nike

シューズ関連

万能シューズ代表のペガサス38とフューエルセルプリズムv2を徹底比較してみます!

今回はナイキ『ペガサス38』とニューバランス『プリズムv2』の万能シューズを徹底比較していきます。 ナイキのペガサスシリーズは"40年の歴史"があるランニングシューズのトップに君臨している王様です(笑) 一方のプリズムシリーズは2年という短い歴史ですが、さすがはニューバランスです。真っ向勝負してきています!今回の記事を読めば、ペガサスとプリズムのどちらが自分に合っているかわかりますよ!
シューズ関連

ナイキのペガサス38を買う前に感じたことと実際に走ってみた後に感じたことを答え合わせしてみました!

今回は、ペガサス38を購入し走行してみて以前書いた『【ナイキ】エアズーム ペガサス37と38 購入しない理由3つを紹介!』の答え合わせをしていきます。 結論から伝えますと、思っていたシューズとは異なる点がたくさんありました! ペガサス38を購入するか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
シューズ関連

【ナイキ】エアズームペガサス38をついに購入したので、早速徹底レビューしてみます!

今回はナイキ『エアズームペガサス38』についての記事です。ペガサス36以来購入していなかった理由も以前にお伝えしたのですが、「やっぱり!ペガサスが欲しい!」という気持ちに負けて購入しました。 果たして、私が思うペガサス像になっているのか?それともペガサス36のような万能シューズなのか?徹底比較レビューしていきますので、参考にしてみてくださいね!
スポンサーリンク
RUN関連

ナイキのエアズームペガサス37が激安!禁断のワイド幅を試着してみた結果を報告します!

今回はナイキの大人気ランニングシューズ『エアズームペガサス』今現在(2021.6.8)新作はペガサス38。そのため、旧作の37が半値近くで売られています。どうしてもフィット感が36から落ちてしまいペガサスを購入していません。そこで、ダメ元でワイド幅に挑戦してみたので結果をレビューします!
シューズ関連

ナイキの怪我ゼロシューズ”ズームXインヴィンシブルランフライニット”を徹底レビューします!

今回はナイキ(NIKE)の怪我ゼロを目指すために開発されたランニングシューズ『ズームX インヴィンシブル ラン FK』を紹介していきます。 同じプロジェクトで開発されたインフィニティ ランと見栄えや履き心地などを比較しながら、レビューしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
RUN関連

【ナイキ】エアズームペガサス37と38を購入しない理由3つを紹介します!

今回はナイキのランニングシューズで1番歴史のある『エアズームペガサス』についての記事になります。今回の質問は「なぜ、たあしべーさんは『エアズームペガサス37と38を購入しないのか?」です。私への問いかけを私自身が答えていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
シューズ関連

ナイキ怪我ゼロプロジェクト”リアクトインフィニティランを徹底レビュー!どんな靴でも無理をすれば怪我をする!

今回のブログは、今一番勢いのあるランニングシューズメーカー【ナイキ/NIKE】さんの『リアクトインフィニティラン』を今更ながら旧作を徹底レビューします!本当にケガゼロなのか?いえ、下手したら疲労骨折しますよ!他では得られない情報を提供できると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
シューズ関連

ナイキのコスパ最高シューズ”ズームライバルフライ2″を新旧比較レビューします!

今回はランニングシューズ業界の火付け役である【ナイキ/NIKE】"ズームライバルフライ2"を今更ながらレビューしていきます。このシューズは、部活動をされている方はもちろん、ランニングに少し慣れてきた方におすすめなシューズなんです!コスパ最高シューズですので、今回の記事を参考にしてみてくださいね。
シューズ関連

ナイキの隠れた名作でファンの多い”オデッセイリアクト”を徹底レビューします!

今回は、今更になるのですがナイキ『オデッセイリアクト』を徹底レビューしていきます。オデッセイリアクトは、今現在廃盤になってしまって再販を信じているランナーは多いと思います。その中の一人である私が一生懸命にオデッセイリアクトを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
シューズ関連

ナイキのカーボン搭載シューズ”ズームフライ3″を徹底レビュー!別名”ヴェイパーフライ1%”の威力は?

今回の記事は、今ランニングシューズ界を沸かせているナイキの厚底。 その厚底シューズの二大巨頭である『ズームフライ3』を購入し100k以上をさ"まざまなペース"で走ってみたので『簡単に走行レビュー』をしていきます。 ぜひ参考にしつつ、スピード感あふれるランニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク