【ラン日誌】ぐんまマラソン最新情報紹介と本番までの過ごし方を考えてみた!

マラソン練習

こんにちは、たあべーです。

ぐんまマラソン本番まで、残り24日。

緊張というよりかは、”ワクワクドキドキ”でいっぱいです。あと、スタートしたら感極まって泣く可能性大です(笑)

✅今回の記事内容は、

  • ぐんまマラソンの最新情報を調べてみた!
  • レース本番までの過ごし方を考えてみた!
  • 2021.10.10の練習内容を報告します!

の3つになります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【2021.10.10】ぐんまマラソンの最新情報は?

2021.11.3開催予定の『ぐんまマラソン』の最新情報を調べてみましたので、報告します。

2021.10.5のお知らせ!

https://www.g-marathon.com/info/エイド(給食所)へのご提供のご紹介/

2021.10.5に、エイドステーションでの”給食”についてのお知らせがありました。

新型コロナウィルス感染予防対策のため、”個包装”の食品のみの提供のようです。

  • 塩アメ
  • 梅しば
  • チョコ

できれば、「まんじゅうとバナナ欲しかったなぁ」と欲が出てしまいますが、開催してくれることだけでありがたいことです!

塩アメは確実に頂こうと思います。

2021.10.8のお知らせ!

https://www.g-marathon.com/info/入賞賞品ご提供のご紹介/

2021.10.8に、入賞賞品についてのお知らせがありました。

開催するまでに、”どれだけ投資”したかわかりませんが、賞品まで出るとは”ぐんまマラソン本部さすが”ですね!

しかし、ぐんまマラソンの公式サイトには「ぐんまマラソン開催決定!!」という記事はありません。

地元の新聞には、当日(2021.11.3)の交通規制についての案内が出ていたので、開催すると思います。

一度はっきりと『みなさん!ついにコロナ禍でのマラソン大会開催決定です!」という報告が欲しいです。

スポンサーリンク

【検討】フルマラソン本番までの過ごし方はどうする?

今回は、元帰宅部の本気【The VO2 MAX RUN】さんのこちらの動画を参考に”フルマラソン本番までの過ごし方”を考えてみました。

✅”裏技10″のうちこちらの

  1. 大会前の日は、動かない!
  2. レース前はサンダルを履かない!
  3. スタート前まで食べ続ける!
  4. ウォーターローディングについて
  5. 本番10日前から練習強度を落とす!
  6. ウォーミングアップやストレッチをしない!
  7. ペーサーについていかない!

の7つについて考えてみました。

順番に、”私の過ごし方”を添えながら紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

検討① 大会前の日は、動かない!

『マラソン大会の前の日は、ベットの上から動かない!』

こんなことができたらやってみたいですが、ぐんまマラソンの前の日は”半日勤務”です。

仕事を終えて家に帰ったら、”なるべく”なにもせずに、早く寝ようと考えています。

検討② レース前はサンダルを履かない!

『レース前は絶対にサンダルを履かない!』

サンダルの場合、足指を酷使してしまい”ふくらはぎや土踏まず”のような小さな筋肉が疲弊してしまうからです。

✅小さな筋肉を多用してしまうと、

「小さな筋肉に刺激が入ると、レースでも小さな筋肉を優位に使って走ってしまうなぁ」

「小さな筋肉は、エネルギー切れが早いから足が売り切れてしまうなぁ」

✅一方、小さな筋肉を多用しないと、

「大きな筋肉(お尻や腿裏など)を優位に使ってくれよ!と脳に事前に伝えてられるなぁ!」

「つまり、大きな筋肉を優位に使えば、エネルギー切れを起こしにくく、最後まで走れるってことか!」

✅大会当日は、

  • 朝の散歩もランニングシューズ
  • 現地に向かう時もランニングシューズ
  • レース後にサンダルに履き替える

にしてみようと考えています。

ということは、「夜ランするときは普段の仕事も靴がいいのか?」

検討③ スタート前まで食べ続ける!

「ゴールタイムの5時間前まで食べ続ける」

✅フルマラソン5時間で完走する方

  • スタート直前もしくは、食べながらスタート!

✅フルマラソン4時間で完走する方

  • スタート1時間前まで食べ続ける

✅フルマラソン3時間で完走する方

  • スタート2時間前まで食べ続ける

ということです。

  • ぐんまマラソンは、9:00スタート
  • 目標タイムは、3時間1桁

つまり、朝起きてから7時くらいまでは食べ続けるということですね。

消化のいいもの(柔らかいご飯や餅など)を食べてみようと考えています。

検討④ ウォーターローディングについて

『水ではなく経口補水液で行う!』

いままで、フルマラソンレースは5回出場しています。

しかし、”水”でのウォーターローディングつまり、溜め込みはしたことないですね。

経口補水液では何度かしたこともあり、走行中も必ず摂取していたので、④はめちゃくちゃ納得します!

  • 練習前
  • 練習中
  • 練習後
  • 就寝前

に、少量を回数多めに摂取することが大切みたいです。

また、一緒にBCAA(アミノ酸)も摂取すると尚更効果あるみたいですが、割高なので今回は経口補水液のみで行います。

2021.10.10の夜から、OS-1をちびちび飲んでいますので、何かカラダの変化を感じましたらお伝えしますね!

検討⑤ 本番10日前から練習強度を落とす!

『レース10日前からは、ジョギング程度にとどめる!』

もしくは、軽い筋トレを行うようにしましょう。

そのため、ぐんまマラソン本番10日前の練習メニューをいくつか更新してみました。

  • 24日キロ5分10秒ペース→ペース自由に変更
  • 26日Eジョグ→ジョグに変更
  • 27日閾値走→ジョグ

予定ですので、基本本番10日前は”自分のカラダ”に常に問いかけながら、無理なく走っていこうと考えています!

検討⑥ ウォーミングアップやストレッチをしない!

『ウォーミングアップやストレッチをしない!』

ミリ単位で体力を削ることを避けたいからです。

体力を削らないために、”スタート〜5km”をウォーミングアップかつストレッチにしましょう!

✅理想は、

  • スタート〜30km リラックスジョグ感覚
  • 30〜35km ちょい頑張るジョグ
  • 35〜40km 頑張るジョグ
  • 40km〜ゴール 出し切る

「30kmまでアップ、そこからの12kmがいよいよレーススタート!」という感覚を持っていきたいですね。

アップやストレッチをするのであれば、朝起きて熱々のシャワーを浴び、”カラダの外から内まで”起こすことが大切みたいですよ!

検討⑦ ペーサーについていかない!

『ペーサーに無理についていかない!』

理由は、前半突っ込む方(ポジティブスプリット)が多いからです。

目標タイムより”遥かに走力のある方”であれば問題ないのですが、いきなり”自らのマラソンペース”で突っ込むのは大変危険です!

以前、ペーサーさんの”真後ろ”について走った経験があります。

そのときは、”前半からペースを上げて先に貯金する形でした。

よって、大変おこがましいですが、、、。

レース本番は”自分に合った”ペース集団の”真ん中もしくは後方”からスタートして温存しながらレースを組み立てていきたいです!

スポンサーリンク

2021.10.10は、愛犬『ロト』とジョギングで休憩だよ!

 

久々に、愛犬『ロト』とスロージョギング。

疲労抜き目的で、キロ6分30秒で5kmほど走ってきました。

スロージョギングの後に、Garminのインターバル設定に”0.05″つまり、50mがあったので10本走ってみました。

✅50m×10本(休憩5秒)

  • 10〜12秒

「えっ?50m10秒切れないの俺…。」と結構ショックです(泣)これ本当か?

「休憩5秒は、さすがにしんどかったなぁ」次は、10秒にしてやってみよう!

みなさんも50m走やってみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました