ナイキのインヴィンシブルラン2が劇的な進化をしたのでレビューします!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

ランニングシューズ選びで悩んでいませんか?

例えば、ナイキの『ズームX インヴィンシブル ラン フライニット2』と、、、

  • 1(前作モデル)と何が違うの?どっちがオススメなの?
  • インフィニティランどちらを購入するかかれこれ1年くらい悩んでいます、、、(泣)

このような悩みを持つ方は多いはずです。なぜなら、私も同じ悩みを抱えているからです。

そこで、そんな悩みを消し去るため、思い切って『ズームX インヴィンシブル ラン フライニット2』を購入してみました◎

ということは、、、

この記事は、ナイキの『ズームX インヴィンシブル ラン フライニット2』を徹底レビューしていく内容になっています♪

購入するか否かを悩まれているあなた!ぜひぜひ、参考にしてみてくださいね✌︎(‘ω’✌︎ )

以後、『ズームX インヴィンシブル ラン フライニット2』を『インヴィンシブルラン2』と略します。

スポンサーリンク

【ナイキ】前作モデル(初代)とインヴィンシブルラン2の違いは?

アッパーがとても柔らかくなった!

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の写真

こちらは、初代インヴィンシブルランです。

手元に届いた時の衝撃は今でも忘れません‼︎

「なんじゃこのボリューム!そして、履き口がモコモコしていたり、紐が太かったり、アッパーがパリパリしていたりと、これランシュー?」

が、第一印象のシューズでした。

そして、こちらが新作のインヴィンシブルラン2になります。

田舎のスポーツ店には”絶対”置かれないシューズのため、試着はあきらめていました。

しかし、軽井沢のアウトレットでディスプレイされているインヴィンシブルラン2を見つけ、店員さんに「このシューズって在庫ないですよね?」と聞いたら、、、なんと試着のみ可能ということ。

そんなこんなで、

  • 履き口のモコモコ消失。
  • アッパー素材が柔らかく足あたりが良くなる。
  • 足型も変わり万人受けシューズへ変貌。

ということで、ナイキのアプリにて(30%OFF)購入!という、いきさつです。

シュータンがちょうどいい大きさ(厚さ)になった!

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の写真

こちらは、初代インヴィンシブルランのシュータンです。

まるで、はんぺんを思わせるほどの分厚さで、「ここまで過保護にしなくてもよくね?」と、正直思いました。

そして、こちらが新作のインヴィンシブルラン2のシュータンになります。

まだまだ分厚さは残っているものの、はみ出るほどの大きさはなくなり、甲周りのもっさり感は消失。

履き口周りがシンプルになった!

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の写真

こちらは、初代インヴィンシブルランの全貌です。

履き口周りにある”謎の黄緑色のモコモコ”

果たして、新作のインヴィンシブルラン2にはあるのか?

若干残ってはいるものの、だいぶ無くなりましたよね!

初代はなんのためにつけたのか、未だ解明できませんが(おそらく、ゴージャス感を出すため)、このくらいで十分ですよね?

インソールがペラペラ(シンプル)になった!

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の写真

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の写真

こちらは、初代インヴィンシブルランのインソール。

そして、こちらが新作のインヴィンシブルラン2のインソール。

写真では伝わり難いのですが、新作のインヴィンシブルラン2の方が

  • ペラペラ
  • 薄い
  • 横幅が細い

です。あくまでもインソールは靴と足とのスペースを埋める”スペーサー”なので、このくらいでいいと思います。

あまりにもしっかりとした(分厚い)インソールだと、幅広甲高なランナーは、サイズ選びが難しくなるんです。

甲がキツいからワンサイズあげると横幅やつま先のあまりが気になり、

横幅やつま先がキツイからワンサイズあげると、甲がキツくなったりと負の連鎖が起こるからです。

あまりにも主張の強いインソールの入ったシューズを選ぶ時は、サイズ選びにご注意を。

靴紐が平紐から丸紐になった!(最高)

こちらは、初代インヴィンシブルランの靴紐です。

ナイキのランニングシューズには珍しい分厚くて太めな”平紐”

フィットさせようと思って締め上げると、甲周りがキツくて鬱血寸前になり、ピリピリ。

そして、若干緩めると甲の部分が動いて靴の重さを感じたり、土踏まずの突き上げを感じたりと調節困難でした、、、。

そして、こちらが新作のインヴィンシブルラン2の靴紐になります。

なんと、これまたナイキさんには超珍しい”丸紐”(1番嬉しいアップデート)

  • しっかり締め上げても良し◎
  • ほどほどに締め上げても良し◎

あなたの走りに順応してくれる性質を持っている優秀な丸紐。

より一層、長ーく遠くまで気持ちよく走らせてくれるシューズに生まれ変わったんです◎

ヒールクリップの形状が変わった!

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の写真

こちらは、初代インヴィンシブルラン。

そして、こちらが新作のインヴィンシブルラン2。

インヴィンシブルラン2になり、シンプルな形状かつ小さくなりました。

おそらく、分厚くてめちゃくちゃ幅の広いアウトソールがあれば踵のグラつきは、この程度の補強で良し◎

と、考えたんでしょうね♪(断然2の方が感触もイイ)

スポンサーリンク

【ナイキ】インフィニティランとインヴィンシブルラン(2)は何がどう違うの?

インフィニティランとインヴィンシブルランの違いは?

  • インヴィンシブルラン(1.2)の方が、3,850円高い!(税込価格)
  • ミッドソールのクッション素材が違う!(硬めなインフィニティに対してフワモチなインヴィンシブル)
  • 【田舎あるある】店頭に置いてあるインフィニティ。店頭になかなか置いていないインヴィンシブル。

の3つです。

重さは明らかにインフィニティランシリーズの方が軽いですが、そこよりも”ここ”という3つに絞ってみました!

なかでも、

  • インフィニティラン→リアクトフォーム(ペガサスやズームフライ4など)
  • インヴィンシブルラン→ズームXフォーム(ヴェイパーフライやアルファフライなど)

と、ミッドソールのクッション素材が異なる点です。

もう一度お伝えします。

  • 硬めでほどよいクッション感→インフィニティラン(クセは少なめ)→万人受けされる
  • 柔らかくてフワモチなクッション感→インヴィンシブルラン(クセは強め)→好みが分かれる

これで、あなたはどちらか一方を選べるはずです٩( ᐛ )و

スポンサーリンク

【ナイキ】インヴィンシブルラン2でスピードは出しやすい?

サクッと短い距離をビューンって走るのには、不向きです。

あくまでもインヴィンシブルラン2は、長ーく遠くまで気持ちよく走らせてくれるシューズになります♪

しかし、フルマラソン※サブ3.5までなら余裕で達成できる代物ですょ(๑>◡<๑)‼︎

※サブ3.5とは、フルマラソンを3時間30分以内で完走することです。

インヴィンシブルラン2で気持ちよく走れるペース&距離(時間)は?

気持ちよく走れるペースは?

今現在(2022.8.9)、20kmほどしか走行していないため、はっきりとしたことは言えませんが

キロ4分1桁〜6分30秒と、幅広いペースで使用できるシューズだなぁと感じました。

もちろん、キロ4分を切るペースでも走れるとは思いますが、さすがに重さを感じます。(サブ3ランナーの場合)

一方、キロ7分以上のペースだと、重たさよりも不安定さ(グニャ)を感じるため、私は選びません。

選ぶとしたら、

  • もう少し薄め
  • もう少し硬め

なクッション材を使用したシューズを選びます!

気持ちよく走れる距離(時間)は?

今のところ、最長11kmしか走っておりません。

そのため、インヴィンシブルラン2で”20km以上”走行したら、再度レビューしますので、もうしばらくお待ちくださいね!

【ナイキ】インヴィンシブルラン2のサイズ感は?

今回購入したのは、前作モデル(初代)同様、メンズサイズの27.5cmになります。

ちなみに、私の足のスペック

  • 素足の実測値は、26.0〜26.5cm
  • 普段選ぶシューズサイズは、27.5〜28.0cm

前作モデルに比べ、全体的に”絶妙な”ゆとりはあるものの、普段選ばれているジョグシューズのサイズで問題ありません‼︎

ただ、甲がものすごく低く(薄い足)、幅が狭い(細い)方は、前作もしくは普段のサイズよりワンサイズダウンも視野に入れることをオススメします◎

【ナイキ】インヴィンシブルラン2の耐久性は?

走行距離に対するミッドソール(クッション)と、アウトソールの寿命を見ていきましょう‼︎

前作モデル(初代)は、走行距離300kmを超えても全然平気でした。

そのため、インヴィンシブルラン2を履き色々なペースで300kmほど走ったら、再度レビューしますので、もうしばらくお待ちくださいね!

ちなみに、走行距離0kmのアウトソールはこちらです。

おそらく、前作モデル(初代)と変わらない作りなのでインヴィンシブルラン2の耐久性も抜群だと思います◎

【ナイキ】インヴィンシブルラン2の基本情報4つ

「そもそもナイキの『インヴィンシブルラン2』ってどんな靴なの?」

という方のために、サクッと基本情報4つを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ひとことで言うなら、”イカしたイカついシューズ”です♪

1.デザイン(特徴)

ドロップは9mm。

※つま先と踵の厚さの差のこと。

ナイキ史上、最高のエネルギーリターンを誇り、最上位モデルである”ヴェイパーフライ&アルファフライ”に使用されているズームXを贅沢に使用したミッドソール。

ものすごく分厚いですよね?

そのミッドソールは、手で押してみても、つま先がすこーし曲がる程度でした。

ほとんど屈曲しないシューズ。足を地面に置いた瞬間、ズームXの力で跳ね上がる仕組みですね!

このシューズを蹴って使えるのは、エリートランナーくらいだろうなぁ。

内側には、個人的に大好きなデザインであるナイキのスウォッシュが”きちんと”描かれているんです。

上がかけたり下がかけたりしていない”ノーマルな”スウォッシュマーク◎

中足部(土踏まず)あたりがくびれたミッドソールは、前作(インフィニティランも)と同様な作り。

土踏まずの突き上げを若干感じる人はいるかも?

指でボリュームのあるズームXを押すともちろんグニューっと凹みますが、戻す力が半端ないんです‼︎

この力が走る時の反発につながるんでしょうね♪

シュータンは、アッパーと一体化しています。

足あたりの良い素材を使っているので、相当甲高な方以外であれば、ストレスなく履ける作りです。

踵の上部は、”とても柔らかく”アキレス腱への負担を軽減しています。

一方、踵の下部は補強材が内部に搭載されているため、指で叩いてみると”コツコツ”と、音がなります。

上の章でもお伝えしましたが、履き口と踵周りの作りのアップデートは、めちゃくちゃ秀逸です◎

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

2.税込価格は?

前作モデル(初代)同様、税込22,000円になります。

「22,000円??高くない?エアフォース1が12,100円だよ、、、おおよそ10,000円も高いじゃん!やっぱり、、、インヴィンシブルはお高いシューズなの?」

と、疑問を持たれる方は多いと思いますので、ナイキの他のシリーズと比較してみますね♪

  • エアズーム ペガサス(39) 14,300円
  • エアズーム ストラクチャー(24) 14,300円
  • エアズーム ボメロ(16)18,150円
  • エアズーム ライバルフライ(3)9,350円
  • リアクト インフィニティラン(3)18,150円

※()内は、現在発売されている新しいモデルの型番です。

お分かりですね。ナイキの『インヴィンシブルラン2』は、ナイキの同じカテゴリーのシューズと比べて”恐ろしく高いシューズ”ということになります。

そのため、

  • お財布に余裕のある方(臨時収入があったよー!みたいな方)
  • ナイキ公式のセールを狙う!(私はこれ)
  • ナイキ公式アプリにて誕生日割引き(20%OFF)を使用する!

などなど、工夫してみてくださいね♪

3.重さは?

こちらは、インヴィンシブルラン2。

重さは、メンズサイズ27.5cmで305gでした。

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の重さを測定中

こちらは、初代インヴィンシブルラン。

重さは、メンズサイズ27.5cmで292gと、2になり13gも重くなりましたね。

正直意外でした。なぜなら、全体的に”2″の方がフィット感が良く、足とシューズの一体化を感じられるため、軽く感じたからです。

測ってみて、「えっ?2の方が重いの?履き口やらシュータンやらシンプルになったのに?重いの?どうしてーーーー?!」

それほどまでに、クッション材であるズームXフォームを(13g)増やしたということです٩( ᐛ )و

よって、インヴィンシブルラン2になり、13g重くなってはいるものの、

  • フィット性=軽さ
  • 爆発的なリターン率を誇るフォーム材を増やす=足離れが良くなる

の2つが合わさり、前作よりも軽く感じるということです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

4.カーボンプレートは入っていますか?

カーボン(ナイロン)プレートは、入っていません!

その代わりに、”これでもか”ってくらいにナイキ史上最高のエネルギーリターンを誇る【ズームX】をミッドソールに使用しています◎

その大容量の【ズームX】のお陰で、幅広の接地面で安定感が生まれ、、、。

そして、フワモチなクッションにより、気持ちの良いライド感も演出してくれる中毒性の高いシューズなんです♪

【まとめ】インヴィンシブルラン2を履いて走ってみた素直な感想は?

今回は、ナイキのインヴィンシブルラン2を徹底比較レビューしてきました。

  • 税込価格22,000円
  • 田舎のスポーツ店には”絶対”置かないシューズ(試着ができない)

という高い壁があり、なかなか心の底からオススメすることはできません!

しかし、日々のランニング(日々の生活)に対する”モチベーションの維持”には、うってつけの1足になります◎

  • “ブァンブァンと跳ねる”
  • 主張強めなイカついシューズ

ナイキのインヴィンシブルラン2を購入するか否かで悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね✌︎(‘ω’✌︎ )

タイトルとURLをコピーしました