【ナイキ】エアズームペガサス38の答え合わせをレビューします!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

ここ最近の雨の日以外のランニングは、ナイキ『エアズームペガサス38』を履いています。

そこで、今回は、以前書いた”【ナイキ】エアズームペガサス37と38を購入しない理由“に対する答え合わせをしていきます。

✅ちなみに、私がペガサス37と38を選ばない理由は?

  • クッション性能が高すぎるから
  • ミッドソールが厚すぎるから
  • アウトソールが細すぎるから

こちらの3つになります。

こちらの3つに対する答え合わせを順番にしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【ナイキ】ペガサス38のクッション性は?

この章では、ペガサス38のクッション性はどのような走り心地だったかを紹介します。

ペガサス36からアップデートしたことにより、37と38のクッション素材がクシュロンからリアクトに変更されました。

ナイキ『エアズーム ペガサス36』の写真

こちらは、ペガサス36のクシュロン+フルレングスエアズーム搭載のクッションです。

ナイキ『エアズーム ペガサス38』の写真

続いてこちらが、ペガサス38(37)のリアクト+つま先に大容量ズームエア搭載のクッションです。

実際に走ってみたところ、”グニャグニャ”ではなくコシのある柔さで程よく反発してくれるクッションでした。

当初は、38のリアクトは”グニャグニャ”で沈み込みから反発を受けるまで時間がかかると思っていました。

しかし、試着しただけでは感じられなかった反応性の良さに驚きました。

よって、クッション性に関しては、予想とは全然違い“ペースが速くなればなるほど安定性が高く”なります。

ペガサス38をもっと詳しく知りたい方はこちら

スポンサーリンク

【ナイキ】ペガサス38の分厚いミッドソールは安定感あるの?

この章では、ペガサス38の分厚いミッドソールの安定性はどうだったかを紹介していきます。

ペガサスのミッドソールは、年々厚みが増しているんです。

ナイキ『エアズーム ペガサス36』の写真

こちらは、ペガサス36のミッドソールになります。

厚さは、前足部が1.2cm踵が2.2cmです。

ナイキ『エアズーム ペガサス38』の写真

こちらは、ペガサス38のミッドソールになります。

厚さは、前足部が1.75cm踵が2.75cmです。

よって、ペガサス36からは0.55㎝も厚くなっています。

そのため、足を地面に着いたら”グラグラ”っと安定性がないなと試着では感じました。

✅実際に走ってみたところ、

  • ゆっくりペース ➡︎ 多少ラグラつく
  • キロ4分40〜5分10なら安定感ある
  • キロ3分40だと重いが反発性を感じる

と初心者用からジョギング用として売り出されてはいますが、

シューズの性能を活かすには※サブ3.5ランナー向きです。(中級者〜上級者向け)

※サブ3.5とは、フルマラソンを3時間30分以内で完走すること。

また、ペースは上がりやすいのですが、ペガサス38の方が40gくらい重いため、ペースを持続するのは大変です。

つまり、初心者の方から上級者の方までランナーを選ばない万能シューズなのは、前作のペガサス36になります。

スポンサーリンク

【ナイキ・ペガサス38】アウトソールの変更は大満足です!

この章では、見た感じ細くて幅の狭いアウトソールは、実際に走ってみてどうだったかを評価します。

ナイキ『エアズーム ペガサス36』の写真

こちらは、ペガサス36のアウトソールになります。

つま先の幅は11.5cm、踵の幅は8.5cmです。

ナイキ『エアズーム ペガサス38』の写真

続いてこちらは、ペガサス38(37も同じ)のアウトソールになります。

つま先の幅は11.0cm、踵の幅は8.0cmです。

実際に測ってみたら、わずか”0.5cm”ペガサス36の方が広いだけでした。目の錯覚とは恐ろしいです(笑)

ナイキ『エアズーム ペガサス36』の写真

ナイキ『エアズーム ペガサス38』の写真

上のペガサス36のつま先には、切れ目がないのに対し、ペガサス38には切れ目が入ったんです。

また、ペガサス36のアウトソールは外側に広く作られついるに対して、ペガサス38はほぼ左右対象に作られています。

走るまでは、設置面積が小さくなったことにより、安定性が落ちるのではないかと思っていました。

しかしながら、切れ目を入れたり左右対称に作ったりと色んな工夫をすることにより、40年の歴史がある『ペガサス』の実力は健在でした!

まとめ

今回は、以前書いた”【ナイキ】エアズームペガサス37と38を購入しない理由”に対する答え合わせをしてきました。

✅結論

  • 私が想像していた3つのことは、見事にはずれ!ナイキさんの圧勝です(泣)
  • ナイキさんのシューズ革命はまだまだ続きますね!

私が最後に購入したのは、2つ前(2019年)のペガサス36になります。

ペガサス38と比較すると、ペガサス36とは全く別のシューズだなと感じます。

しかしながら、両方履いてみて一つ言えることは

ペガサス=ワクワクさせてくれる万能シューズの王様

ということを改めて実感しました。

ランニングが習慣化され、ステップアップを目的や元々運動経験がある方、隙間時間に運動をする方におすすめのシューズになります。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました