.0→5.0)
  • ストラクチャー→ペガサスに内側への倒れ込み防止材を搭載したシューズ
  • ボメロ→過去のペガサスにズームXを搭載し、「ペガサスは、”36″までが好き!」というランナーに対応したモデル

そして、より一層高みを目指すランナーが、『ヴェイパーフライ』『アルファフライ』を選ぶ形になっています。

よって、ナイキのランニングシューズは、ペガサスがベースになっているので、他のシリーズとも似ているということです。

例外は、『インフィニティラン』と『インヴィンシブルラン』でしょうか?

この2足は、上のシューズが合わない方への”道”を示したに違いない!

(抜け目のないナイキさん、さすがです◎)

【ナイキ】テンポネクスト%の寿命(耐久性)は?

🟢今現在(2022.3.30)

  • ※5回のラン
  • 平均ペース キロ4分02秒
  • 走行時間 3時間05分00秒

🟢※5回のランの使用状況は、

  • 1,000mのインターバル 5本(レスト300m)
  • 11kmの軽快走(キロ3分52秒)
  • 彩湖エコマラソン(ハーフ:21km)
  • 彩湖エコマラソン後のダウンジョグ4km ▶詳細はこちら

を踏まえて、アッパーとミッドソール、アウトソールの劣化具合を報告しますね‼︎

まずは、アッパー。

45kmくらいのランでは、新品同様です◎

続いて、外側のズームエアポッドとミッドソール。

オレンジとイエローの部分と、その下のグレーの部分にシワがより出してはいるものの、「クッション性が落ちた?」「反発しなくなってきた?」とは、全く感じません◎

外側の踵部分にも前足部と同様、シワが入ってはいます。

続いて、内側のズームエアポッドとミッドソール。

外側と同様で、シワがよっている程度です◎(外側から接地するので、外側の方がシワが多いです)

内側の踵部分にもシワが入り出してはいますが、外側に比べると”わずかに入っている程度”です◎

全体的にラバーが貼られているので、ミッドソールまで到達するのは、、、500km?800km?

親指と小指を結ぶラインが、少し削れ出してはいるものの、全く問題ありません◎

前足部は多少削れていましたが、踵に関しては全くスレていません‼︎

走り方によって、劣化するスピードは異なりますが、“間違ったサイズ選び””テキトーな履き方”をしていない限り、今のランニングシューズは1,000kmくらいは走れる作りだと感じています◎

次は、テンポネクスト%で、200kmくらい走ったら、

再度レビューしますので、もうしばらくお待ちくださいね♪

【ナイキ】テンポネクスト%の用途(使用シーン)を紹介!

この章では、テンポネクスト%の”用途(使用シーン)“を紹介します。

🟢用途(使用シーン)に関しては、

  • おすすめの練習
  • フルマラソンで使用するなら、どのくらいのレベルの方におすすめか?
  • ハーフマラソンで使用するなら、どのくらいよレベルの方におすすめか?

について順番に紹介します♪

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【テンポネクスト%】おすすめの練習は?

🟢テンポネクスト%のおすすめの練習は?

  • 速いペースでのジョグ(例えば、レースペースに近いペースでのペース走など)
  • ※1.閾値走(しきいちそう、いきちそう)
  • 1,000mのインターバル(※2.できれば競技場などの緩やかなカーブもしくは、直線が長い道を利用することをオススメします)

※1.ジョグしているときに比べて、ペース維持がややキツイけど20〜30分ならフォームを崩さず走り切れる強度のラン。

※2.鋭角に曲がる周回コースを利用し行ったところ、足首への負荷が強く「このまま続けると、怪我の危険性が高いなぁ」と感じたから。

つまり、ゆっくりジョギングするのではなく、短時間でサクッと質の高いトレーニングをする時や、レースペースでのトレーニングをする時に使用することをオススメします♪

いつもより、

楽にキツイメニューがこなせるはずですよ◎

【テンポネクスト%】フルマラソンで使うなら?

テンポネクスト%をフルマラソンで使うなら、

「3時間30分より速く走りたい!」と、考えているランナーにオススメです。

🟢【レベル別】ナイキのシューズを紹介!

  • 【完走(サブ5)からサブ4.5】ボメロ、ストラクチャー(内側にサポートあり)、ペガサス
  • 【サブ4 】ペガサス、インフィニティラン
  • 【サブ3.5】ペガサス、インフィニティラン、(ズームフライ4もしくは、テンポネクスト%)
  • 【※サブ3.25】インフィニティラン、ズームフライ4、テンポネクスト%
  • 【サブ3】ズームフライ4、テンポネクスト%(ヴェイパーフライネクスト%1or2)
  • 【サブ3以上】ヴェイパーフライネクスト%、アルファフライネクスト%

※サブ3.25とは、フルマラソンを3時間15分以内で完走すること。

ちなみに、ナイキの最高級クッション”ズームX”をこれでもか!ってくらい詰め込んだミッドソールが特徴の【インヴィンシブルラン】は、、、

履いて走ってみて「なにこれ?超イイ◎◎」と、

感じられるのであれば、サブ3.5以上は余裕で突破できるシューズですよ‼︎

【テンポネクスト%】ハーフマラソンで使うなら?

🟢テンポネクスト%をハーフマラソンで使うなら、

  • 100分切り(キロ4分44秒ペース)→オススメ度★★☆
  • 90〜95分(キロ4分15秒〜キロ4分30秒ペース)→オススメ度★★★
  • 85分切り(キロ4分01秒ペース)→オススメ度★☆☆

90〜95分あたりを目指されているランナーの方にオススメですね♪(スピード的に綺麗な余裕のある接地を行えるから)

100分切りであれば、プレートなしのシンプルなシューズの方がオススメですね。(たとえば、インフィニティランとか)

また、85分切りの場合は、、、

  • 程よい反発性!
  • 抜群のフィット感(特に、踵のフィット感◎)
  • 接地安定性の良さ!

3つがテンポネクスト%より上回るズームフライ4の方がオススメですね。

理由は、実際にズームフライ4と、テンポネクスト%を使用し、85分以内で走ってみてズームフライ4の方が楽に走れたからです。

2022.2.23の渡良瀬遊水地マラソン大会(ハーフ)にて83分。そして、2022.3.27の彩湖エコマラソン(ハーフ)にて81分。

  • 前者はズームフライ4を着用
  • 後者はテンポネクスト%を着用

結果だけ見ると、後者のテンポネクスト%を着用した時の方が”2分”も速く走れています。

しかし、走行中の辛さと、走り終わってからのカラダヘ負荷(下半身の筋肉痛)高さは、

ほとんどなかったズームフライ4に対して、テンポネクスト%を履いて走った後は、

ふくらはぎがボロボロでした(笑)

つまり、あれもこれも搭載している”テンポネクスト%”は、抜群の接地感覚を持っている方なら問題ありませんが、なかなかクセの強いシューズだということです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

まとめ

今回は、ナイキの『テンポネクスト%』について徹底レビューしてきました。

今回紹介した内容を参考にしつつ、1人でも多くの方が『テンポネクスト%』で楽しく走っていただけたら幸いです。


【おまけ】テンポネクスト%で悪さはできません(笑)

なぜなら、前足部に搭載されている”ズームエアポッド”の異音がハンパないからです。

「あっ!テンポネクストを履いたランナーが迫ってくる‼︎」と、わかるほど。

「うるさぁーーーーい‼︎」と、

言われてもめげずに楽しく笑顔で走ってくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました