ナイキのペガサスターボネクストネイチャーは、ジョグ用シューズだ!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

こんなことで悩んでいませんか?

「ナイキの新作モデル『ペガサスターボネクストネイチャー』ってどんなシューズなの?」

ファン待望のシューズが、サスティナブルなシューズに生まれ変わり(約3年ぶりに)復活。

そりゃーランナーの皆さんは、気になって気になってしょうがないですよね?

シューズを購入するときは、必ず試着してからと決めてはいるものの、田舎のスポーツ店での(ネイチャーの)販売は皆無に等しい、、、そのため、一か八か購入しました✌︎(‘ω’✌︎ )

そこで、今回の記事は「ペガサスターボネクストネイチャーってどんなシューズなの?」についてお答えしていきます♪

早速、結論。

前作モデル(ペガサスターボ1.2)とは、全くの別物の”重めなジョグシューズ”です。

そんな前作モデルとは、全くの別物である『ペガサスターボネクストネイチャー』について深掘りしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね‼︎

スポンサーリンク

ペガサスターボ2とペガサスターボネクストネイチャーを徹底比較!

重さはどっちが軽いの?

こちらは、前作モデルの「ペガサスターボ2」

重さは、メンズサイズ28.0cmで228gでした。

そして、こちらが新作モデルの「ペガサスターボネクストネイチャー」

重さは、メンズサイズ28.0cmで271gと、ターボ2と比べて43gも重くなっています。

私的にペガサスターボは、軽さと反発性に優れたがシューズだと考えているため、

「あれ?重いぞ!どうした?」と、感じたのが素直な感想です。

サイズ感の違いはあるの?

早速、結論。

サイズ感は、前作モデルと0.5〜1.0cmくらい違う感覚がありますので、試着してからの購入をオススメします。

サイズ感の違いを深掘りしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

こちらは、前作モデルの「ペガサスターボ2」を履いている時の写真です。

ちなみに、私の実測値は26.0〜26.5cmで、普段27.5〜28.0cmを選んでいます。

✅ターボ2のサイズ感の特徴は、

  • つま先のあまり多少あり
  • 横幅わりと狭め
  • 甲周り狭め(レーシングシューズ並み)
  • 踵周りやや広め(抜け間を感じる方は多いかも)

そのため、つま先と踵周りの余裕度を考えると、27.5cmを選びたいのですが、横幅と甲周りがキツイため、28.0cmを選びました◎

続いて、

✅ネクストネイチャーのサイズ感の特徴は、

  • つま先のあまり多少あり
  • 横幅わりと広め
  • 甲周りかなり広め
  • 踵周りシュッとしている(ターボ2で抜け間を感じられていた方は解消されるかも)

ターボ2のフィット感を参考にネクストネイチャーもメンズサイズ28.0cmを選択。

実際に商品が届いて履いてみると「前作のターボ2に比べて横幅も甲周りもゆとりある作りになったなぁ、、、0.5cmうーん。1.0cm下げても良さそう?」と、感じたのが素直な感想です。

つまり、前作のターボ2のようなピタッとしたフィット感が好みの方は、通常サイズ通りもしくは−0.5cmを選ぶことをオススメします◎

しかし、この章の冒頭でも紹介しましたが、

店頭で試着されてからの購入を検討してみてくださいね‼︎

クッションはどちらが柔らかい?

前作モデルの「ペガサスターボ2」のズームXフォームを指で押してみると柔らかさの中に硬さを感じます。

続いて、新作モデルの「ペガサスターボネクストネイチャー」のリサイクルズームXを指で押してみると”モチッ”とした柔らかさと、指を押し返す力をものすごく感じる作りです!

何よりもの違いは、ターボ2の割れたり剥がれたりと劣化のリスクが高かった”ズームX-2層構造”のから、

ネクストネイチャーになり、”ズームX-1層構造”に変更され、

劣化のリスクはかなり低くなるだろうと予感していますね◎

つまり、柔らかくて割れたり剥がれたりする劣化のリスクも減ったのは、ネクストネイチャーのクッションでした(๑>◡<๑)‼︎

クッションの厚さは?

こちらは、前作モデルの「ペガサスターボ2」になります。

✅ターボ2の厚さは、

  • つま先(前足部)の厚さは、2.2cm
  • 踵の厚さは、3.2cm
  • 踵の出っ張りは、後ろに3.0cm

続いて、こちらが新作モデルの「ペガサスターボネクストネイチャー」です。

✅ネクストネイチャーの厚さは、

  • つま先(前足部)の厚さは、2.5cm
  • 踵の厚さは、3.5cm
  • 踵の出っ張りは、後ろに2.3cm

でした。

※なお、素人採寸ですので多少の誤差はあると思います。

しかし、明らかにネクストネイチャーの方が2mmほど厚く、後ろへの出っ張りに関しては、7mmも小さくなりました。

後ろへの出っ張りが小さくなったのと、

とんがっているのがなくなり、踵をトントンして履きやすくなったよ◎

耐久性(シューズ寿命)は?

上の章でもお伝えしましたが、ターボ2からネクストネイチャーに生まれ変わり、

  • クッション材(ズームXフォーム)
  • アッパー
  • アウトソール

特に”クッション材とアッパー”の耐久性は、格段に向上しています。

なお、アウトソールの耐久性につきましては走行距離100kmを超えたら写真と共に再度レビューいたしますので、もうしばらくお待ちくださいね!

ちなみに、

こちらが前作モデルの「ペガサスターボ2」のアウトソールになります。

そして、

こちらが新作モデルの「ペガサスターボネクストネイチャー」のアウトソールです。

「あれ?屈曲させる横線が2本ないペガサス39?」と、

感じられる方は多いと思いますね‼︎

接地面積の違いはあるの?

こちらは、前作モデルの「ペガサスターボ2」のアウトソールになります。

  • ①のつま先(前足部)の幅は、11.1cm
  • ②の踵部の幅は、8.4cm

続いて、こちらが新作モデルの「ペガサスターボネクストネイチャー」のアウトソールです。

  • ①のつま先(前足部)の幅は、11.5cm
  • ②の踵部の幅は、8.5cm

でした。

※なお、素人採寸ですので多少の誤差はあると思います。

よって、ネクストネイチャーの接地面積の方が広く、

安定感の良さを伺える作りです♪

接地感の違いはある?

接地感の違いをサクッとお伝えすると、

  • 硬い→やや柔らかさを感じながら反発→足の回転をあげ加速(ターボ2)
  • 硬い→ブワァンと柔らかいクッションでやや遅れて反発→強く踏み込んで加速(ネクストネイチャー)

足の裏の感覚をしっかり感じられるのは、前作モデルの「ペガサスターボ2」それに比べて、

柔らかさとグラつきのない安定性を感じられるのは、新作モデルの「ペガサスターボネクストネイチャー」ですね!

サイズ感同様、

好みが分かれるポイントだと感じます。

おまけ

箱もネクストネイチャーは、左のオレンジ色の箱ではなく、右の”茶色の箱”でした。

スポンサーリンク

基本情報3つ

この章では、ナイキの「ペガサスターボネクストネイチャー」を全く知らないという人のために、

  • デザイン(特徴)
  • 税込価格
  • カーボンプレートの有無

の3つの基本情報をサクッと紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

  • そんな基本情報は、どうでもいい!
  • そんなことより、履き心地(走ってみた感想)を聞かせてくれ!

という方は、▶︎こちらへ。

デザイン(特徴)

「これ、ランニングシューズ?」と、感じさせる見た目。

ナイキ史上、最高のエネルギーリターンを誇る”ズームX”だけを使用したシンプルなミッドソール。

少し見えづらいですが、黒色のワイヤーが紐を締め上げていくことで、中足部を”クッ”とフィットさせてくれる構造になっています。

内側への倒れ込み等を防止する補強材もなく、1つの素材からなるシンプルソール。(私の好きな作りの1つ)

初代ペガサスターボからのDNAを受け継ぎ、前足部にはラインがあるような気配。

そして、ナイキのスウォッシュマークが8つ連なる”リサイクルマーク♻️”

サスティナブルなシューズ(フリーラン5.0)には、必ず付いているマークです。

踵の出っ張りと、とんがりが抑えられている”ペガサス39″と似た後ろ姿。


ここからは、

前作のターボ2とも比較していくね!

ネクストネイチャーのシュータンは、完全に一体化。そして、硬くて履き口が全然広がらない作り。

甲が高い方は、サイズ選びに注意が必要です!

一方、ターボ2のシュータンは、ほとんど独立と言っていいほど分かれています。

そして、薄くて足あたりが優しいのが特徴。

ちなみに、靴紐は両者とも

これでもかってほどに”長い”です(笑)

踵上部の作りは、両者とも柔らかく補強材のないシンプルな作りです。(アキレス腱周りのストレス軽減)

一方、踵下部には、両者とも補強材が内部に埋め込まれているため、踵のフィット感とグラつきを防止しております◎

どちらかというと、

ネクストネイチャーの方が踵のフィット感はイイ‼︎

最後に、シューズの曲がり具合を見ていきます。

ネクストネイチャーは、うぅーーって力を込めて曲げようとしても、チョンってつま先部分が曲がる程度。

ネクストネイチャーでしっかり蹴れる人は、

相当な脚力のランナーだなぁ。

一方、ターボ2は、カックンって前足部あたりで曲がりやすいシューズになっています。

なんだか、2足の融合が”ペガサス39″のような気配がしてきましたね、、、。

  • 踵の出っ張りと接地面積の広いアウトソール(ネクストネイチャー)
  • 前足部がしっかり屈曲する(ターボ2)

この両者を持つのが、ペガサス39。

果たして、あなたはどれが好み?

税込価格は?

前作モデルの「ペガサスターボ2」の価格は、税込19,800円でした。

一方、新作モデルの「ペガサスターボネクストネイチャー」の価格は、税込17,600円とターボ2よりも2,200円も安くなったんです◎

環境にも配慮されたサスティナブルなシューズに加え、

2,200円も安く価格設定をしてくるナイキさん流石ですね✌︎(‘ω’✌︎ )

カーボンプレートの有無は?

ナイキの「ペガサスターボネクストネイチャー」は、前作モデルと同様で”カーボン(ナイロン)プレート”は、入っておりません!

そのため、どんな方でも楽しく走れる万能シューズだと感じますね♪

スポンサーリンク

ペガサスターボネクストネイチャーを履いてみた素直な感想は?

どんな練習で使用したい?

私がナイキの「ペガサスターボネクストネイチャー」を使用する場面は、日々のジョギングもしくは、普段履きに使用したいなぁと、思っています。

理由は、1つの素材(ズームX)からなるミッドソールと、接地面積の広いフラットソールが安定感はもちろんのこと、”クセのない走り心地”を演出してくれます。

また、ナイキらしい”イカしたデザイン”かつ、サスティナブルなシューズのため、走るだけでの使用は勿体ない‼︎

ということで、普段履きでも大活躍しそうな予感がしたからです!

どれくらいのペースで走った時が気持ちよかった?

今現在(2022.8.10)、

  • 13kmをキロ5分30〜7分00秒で1回。
  • 9kmをキロ4分20〜30秒で1回。
  • 8.5kmをキロ4分30~7分00秒で1回。

合計30.5kmと、流しを数本をアスファルトや、不整地を走ってみました。

まだ、3回しか使用していないので、参考程度になってしまいますが、

私的にはキロ4分30秒〜6分30秒くらいのペースだと気持ちよく走れる感じがしました。

つまり、万能なシューズだと言うことです。

しかし、短い距離をビューンって走りたい方は、前作のターボ2の方がオススメですね‼︎

一方、「ペガサス39がグニャグニャでなんか気持ち悪い!安定感と反発性のバランスのとれた良いシューズない?」と言う方は、ネクストネイチャーの方がオススメです♪

なお、不整地や陸上競技場などのタータンであれば

どちらもオススメできますょ(๑>◡<๑)‼︎

ロング走はできそう?

今現在(2022.8.8)、ネクストネイチャーで15km以上続けて走っていないため、断言することはできませんが、、、

確実に、20km以上のロング走(2時間以上の時間走)をするのに適したシューズです◎◎

なぜなら、クッションの嫌な沈み込みがなく、安定感に優れたシューズだからです。

また、接地面積が広いだけでなく、綺麗なフラットソールのため、クセのない走りを演出してくれるからです◎

なお、ロング走(時間走)をネクストネイチャーで行ったら、再度レビューしますので、もうしばらくお待ちくださいね!

まとめ

今回は、3年ぶりに復活したナイキの大人気シリーズ”ペガサスターボ”の「ネクストネイチャー」について徹底レビューしてきました。

まとめると、前作モデルと同じ点は【カッコ良さ(オシャレ)】と【アウトソールがフラットである】【靴紐が長い】の3つ。

それ以外は、全く別物のシューズに進化しました‼︎

比べるのであれば、ペガサスターボ2(1)ではなく、

“ペガサス39″じゃね?と、感じています。

冒頭にもお伝えしましたが、ターボ2からネクストネイチャーになり、環境にはとても優しくなったが、足には厳しく(重く)トレーニング効果の高いシューズに進化したよー!ということです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました