【ナイキ】ズームフライ4で30km走ってみたのでレビューします!

シューズ関連

こんにちは、

たあしべーです。

✅こんなことで悩んでいませんか?

  • ナイキの”ズームフライ4″ってどんなシューズ?(見栄えや価格、重さなど)
  • “ズームフライ4″を購入する上で、耐久性とサイズ感が知りたい!
  • “ズームフライ4″の使用シーンは?

このような悩みをたあしべーが1つずつ丁寧に答えていきます!

「たあしべーって誰?」って方は、こちらをお読みください。少しは、記事内容を信じてもらえるはずです(*^^)v

記事を読み終えた数分後には、ナイキの『ズームフライ4』についての悩みは解決され、購入するか否かを決められること間違いなしですよ!

では、早速内容に入りますので、参考にしてみてくださいね。

ちなみに、ナイキ『ズームフライ4』で、

フルマラソンの自己ベスト大幅更新!

その詳細は、⇩⇩⇩

スポンサーリンク

【ナイキ】ズームフライ4の基本情報

この章では、ズームフライ4の基本情報2つを紹介します。

✅基本情報2つとは、

  • ズームフライ4の税込価格(比較あり)
  • ズームフライ4の重さ(比較あり)

こちらの”2つ”を順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ズームフライ4の税込価格は?【比較的安い?】

まずは、ズームフライ4の税込価格を紹介します。

ズームフライ4の税込価格は、18,700円です。(なお、カラーによっては19,800円のものもあります)

✅「そもそも税込18,700円って安いの?それとも高いの?」と、疑問に思うことを先読みし、同じカテゴリーに分類されるシューズ価格と比較してみますね!

  • 【ナイキ】テンポネクスト%→24,200円
  • 【アディダス】ボストン10→16,000円
  • 【プーマ 】ディヴィエイトニトロ→19,800円
  • 【ニューバランス】フューエルセルTC→24,200円

※なお、全て税込価格となっております。

アディダスの『ボストン10』が、ダントツに安いですね。

しかし、その次に安いのは、今回紹介するナイキの『ズームフライ4』になります。

シューズの価格高騰が続いているので、古参のズームフライシリーズは、わりとリーズナブルなシューズということです。

ちなみに、私はヒマラヤスポーツにて1,000円offクーポンを使用し、

税込13,000円で購入することができました◎(2022.2.22購入)

私が購入した”フラッシュイエロー×オレンジ(CT2392700)”のズームフライ4であれば、徐々に価格が落ち出していますので、サイズがある”今”が狙い目ですよ!

ズームフライ4の重さは?【過去一重い】

次に、ズームフライ4の重さを紹介します。

ズームフライ4の重さは、メンズサイズ28.0cmで280gです。

ここで、一つ気になった点があります。

その気になった点とは、”左右で重さが違う”ことです。

左右差が多少あるのは、以前から知っていましたが、9g(右289g左280g)は大きいのでは?

そのため、メンズサイズ28.0㎝で、左右平均”284.5g”としておきます。

✅「そもそも284.5gって軽いの?それとも重いの?」と、疑問に思うことを先読みし、

過去に発売された”ズームフライシリーズ”3足の重さと比較してみますね!(なお、サイズがすべて異なりますので、参考程度に)

こちらは、初代の『ズームフライ』になります。

重さは、メンズサイズ27.0cmで240gと、ズームフライ4のサイズは1.0㎝(27.0⇨28.0㎝)大きいものの、44.5gも重くなっているんです。

こちらは、2代目の『ズームフライフライニット』になります。

重さは、メンズサイズ26.5cmで239gと、ズームフライ4のサイズは1.5㎝(26.5⇨28.0㎝)大きいものの、45.5gも重くなっているんです。

こちらは、3代目の『ズームフライ3』になります。

重さは、メンズサイズ27.0cmで263gと、ズームフライ4のサイズは1.0㎝(27.0⇨28.0㎝)大きいものの、21.5gも重くなっているんです。

✅まとめると、

  • ズームフライ(初代)→240g(27.0㎝)
  • ズームフライフライニット(2代目)→239g(26.5㎝)
  • ズームフライ3(3代目)→263g(27.0㎝)
  • ズームフライ4(最新モデル、2022.2.25現在)→284.5g(28.0㎝)

サイズはバラバラではあるものの、前作のズームフライ3くらいから”重めなシューズ?”になっています。

しかし、ズームフライ4は、

  • フィット性能の向上
  • 接地安定性の向上
  • 走行安定性の向上

により、”足との一体化が今までのシリーズの中でダントツ”なんです。

手で持ったら、初代がダントツで軽くて新作のズームフライ4がダントツで重いですが、走ってみると”直進性(推進力)“は、どのモデルよりも”ズームフライ4″が強く感じます!(私は)

よって、店内でズームフライ4を手に取り持ってみると「重くね?でも一旦、履いてみるか!やっぱり、ズームフライ4は重いね、、、(泣)」と、試着(店内を走る)程度だと”ここまでが限界”です。

購入後、ジョギングペースよりも”速いペース”で走ったり、いつも苦しくてしかたないポイント練習で使用してみたりすると、気づきます。

「あれ?重さを感じない?それよりも安定感を保ちつつ、グイグイ前へ気持ちよく進むぞ!」と。

前作のズームフライ3 が重いなぁ、、、グラつくなぁ、、、と、感じていた方は、ズームフライ4を試し履きしてみる価値はありますよ。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

【ナイキ】ズームフライ4の見栄えは?

この章では、ズームフライ4の見栄えを紹介します。

✅ズームフライ4の

  • アッパーとミッドソール
  • アウトソール

の見栄えを順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アッパーとミッドソールの見栄えは?

まずは、ズームフライ4のアッパーを見ていきます。

まずは、外側からの見栄えです。

前作の雨に強い”ツルツル素材”から、外メッシュ中フライニットに変更しました。

その変更により足あたりがめちゃくちゃ優しくなり、「ズームフライシリーズは、足の形に合わないんだよなぁ、、、」という方でも難なく履けるようにアップデートされましたよ◎

アッパーとミッドソールの真ん中に位置する”オレンジ色”の部分は、補強材です。

その補強材があるお陰で、シューズ内で足が動きにくくなったのと、接地の安定性が向上したように感じます。

ミッドソール素材は、前作のズームフライ3(ペガサス37.38)と同様の”リアクトフォーム”が使用されています。

名称はどうでもいいです(笑)

✅大事なのは、

  • 反発性
  • 安定性
  • 耐久性

に優れたクッション材という点です。

リアクトフォームの”唯一”の弱点は、重いところですかね!

次に、内側からの見栄えです。

外側と同様で、内側にも”オレンジ色”の補強材がほどこされています。

両側にやや小さめではあるものの、ナイキの”スウォッシュマーク”が全体的に描かれているタイプです。

私好みのデザイン!

続いて、真上からの見栄えです。

前足部のホルムは、今までのズームフライと同じで“ジョグシューズと比べるとタイトな作り”です。

しかし、先ほどもお伝えしまいたが、今までのズームフライとは比べ物にならないほど、伸縮性かつフィット性の高い作りになっています(剛と柔のバランスが神w)

「ズームフライは、”足幅”が合わないんだよなぁ、、、サイズを上げるとつま先が余りすぎるし、、、(泣)」と、ズームフライのサイズ選びで悩まれていた方は、”ズームフライ4を履く価値あり”ですよ!

記事をお読みの方~♪履き口を見てください!!!!

少し見にくいので、履き口を拡大しました。

そうなんです。前作までのズームフライには見られなかった、、、

ナイキの最高峰シューズ『ヴェイパーフライネクスト%』『アルファフライネクスト%』と同様、

履き口には、”踵がずれない”ように”補強材がポッコリ”ついているんです!

好き嫌いは分かれる感じがします。

しかし、私はドンピシャでした◎

ストレスフリーな履き心地!!

  • 踵周りにストレスがないこと。
  • 指先周りにストレスがないこと。
  • 足の甲のストレスがなこと。
  • 足の裏にストヘスがないこと。

こそが、快走するためにはとても大事なんです!

これさえ整えば、きっとあなたは自己ベスト更新できるかも?

続いて、踵周りの作りを見ていきます。

なんと、踵下部に補強材が埋め込まれているんです!

ジョギングシューズのようなガチガチに補強されているのではなく、あくまでもスピードに特化しているシューズの限界を目指しています。

つまり、ズームフライ3→ズームフライ4になり、「”安心・安全”な設計になったなぁ、、、」というのが、私の意見です。

シューズの屈曲性は、手で押すくらいでは”全くまがりません!”

初代ズームフライにだけ、”ナイロンプレート”が搭載されており、若干ではあるものの、曲がりました。

一方で、ズームフライフライニット(2代目)から”カーボンプレート”が搭載されるようになり、地面から足が離れる際に”蹴れない(蹴らせてくれない)“シューズに変更されています。

  • どうしても地面を蹴って走ってしまう!
  • 地面を蹴って走るフォームのため、ふくらはぎの疲労感がハンパない!
  • ふくらはぎが太い!(常に張っている)

と言う方は、強制的に蹴ることができない”ズームフライ”シリーズを練習に取り入れてみてはいかがでしょうか。

もちろんインソールは、取り外し可能です。

  • お気に入りのインソールに変更できる!
  • 消臭対策ができる!

以上。

ナイキの『ズームフライ4』のアッパーとミッドソールの見栄えでした。

アウトソールの見栄えは?

次に、ズームフライ4のアウトソールを見ていきます。

ズームフライ4(最新モデル)のアウトソール形状

前作のズームフライ3 のアウトソール形状と同じ作りです!

全体的に白ベースなので、わかりづらいですが、”白い部分(前足部と踵部)“がラバーになっており、耐摩耗性の強い作りになっています。

ここで、過去のズームフライのアウトソール形状を紹介しますので、ぜひ比較してみてくださいね♪

ズームフライ(初代)のアウトソール形状

ズームフライFK(2代目)のアウトソール形状

初代ズームフライと、

ズームフライFKのアウトソール形状は、

現行モデルと全く違いますよね?

はい、違いますよ。前足部と踵部にラバーが貼られているのは、同じなのですが、、、グリップは”ほぼしません”でした(泣)

つまり、ツルツルです、、、雨の日はめちゃくちゃ大変です!(笑)

ズームフライ3(3代目・前作モデル)のアウトソール形状

こちらが、使用前の前作『ズームフライ3 』のアウトソールになります。

まとめると、全体的にラバーが貼られているため、耐久性能とグリップ性能が高く、安定した走り心地を演出してくれる感じでした◎

以上。

スポンサーリンク

【ナイキ】ズームフライ4のサイズ感は?

この章では、ズームフライ4のサイズ感を紹介します。

✅ズームフライ4のサイズ選択は、

  • 【靴下が薄手の方】通常サイズもしくは、−0.5cm
  • 【靴下が厚手の方】通常サイズ
  • 【靴下が5本指の方】通常サイズもしくは、+0.5cm

を基準に選べば間違いありません。

しかし、あくまでも私の足の形の場合ですので、参考程度にとどめておいてくださいね!

私もヒマラヤスポーツにて、レースで履くであろう靴下を持参し、

30〜40分ほどサイズ選びに悩みました。

悩んだ末に選んだサイズは、メンズの28.0cmです。

✅私の持っている”ナイキ”のランニングシューズのサイズは、

  • 【ペガサス35】27.5cm(ジャストサイズ)
  • ペガサス36】27.0cm(再購入するなら27.5cm)
  • 【ペガサス37】27.0cm(ワイド幅、5本指ソックスでジャストサイズ)
  • ペガサス38】27.5cm(ジャストサイズ)
  • インフィニティラン】27.5cm(ジャストサイズ)
  • フリーラン5.0】28.0cm(ややつま先にゆとり有り)

どうしても、「店頭に行って試着できない!」という方は、こちらサイズ感を参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、できれば店頭で一度試着してから、そのまま店頭もしくは、ネットで最安値で購入することをおすすめします。

【ナイキ】ズームフライ4の耐久性は?

この章では、ズームフライ4の耐久性を紹介します。

今現在(2022.2.24)、30kmしか走行していませんので、100kmほど走行した後にレビュー致します。

もうしばらくお待ちくださいね!

【ナイキ】ズームフライ4の使用シーンは?

この章では、ズームフライ4の使用シーンを紹介します。

✅私がズームフライ4を使用するのであれば、

  • スピード練習(インターバルや※1.閾値走)
  • ※2.レース

の2つです。

🟢少し深掘りしていくと、

※1.閾値走(しきいちそう、いきちそう)とは、日々のジョギングよりキツいけど、「20〜30分なら走れるぞ!」というペースで20〜30分走る練習方法で、“週1回くらいは行いたい”と思っています。
※2.フルマラソンで使用するなら、サブ3〜サブ3.5(フルマラソン3時間から3時間半)の方
ハーフマラソンで使用するなら、自己ベストが83分~100分付近の方におすすめです。→実際に2022.2.23に行われた『渡良瀬遊水地マラソン大会(ハーフの部)』で、83分で走れたからです。

つまり、ズームフライ4のおすすめな使用シーンは、“スピードを上げて走る時もしくは、そのスピードを維持して走りたい時”になりますね!

以上。

まとめ

今回は、ナイキの『ズームフライ4』について徹底レビューしてきました。

もう一度お伝えしますと、ズームフライ4のおすすめな使用シーンは、“スピードを上げて走る時もしくは、そのスピードを維持して走りたい時”になりますね!

✅もし、

  • 「1000mのインターバルって苦しくて辛くて、やる前からテンションガタ落ち、、、」
  • 「速いスピードを20〜30分持続させる練習がしたい!」
  • 「どうしても、フルマラソンで3時間30分を切れない!」
  • 「ハーフマラソンで、100分切りを目指してます!」

という方は、ナイキの『ズームフライ4』を履いてみてはいかがでしょうか。

今回紹介した内容を参考にしつつ、

1人でも多くの方が『ズームフライ4』を履き、

楽しく笑顔で走っていただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました