【オン】安定感抜群の”新型”クラウドストラトスを徹底レビューします!

オン

こんにちは、

たあしべーです。

✅こんなことで悩んでいませんか?

  • オンの”クラウドストラトス”ってどんなシューズ
  • オンの”クラウドストラトス”を購入する上で、耐久性とサイズ感が知りたい!
  • “クラウドストラトス”の使用シーンは?

このような悩みを▶︎たあしべーが1つずつ丁寧に答えていきます!

記事を読み終えた数分後には、オンの新作『クラウドストラトス』についての悩みは解決され、購入するか否かを決められます!

では、早速内容に入りますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【オン】新型クラウドストラトスの”基本情報3つ”

この章では、オンの新型『クラウドストラトス』の基本情報”3つ”を紹介します。

✅基本情報”3つ”は、

  • 新型クラウドストラトスの特徴
  • 新型クラウドストラトスの税込価格
  • 新型クラウドストラトスの重さ

こちらの”3つ”を順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

新型クラウドストラトスの”特徴”は?

1つ目は、新型『クラウドストラトス』の特徴を前作との変更点も合わせて紹介します。

✅前作との大きな変更点は、

  • ミッドソール素材に”ヘリオンスーパーフォーム”採用!
  • 2層のミッドソールの”形状”を変更!
  • アッパーに”リサイクル素材75%”使用!
  • 前足部を”幅広設計”に変更!

こちらの4つになります。

従来のオンのシューズのミッドソール構造は、1層です。

しかし、、、クラウドストラトスは軽量性ではなく”安定性”を重視し、

“2層構造”にしているんです!

✅つまり、

  • 安全・安心
  • 抜群の走行性
  • 環境に優しい

この3つの特徴があるシューズこそ、オンの新型『クラウドストラトス』です。

新型クラウドストラトスの”税込価格”は?

2つ目は、新型『クラウドストラトス』の税込価格を紹介します。

新型『クラウドストラトス』の税込価格は、前作と同様の”18,480円”です。

ここで、私の持っている”同じカテゴリー”のランニングシューズ”3足”の税込価格と比較してみますね。

✅”同じカテゴリー”の税込価格一覧

ナイキの『インヴィンシブルラン』が1番高く、サッカニーの『アクソン』が、ダントツに安いですね!

オンの新型『クラウドストラトス』は、

2番目に”高価”なランニングシューズになります。

しかし、他のランニングシューズに比べてダントツに”オシャレ”な見た目で、普段履きとしても活躍するシューズです。

さらに、安定感抜群のため、旅行や長時間ウォーキングの時にも活躍します。

よって、オンの新型『クラウドストラトス』は”高価”ではあるものの、使用シーンを選ばないコスパの良いシューズになります!

新型クラウドストラトスの”重さ”は?

3つ目は、新型『クラウドストラトス』の重さを紹介します。

新型クラウドストラトスの重さは、メンズサイズ27.5cmで303gです。

ここで、私の持っている”同じカテゴリー”のランニングシューズ”3足”の重さと比較してみますね。

ニューバランス『フレッシュフォーム1080v11』の写真

まずこちらは、ニューバランスの『フレッシュフォーム1080』になります。

メンズサイズ27.0cmで重さは269gです。

クラウドストラトスよりも、

サイズが0.5cm小さいものの、”34g”ほど軽く作られています。

ナイキ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』の重さを測定中

続いてこちらは、ナイキの『インヴィンシブルラン』になります。

メンズサイズ27.5cmで重さは292gです。

クラウドストラトスよりも、同サイズで”11g”ほど軽く作られています。

ナイキ独自の『ズームX』の”軽量性が引き立って”いますね!

サッカニー『アクソン』の写真

最後にこちらは、サッカニーの『アクソン』になります。

メンズサイズ27.5cmで重さは290gです。

やはりこちらのシューズも、

クラウドストラトスよりも、同サイズで”13g”ほど軽く作られています。

✅よって、まとめると

  • クラウドストラトス27.5cm→303g
  • フレッシュフォーム27.0cm→269g(−34g)
  • インヴィンシブルラン27.5cm→292g(−11g)
  • アクソン27.5cm→290g(−13g)

と、オンの新型『クラウドストラトス』は、”重めな”ランニングシューズということです。

しかし、ランニングシューズは”軽ければいい”というものではありません。

“目的に合ったシューズ”で”あるか否か”ということが重要

ということで、これからランニングを始められる方や、ゆっくり長ーく走りたい方にはおすすめな”安定感抜群”のシューズなのは間違いありません!

スポンサーリンク

【オン】新型クラウドストラトスの見栄えは?

この章では、オンの新型『クラウドストラトス』の見栄えを紹介します。

✅新型クラウドストラトスの

  • アッパー、ミッドソール
  • アウトソール

の見栄えを順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、この章では”ブランド独自の素材名”や、”専門的な用語”は、控えてレビューしていきます!

新型クラウドストラトスのアッパーとミッドソールの見栄えは?

1つ目は、新型クラウドストラトスのアッパーとミッドソールの見栄えを紹介します。

✅カラー展開は、

になります。

まずは、クラウドストラトスの外側からの見栄えを見ていきます。

アッパーは、リサイクル素材を75%使用しています。

フライニットのような柔らかさではなく、やや”しっかりとした素材”です。

クラウドストラトスの特徴といえば、こちらの2層構造のミッドソールです。

新型クラウドストラトスになり、穴の大きさや、配置を変えています。

外側のアッパーには、”on”と縦にデザインされております。

また、靴紐を通す最後から2番目の穴は、”on”の”o”の字になっており、細かいディテールにも拘っているのがわかります。

さらに、右足の外側にだけ、スイスの国旗がついている”オシャレ”ぶりです!

続いて、クラウドストラトスの内側を見ていきます。

外側に比べて、”シンプルな作り”になっています。

内側のミッドソールには、

足が地面に接地してから、内側に倒れ込んでしまう(オーバープロネーション)のを

抑制する作りはありません。

続いて、真上からの見栄えはこんな感じです。

一目でわかると思いますが、つま先(初め)の靴紐の通し方が特殊ですよね。

つま先から足の甲の締め付けを優しくする目的みたいなのですが、

  • 調節しにくい!
  • 紐を一度抜いたらわからない!
  • 紐の長さ調節がめんどくさい!

好きな方はいるとは思いますが、たあしべーは正直嫌いです。

標準タイプに変更して欲しいですね!

続いて、靴紐の形状は、平紐です。

“ギューっ”と締めやすく緩みにくい点はいいのですが、

締めすぎてしまうことが多いので、注意してくださいね!

“on”と”PUT ME”と書いてあります。

Google翻訳で”PUT ME”を調べたところ、『私を入れて』でした。

「ここをもって紐を通してね」

ってことですかね?

続いて、シュータンを見ていきます。

シュータンは、ペラペラではなく、肉厚でクッション性のいいものです。

この作りからも、軽さを追求したレースシューズではなく、”長い時間快適に走ること”を追求していることがわかります!

またシュータンは、最近流行りの一体型構造です。

一体化している部分の生地は、柔らかい素材を使用しており、足あたりも悪くない作りになっています。

ここの素材が固かったり大きかったりして、

少しでも違和感がある場合は、そのシューズは避けましょう!

さらに、シュータンには、靴紐を束ねて入れられる用のバンドがついています。

続いて、シューズにとって命である”踵の作り”を見ていきます。

オレンジ色の補強材があることで、踵がシュッと細くなり踵のフィット性が高まります!

フィット性が増すことで、踵のグラつきが抑えられ、”走りが安定”するんです

そもそも、安定性の良いシューズとして販売されている”クラウドストラス”(=”踵のフィット性が高い”シューズ)

とも言い換えることができるんです。

✅クラウドストラスの踵の作りについて

  • 無いよりはマシな程度
  • ※できれば外ではなく中に入れて欲しい!

※経費がかかってしまいますが、もう少しサイズを小さくして中に埋め込んで欲しいですね。

✅履き口は、アキレス腱へのストレス回避もしくは、

  • 脱ぎ履きのしやすさ
  • 足の自然な動きを制御しない作り

になっており、“柔らかい”です。

最後に、インソールを見ていきます。

ジョギング用のランニングシューズでは、非常に珍しい”取り外し不可能なタイプ”です。

取り外せないタイプのため、消臭対策は大変です!

しかし、たあしべー好みの作りになります。

✅理由は、アーチの過度な突き上げによる

  • 足の裏の疲労
  • 足の甲への圧迫感、
  • 過度な外側接地

減るからです。

以上、新型クラウドストラスのアッパーとミッドソールの見栄えでした。

新型クラウドストラトスのアウトソールの見栄えは?

2つ目は、新型『クラウドストラトス』のアウトソールの見栄えを紹介します。(※使用後の写真となっています)

“ボコボコ”のブロック状のアウトソールがオンのランニングシューズの特徴です。

その上に、

  • 耐摩耗性が良く
  • グリップ性の高い

黒いラバーが、つま先と外側、踵に貼られています。

オンのランニングシューズは、クラウドストラトスが初めてなのですが、

雨で濡れた路面や白線の上など”滑りやすい場所でもしっかりグリップ”します。

  • 【メリット】地面をしっかり捉えられる
  • 【デメリット】ブレーキをかけてしまう

また、アウトソールの真ん中には、オレンジ色の硬めなプレートが搭載されており、”クッションの柔”と”プレート剛”が走行性を高めているんです。

よって、クラウドストラトスは安定性抜群で、耐久性も高いシューズということです。

スポンサーリンク

【オン】新型クラウドストラトスのサイズ感は?

この章では、オンの新型『クラウドストラトス』のサイズ感を紹介します。

✅たあしべーのスペック

  • 実測値26.0cm(素足)
  • シューズサイズは27.0〜28.0cm

そんな私が今回選んだ新型『クラウドストラトス』のサイズは、メンズサイズの27.5cmです。

群馬県にオンのシューズを取り扱っている店舗が少ないため、

試着せずに購入しました。

✅チェック項目

  • オンのサイズ感は”小さめ”→27.0cmは❎
  • 新型になり”ワイド設計”→28.0cmは❎
  • 靴下は”5本指ソックスは履かない”→28.0cmは❎

このようなことを考えた結果、メンズサイズ27.5cmを選びました。

実際に商品が届き履いてみると、ジャストフィットでした。

✅よって、

  • 実測値(素足)+1.5cm
  • シューズサイズ+0.5cm

を選べば間違いありませんので、試着せずに購入する方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

✅クラウドストラトスのサイズ展開は、

になります。

【オン】新型クラウドストラトスの耐久性は?

この章では、オンの新型『クラウドストラトス』のアウトソールの耐久性を紹介します。

✅現在(2021.10.28)の走行詳細は、

おおよそ30kmほどです。

まずは、左足のつま先から見ていきます。

若干細かい”プツプツ”が削れだしているかなぁ?という程度です。

黒いラバーのないところの削れもないことから、内側に倒れ込んでいないということがわかります。

つまり、走行安定性が高いシューズということです。

続いて、左足の踵を見ていきます。

つま先と同様、大きな削れは見当たりませんね。

続いて、右足のつま先を見ていきます。

左右差は、人それぞれあるとは思いますが、ほとんど”削れたりスレたり”していません。

最後に、右足の踵を見ていきます。

私の走り方は、左の踵に比べて、右の踵の方が削れやすい特徴が在りますが、すり減っているところはありませんね!

右足のつま先(ミッドソール)が削れていました。

しかし、ミッドソールにシワはよっていません。

つまり、走行距離30km程度ではありますが、オンの新型『クラウドストラトス』のアウトソールは耐久性が高いということがわかります。

おおよそ、

600〜800kmは余裕で持ちますね!

今後、走行距離が200kmくらいになったら、再度レビューしますので、もうしばらくお待ちくださいね!

【オン】新型クラウドストラトスの”使用シーン”は?

この章では、オンの新型『クラウドストラトス』の”使用シーン”を紹介します。

✅現在(2021.10.28)の走行詳細は、

のおおよそ30kmほどです。

以上を踏まえて、

たあしべーが考える新型『クラウドストラトス』の使用シーンは、

  • ウォーキング(旅行や普段履き)◎
  • スロージョギング(会話できるペース)◎
  • イージーペース→何キロでも◯
  • マラソンペース→8kmくらいなら△
  • 閾値ペース→20分ならギリギリ△(重さがマイナス点)
  • スピード練習→不向き

となります。

2層構造のミッドソールのクッション性と、

プレートの反発性を生かして、”ビルドアップ”することは可能です。

✅しかし、新型クラウドストラトスの良さを最大限に引き出すには、

  • ゆっくり
  • きままに
  • 気持ちよく
  • オシャレに
  • 長ーく

走ったり歩いたりする時になります!

よって、“このような時”に使用したいシューズを、お探しの方は、オンの新型『クラウドストラトス』がおすすめです。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、オンの新型『クラウドストラトス』について徹底レビューしてきました。

“新型”クラウドストラトスの特徴を一言で言うと、”見た目よしの安定感抜群シューズ”

今回紹介した内容を参考にしつつ、1人でも多くの方が、

オンの新型『クラウドストラトス』で楽しく”オシャレ”に走っていただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました