【ニューバランス】フューエルセルレベルv2を徹底レビューします!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

こんなことで悩んでいませんか?

  • ニューバランスの”フューエルセルレベルv2″ってどんなシューズ
  • ニューバランスの”フューエルセルレベルv2″を購入する上で、耐久性とサイズ感が知りたい!
  • “フューエルセルレベルv2″の使用シーンは?

このような悩みをたあしべーが1つずつ丁寧に答えていきます!

「たあしべーって誰?」って方は、こちらをお読みください。

記事を読み終えた数分後には、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』についての悩みは解決され、購入するか否かを決められます!

では、早速内容に入りますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【ニューバランス】フューエルセルレベルv2の”基本情報3つ”紹介!

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

この章では、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の基本情報”3つ”を紹介します。

✅基本情報”3つ”は、

  • フューエルセルレベルv2の特徴
  • フューエルセルレベルv2の税込価格
  • フューエルセルレベルv2の重さ

こちらの”3つ”を順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【NB】フューエルセルレベルv2の”特徴”を紹介します!

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

1つ目は、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の特徴を紹介していきます。

✅レベルv2の主な特徴は、

  • “弾む”ような推進力
  • “反発性の高い”ミッドソールを使用
  • すべてのランナーを”スピードラン”へ誘う
  • フィット性を高める”アシメントリーデザイン”
  • 斬新な”2ブロック”のカラーリング

の5つになります。

つまり、初心者の方やゆっくりスロージョギングをしたい方よりも、”スピード”を求めたランナーに向けて作られたシューズということです。

【NB】フューエルセルレベルv2の”税込価格”は?

2つ目は、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の税込価格を紹介していきます。

フューエルセルレベルv2の税込価格は、13,200円です。

✅ここで、同じクラスの他社のランニングシューズ価格と比較してみます。

  • 【ナイキ】エアズームテンポネクスト% 24,200円
  • 【ホカオネオネ】マッハ4 17,600円
  • 【ブルックス】ハイペリオンテンポ 19,800円
  • 【アディダス】ジャパン6 14,300円

よって、ニューバランス『フューエルセルレベルv2』の税込価格は、他社のシューズに比べて安くコスパのよいシューズになります。

【NB】フューエルセルレベルv2の”重さ”は?

3つ目は、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の重さを紹介します。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

フューエルセルレベルv2の重さは、メンズサイズ27.5cmで、なんと”207g”とめちゃくちゃ軽くつくられているんです!

ここで、私の持っているランニングシューズの重さと比較していきます。

ニューバランス『フレッシュフォーム1080v11』の写真

こちらは、ニューバランスの『フレッシュフォーム1080v11』になります。

メンズサイズ27.0cmで重さは269gです。

安定性を高めたジョギングシューズですので、レベルv2より62g重く作られています。

ニューバランス『フューエルセルプリズム2』の写真

こちらはニューバランスの『フューエルセルプリズムv2』になります。

メンズサイズ27.0cmで重さは263gです。

サポート機能のあるジョギングシューズと比較すると、0.5cmサイズの大きいレベルv2の方が56gも軽く作られています。

ホカオネオネ『ロケットX』の重さを測定中

最後に、こちらはホカオネオネの『ロケットX』になります。

メンズサイズ27.0cmで重さは215gです。

0.5cmサイズが小さいレーシングシューズと比較しても”レベルv2の軽さ”が際立ちます。

よって、ニューバランス『フューエルセルレベルv2』は同じクラスはもちろんレーシングシューズと比較しても軽いシューズになります。

スポンサーリンク

【ニューバランス】フューエルセルレベルv2の見栄えを紹介します!

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

この章では、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の見栄えを紹介していきます。

✅フューエルセルレベルv2の

  • アッパー
  • ミッドソール
  • アウトソール

の見栄えを順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、ここから”フューエルセルレベルv2″ではなく”レベルv2″と呼ばせていただきますので、ご容赦ください。

【NB】フューエルセルレベルv2のアッパーの見栄えは?

1つ目は、ニューバランスのレベルv2のアッパーの見栄えを紹介していきます。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

こちらは、外側から見たレベルv2の見栄えです。

デカデカと”Nロゴ”が真ん中に配置しています。

上の章でもお伝えしましたが、2ブロックのカラーリングが斬新で気に入っているポイントです。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

“Nロゴ”は、アッパーのヨレや、伸びから耐えられるように備え付けられています。

ただの飾りではなく耐久性や、フィット性の向上につなげているデザインです。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

続いて、こちらは内側から見たレベルv2です。

外側とは違いアッパーの真ん中ではなく、踵付近に”Nロゴ”が描かれています。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

「生地の強度を保つため?それともデザイン性?」

どちらかはわかりませんが、“印刷されているタイプ”ではなく外側と同様、アッパーの強度を高めています。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

続いて、レベルv2の踵を見ていきます。

踵上部(履き口付近)は、写真でわかる通り”フニャフニャ”です。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

一方で、写真でつまんでいる踵下部には”少しだけ”補強されています。

私のように足首周りに痛みが出やすい方でも履けるように、

もう少しだけ広範囲に補強材を搭載して欲しいです。

しかし、レベルv2は”軽さ”を売りにしています。

そのため、“そぎ落とせるもの”はできるだけそぎ落としたんでしょうね。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

続いて、靴紐の形状を見ていきます。レベルv2の紐の形状は、”平紐”です。

つまり、スピード対応モデルであり、ゆっくりゆったり走る用ではありません。

≫靴紐について知りたい方はこちら

アッパーのカラーリングに合わせて、紐先も青と黄色の色違いになっています。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

続いて、シュータンを見ていきます。

レベルv2のシュータンは、”ペラッペラ”のレーシングシューズ並みに薄いシュータンです。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

また、レベルv2のシュータンは、”独立したタイプ”になります。

一体型のシュータンは、独立したシュータンに比べ、生地の量が増えてしまうんです。

そのため、1gでも軽くするため、”独立”させたと考えます。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

最後に、レベルv2のインソールを見ていきます。

もちろん、取り外し可能なタイプです。

しかし、軽量化に力を入れてるわりには、分厚めなしっかりとしたインソールなんです。

サポート機能を徹底に取り除いた”ペラペラ”なインソールにして、

「より軽く、よりフィット性を高めた方がニーズに合ってない?」

と疑問に思った点になります!

【NB】フューエルセルレベルv2のミッドソールの見栄えは?

2つ目は、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』のミッドソールの見栄えを紹介していきます。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

こちらは、レベルv2の外側ミッドソールの見栄えです。

つま先と踵が浮いているロッカー形状になっています。

よって、反発性の高いミッドソールに加え、”コロン”っと前へ転がる感覚がプラスされます。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

続いて、レベルv2の内側ミッドソールの見栄えです。

真ん中あたりに”三角形”にくぼんでいる場所がありますが、全体的にクッションの硬さは均一です。

つまり、プリズムv2のように”倒れ込み動作”は、抑制しません。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

続いて、クッション性を確かめるため、指で押してみました。

“グニャー”っと親指が吸い込まれるくらい柔らかいクッションです。

また、押し戻される力もありますので、反発性能の高いミッドソールだということがわかります。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

最後に、シューズの屈曲点(曲がる場所)と、曲がりやすさを見ていきます。

  • 屈曲点は、足指の付け根あたり◎
  • 曲がりやすい

ということで、レベルv2は、”シューズに走らされるタイプ”ではなく、”シューズ(自力)で走る”タイプです。

✅つまり、

  • サポート機能なし
  • フニャフニャのクッション(安定性能低い)
  • 屈曲するため、”足を使う”

足首周りもしくは、ふくらはぎに痛みや怪我がある方は、”走り方をあやまる”と疲れやすくふくらはぎがパンパンになる可能性があります。

ゆっくり走るのではなく、ピッチをあげた”スピードランニング”に使用するのがおすすめですよ!

【NB】フューエルセルレベルv2のアウトソールの見栄えは?

3つ目は、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』のアウトソールの見栄えを紹介していきます。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

レベルv2のアウトソール形状を見ていきます。

27.5cmで207gと驚異的な軽さなのにも関わらず、広範囲にラバーが貼られているんです!

そのため、グリップ性能が高く足の接地がめちゃくちゃ安定します。その一方で、”キュッ”と足が止まりすぎてブレーキをかけやすいのも覚えといてくださいね。

ただし、レベルv2は”ゆっくり走るのではなく、スピードを出したトレーニング向き”と覚えておいてくださいね!

スポンサーリンク

【ニューバランス】フューエルセルレベルv2のサイズ感は?

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

この章では、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』のサイズ感を紹介していきます。

私の実測値は、”座っている時と立っている時の平均”である25.95cmです。

つまり、26.0cmを基準にしています。

私は、実測値+1.5cmの幅Dのメンズサイズ27.5cmを選択しました。

27.0cmの2Eと迷ったのですが、足指が長めの私には窮屈でした。そのため、ワンサイズアップの27.5cmのDにしました。

✅よって、

  • 足幅が広くて、足指が短い方は実測値+1.0〜1.5cm(2E)
  • 足場は普通で、足指が長い方は実測値+1.5cm(D)

を選べば間違いありません。

✅レベルv2のサイズ展開は、こちらです。

  • 【メンズ】25.0〜29.0cm( 0.5cm刻み )なお、30cmは2Eのみ
  • 【レディス】22.0〜25.0cm( 0.5cm刻み )なお、26cmはDのみ

✅レベルv2の幅(ウィズ)展開は、こちらです

  • 【メンズ】D、2E、
  • 【レディス】B、D

【ニューバランス】フューエルセルレベルv2の耐久性は?

この章では、ニューバランス『フューエルセルレベルv2』のアウトソールの耐久性を紹介していきます。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

こちらは、箱から出してすぐのレベルv2のアウトソールです。

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

そして、こちらは10km走った後のレベルv2のアウトソールになります。

  • 黒いラバー部分はほぼ無傷
  • 前足部の黄色いラバーはやや削れている
  • 中央の白いクッション材に深い線が入る

10km程度のランニングでは、耐久性があるのかまではわかりません。

そのため、100km程走ったら再度レビューしますので、もうしばらくお待ちください。

【ニューバランス】フューエルセルレベルv2の”履き心地と使用シーン”は?

この章では、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の”履き心地と使用シーン”を紹介していきます。

順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【NB】フューエルセルレベルv2の”履き心地”

1つ目は、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の”履き心地”を紹介していきます。

「これぞ、ニューバランス!」「足の形に沿った作りで、フィット性抜群!」

という良い意見もありますが、

  • 足首周りに痛みのある方(痛みがでやすい方)
  • アキレス腱付近に違和感が常にある方
  • ふくらはぎを酷使してしまう方

このような方々は、やや不安を感じる履き心地です。

なぜなら、私が3人の方と同じ悩みがあり、不安を感じたからです。

対処法は、ベタベタゆっくり走らずポンポンポンポンと軽快に走り、

“接地時間を短く”してくださいね。

【NB】フューエルセルレベルv2の”使用シーン”

ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の写真

2つ目は、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』の”使用シーン”を紹介していきます。

✅私が考えるレベルv2の使用シーンは、

  • マラソンペースのペース走10〜12km
  • 閾値走(私ならキロ4分前半)20分

キロ4分30秒以内のペースが条件です。

イージーペースのジョギングや、スロージョギングには不向きですので、

軽快に走る時に使用していきたいですね。

まとめ

今回は、ニューバランスの『フューエルセルレベルv2』について徹底レビューしてきました。

今回紹介したレベルv2は、「足首周りに痛みが出たことがない」「サッカー部でしたので、足首を固めるのが得意です!」という方なら難なく履きこなせるシューズになっています。

しかし、私のような「足首周りに違和感があるんです…」

「ふくらはぎが張りやすい!」という方は、

履きこなすのが”難しい”シューズです。

あくまでもゆっくり走るシューズではなく、スピードを出して軽快に走る事を目的として作られていますので、

「なるべく安いスピード練習用のシューズを探しています!」という方におすすめなシューズです!

今回紹介した内容を参考にしつつ、1人でも多くの方が『フューエルセルレベルv2』で楽しく走っていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました