【一問一答】膝が痛い時はランニング禁止なの?#3

ランニング関連

こんにちは、たあしべーです。

そろそろバレンタインDAYですね!

日本の男性陣がソワソワする時期ですかね?(笑)

✅日本に存在する”謎”のイベント

  • ハロウィン🎃
  • クリスマス🎄
  • バレンタインデー🍫
  • ホワイトデー🍫

と、私はものすごーーーーくドライな人間です(笑)

しかし、カボチャもケーキもチョコも大好きです‼︎

無駄な話は、、、この辺にして、、、。


この記事は、タイトルに対する”一問一答”をコンセプトにしています。

●タイトル→膝が痛い時はランニング禁止なの?

対する答えを”サクッ”と、私の”経験値だけ”で、物申す企画です(笑)

✅そもそもたあしべーって誰?

  • 群馬県在住
  • 30半ばのおっさん(ガッチリ体型)
  • なんちゃって医療人(クリニック勤務)
  • スポーツ経験あり(水泳8年、バスケ1年)
  • 2017年10月よりランニング開始(5年生)
  • ランニングシューズ80足以上試した‼︎
  • 日本全国47都道府県制覇🚙(グルメ優先)

▶プロフィールはこちら

ということなので、健康・ランニング・旅・グルメ関連の情報を発信していきます。

✅一問一答記事は、

  • 時間がとにかくない!
  • だらだら文字を読みたくない!
  • 問いに対する答えだけくれ!

こんな人にピッタリ‼︎

タイトルに対する答えと、答えに対する理由も合わせてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

【結論】膝が痛くても走ってオッケーです!しかし、、、。

タイトルに対する結論は、あくまでも私の考えですが、膝が痛くても走ってオッケーです!

理由は、▶︎前回の#2で紹介した膝痛(炎症)の原因が、、、

  • 骨と靱帯
  • 骨と筋肉(腱)

が、何回もこすれることで生じるからです。

つまり、“こすれない走り方”をすればいいということになります。

✅しかし、重要なのは、、、

  • 追い込む練習はダメ!
  • 走り出す前の痛みより、走行中または走り終えた後の痛みの方が上→ランニング禁止‼︎
  • 一方、走り出す前の痛みより、走行中または走り終えた後の痛みの方が下→軽めのランならOK‼︎

と、自分自身に問いかけることが大切です。

“走ってよくする!動いてよくする!”

確かに、“完全休養”することは、なによりも大切ですが、、、そこに、ひそむ”影”はハンパなく厄介なんです。

その厄介な訳を次の章でお伝えしますので、もう少しお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

【悲報】治りが遅い!治らない!あなたの行動は?【すぐ〇〇に行く】

膝痛だけに言えることではありません!

治りが遅く、そもそも治らない!そんなあなたの間違った行動は、【すぐ病院(クリニック)に行く】です。

「えっ?たあしべーさんって整形外科クリニック勤めですよね?
普通来てください!じゃないんですか?」

逆です。

5年整形外科で働いてるからこそ言えます。(1年違う整形外科でバイトもしてます)

  • 完全休養を促す!
  • 根本原因を教えてくれない!(そもそもわからない!)
  • “薬・注射・リハビリ”の重ね技で、何で良くなっているかわからない(笑)
  • “一時的に”痛みを取り除くだけで、家に帰ったらまた再発です(リピートを確保するため、しょうがないのかなぁ?)
  • ぶっちゃけ、ランナー(スポーツ経験者、関係者)の方が、ドクターより詳しい!

こんな理由から、【すぐ病院(クリニック)に行く】のは、とても危険な行動なんです‼︎

痛みはチャンスです!せっかく、あなたの弱いところを教えてくれているんですから。

カラダのことに徐々に詳しくなり、まずは自己ケアを徹底する!

もし、それでもダメなら、、、ランナーのケアに特化している”整骨院”を選ぶことをおすすめします。

以上。

整形外科にてレントゲンを毎日パシャパシャ5年間撮っている

たあしべーからのメッセージでした( ✌︎’ω’)✌︎

スポンサーリンク

まとめ

●タイトル→膝が痛い時はランニング禁止なの?

に対する答えは、、、

もちろん、休むことは大切です!

しかし、以下の重要なことを守りつつ、走りながら治すのも1つの手です。

✅重要なこととは?

  • 追い込む練習はダメ!
  • 走り出す前の痛みより、走行中または走り終えた後の痛みの方が上→ランニング禁止‼︎
  • 一方、走り出す前の痛みより、走行中または走り終えた後の痛みの方が下→軽めのランならOK‼︎

です。

痛みが出たからといって、すぐ病院に行くのではなく、

“自分自身で模索する”ことこそランニング(趣味)の楽しみ(醍醐味)ではないでしょうか?

結局のところ、脳をだませばどうにかなります(笑)

たとえば、「あれ?膝痛いんだっけ?いや、痛くねーし!」と、

問いかけながら走ってみてください!

案外痛みが減りますよ(笑)

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました