【ナイキ】フリーラン5.0を足腰強化のため購入したのでレビューします!

シューズ関連

こんにちは、

たあしべーです。

こんなことで悩んでいませんか?

  • ナイキの”フリーラン5.0″ってどんなシューズ
  • ナイキの”フリーラン5.0″を購入する上で、耐久性とサイズ感が知りたい!
  • “フリーラン5.0″の使用シーンは?

このような悩みをたあしべーが1つずつ丁寧に答えていきます!

「たあしべーって誰?」って方は、こちらをお読みください。

記事を読み終えた数分後には、ナイキの『フリーラン5.0』についての悩みは解決され、購入するか否かを決められます!

では、早速内容に入りますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【ナイキ】フリーラン5.0の”基本情報”

この章では、フリーラン5.0の基本情報”3つ”を紹介します。

✅基本情報”3つ”は、

  • フリーラン5.0の特徴(主観的な意見がメイン)
  • フリーラン5.0の税込価格
  • フリーラン5.0の重さ

こちらの”3つ”を順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フリーラン5.0の”特徴”

1つ目は、フリーラン5.0の特徴を紹介します。

なお、メーカー独自の専門用語は控えつつ、私の主観的な意見をメインにお伝えします。

✅特徴は、

  • 軽い!
  • 柔らかい!
  • (痛)気持ちいい!

の3つです。

ねぇねぇ、ところで”5.0″って何か意味あるの?
私もすごーく気になったので、調べてみました!

初心者から上級者ランナーと幅広い層に向けて作られている『エアズームペガサス』を10.0とし、その半分(5.0)しか機能を持っていない”簡素化”されてたモデルという意味らしいです。

つまり、これから走り始めようとしている方や、ここ最近走り出したという方ではなく、走り慣れている方向きのシューズということになります。

よって、フリーラン5.0は、“軽い!柔らかい!気持ちいい!”という特徴と、

初心者向けではなく中級者以上の方向けのトレーニングシューズということです!

フリーラン5.0の”税込価格”

2つ目は、フリーラン5.0の税込価格を紹介します。

フリーラン5.0の税込価格は、12,100円です。

ここ最近のランニングシューズの価格は、高騰傾向にあり20,000円前後となってきています。

  • 「そんな中、10,000円前後で買えるならあり?」
  • 「えー!でも、、、14,300円のペガサスの半分しか機能がないなら”7,000円”じゃない?」

と思いますよね?

正直、

私も12,100円なら買いません(笑)

じゃー!なんで買ったの?

それは、▶︎楽天市場で”約5,000円引き”の税込価格7,000円になっていたからです。(ちなみに、ポイントとクーポンを併用して3,000円で購入)

つまり、シューズの作りのわりにはフリーラン5.0は”高い”ということになります!

フリーラン5.0の”重さ”

3つ目は、フリーラン5.0の重さを紹介します。

フリーラン5.0の重さは、メンズサイズ28.0cmで185gと驚異的な軽さを誇ります!

28.0cmのランニングシューズでしたら、300g近くもしくは、300g以上あるものが多いです。

強いて言うのであれば、“モンスターシューズ”と同じくらいの重さになります。

✅そのモンスターシューズとは、

  • ナイキのヴェイパーフライネクスト%
  • アシックスのメタスピードスカイ(エッジ)

などのトップランナー(エリートランナーも)の足元を埋め尽くすシューズのことです。

また、足にピタッとした履き心地(靴下感覚)のため、185gより軽く感じます。

「あれ?素足で外に出てきちゃった?」と思わせるほどです。

よって、上の章でもお伝えしましたが、フリーラン5.0は、めちゃくちゃ軽く作られています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

【ナイキ】フリーラン5.0の見栄え

この章では、フリーラン5.0の見栄えを紹介します。

✅フリーラン5.0の

  • アッパー、ミッドソール
  • アウトソール

の見栄えを順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フリーラン5.0のアッパーとミッドソールの見栄えは?

1つ目は、フリーラン5.0のアッパーとミッドソールの見栄えを紹介します。

まずは、外側のアッパーを見ていきます。

もうね!見ての通りです。ニット素材のため、伸縮性がとても高く作られています。

もちろん、▶︎ペガサス(10.0)に比べたら、5.0(半分)なので、補強はなしです。

続いて、外側のミッドソールを見ていきます。

やや踵の方が厚くなっていますが、ほぼフラット形状です。

大きめなナイキのマークが中央にプリントされています。

もしかして、

反射材つきかなぁ?

とドキドキワクワクしましたが、残念ながらナイキマークの前にある”線だけが光る”みたいです(泣)

ミッドソールの硬さは、案外しっかり(硬め)しています。

カチカチとまではいきませんが、フワフワ!モチモチ!まではいきません(笑)

続いて、内側からアッパーを見ていきます。

もちろん、外側と同様で補強はありません!

つま先に”小さめなナイキのマーク”があります。

ミッドソールには、無数の切れめがあります。

その無数の切れ目があるため、これぞナイキ『フリーラン5.0』の特徴、、、

“グニャー”と柔らかいミッドソールになっているんです。

写真のように、つま先と踵が合わさるくらい柔らかい作りになっています。

そのため、“人間本来の足の機能を蘇らせる”足腰強化”には打ってつけのシューズです!

みなさん(私を含め)足のこと過保護にしすぎじゃないですか?(その逆で、顔や手など見えるところばかりで足をいたわってる?)

そんな方は、ぜひ『フリーラン5.0』を取り入れてみてはいかがでしょうか。


  • インソールは取り外しできません!
  • シュータンは一体化(靴下感覚)
  • 靴紐は細めの平紐(相変わらずナイキの靴紐の特徴である”ほどけやすいタイプ”です)

以上になります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

フリーラン5.0のアウトソールの見栄えは?

2つ目は、フリーラン5.0のアウトソールの見栄えを紹介します。

機能を取り除いたにも関わらず、

削れやすいであろう“つま先と踵”部分には、紫色の厚めのラバーが貼られているんです!!!!!

また、細かくブロック状に切れているため、グリップ力もそこそこあります。

しかし、ラバーの無い部分(中足部)の劣化は早いのでは?と不安にさせる作りでもありますね、、、。

スポンサーリンク

【ナイキ】フリーラン5.0のサイズ感は?

この章では、フリーラン5.0のサイズ感を紹介します。

私が選んだのは、メンズサイズの28.0cmです。

27.5cmでも履けたのですが、名前が”フリーラン”

「足に自由度を与えたいなぁ」と、考えワンサイズアップの28.0cmにしました。

実際に店舗で、27.5cmを履いた時に「あれ?足の甲あたりが窮屈だなぁ」と、
感じたので、28.0cmにしたのが本音です。

実際に商品が届き足入れをしてみると、足の自由度をしっかり保ちつつ、とても優しい履き心地でした!

よって、フリーラン5.0のサイズ選びは、

  • ピタッとしたフィット感が好み→通常通りのサイズでOK◎
  • 少し自由度を出したいなぁ!→ワンサイズ(0.5cm)アップする!

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【ナイキ】フリーラン5.0の耐久性

この章では、フリーラン5.0のアウトソールの耐久性を紹介します。

今のところ、30kmほど走りましたが、削れやすいラバー部分は全く削れていません。

しかし、写真では分かりにくいですが、“白い部分のみ”若干削れ出しています。

人それぞれ走り方や、体重も違いますので、削れ方は異なりますが、耐久性は高い方ではないと思います。

100kmくらい走ったら、再度レビューしますので、もうしばらくお待ちくださいね!

【ナイキ】フリーラン5.0の”使用シーン”

この章では、フリーラン5.0の”使用シーン”を紹介します。

私の考えるフリーラン5.0の使用シーンは、“ゆっくりのジョギング”がメインですね。

いずれは、

フリーラン5.0で20km以上のんびり走ってみたい!

また、「ウォーキング(犬の散歩)や普段履きにも使用できるなぁ」とも考えています。

ちなみに、仕事で2日間使用してみましたが、脱ぎ履きも楽だし、何よりも軽いし歩きやすいです。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ナイキの『フリーラン5.0』について徹底レビューしてきました。

あの元マラソン日本記録保持者である設楽悠太選手や、プロマラソンランナーの福田穣選手、ランニング系YouTuberの方々から愛される『フリーラン5.0』

✅履き心地はもちろんのこと、

  • 人間本来もっている足の機能を呼び戻す
  • 正しいロスのない接地感覚を身につけられる
  • 怪我や故障対策になる

シューズです。

今回紹介した内容を参考にしつつ、1人でも多くの方が『フリーラン5.0』で楽しく痛みなく走っていただけたら幸いです。

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました