1万円以下のコスパ最高のおすすめランニングシューズを4足厳選しましたので、紹介します!

RUN関連

こんにちは、たあしべーです。

今回は、こんな悩みを持つ方が訪れてきました。

30分を目標に週2〜3回走っているのですが、継続できるのか不安なので…1万円以下のおすすめのランニングシューズを教えて欲しい!

こんなことで悩んだ経験ないですか?

ちなみに、私も長距離を走るのが苦手で走り始めた当初は、同じことを考えていました。

何度も走る癖をつけようとしたが、1ヶ月も続かず挫折するを繰り返していたので、最初にかかるシューズ代金はなるべく安くおさめたいですよね。

このような悩みをたあしべーが解決します。

「ところで、たあしべーって誰?」

という方は、こちらをお読みください。

✅先に結論をお伝えしちゃいます!

こちらの4足はもちろん1万円以下で購入することができるコスパ最高のシューズです。

なんと、中には2,000円以下のシューズもあります。

こちらの4足を”1足ずつ安い順に紹介”していきますので、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

1万以下のコスパ最高シューズ①『ワークマン ハイバウスドリブンソール』

ワークマン『ハイバウスドリブンソール』の写真

まず最初に紹介する1万円以下のランニングシューズは、ワークマンの『ハイバウス ドリブンソールになります。

こちらのシューズの特徴は、なんと言っても価格の安さです!

なんと、税込価格1,900円と1万円あれば5足買えます!

✅シューズの特徴3つ

  • 厚底なのに安い
  • 安定感がある
  • 耐久性抜群

こちらのシューズのことをもっと詳しく知りたいなと思った方は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

1万以下のコスパ最高シューズ②『サッカニー アクソン』

サッカニー『アクソン』の写真

次に紹介する1万円以下のランニングシューズは、サッカニーの『アクソンになります。

サッカニー独自のフィット性と勝手に前へ進むアシスト機能が優れているシューズになります!

この見栄えと機能美で、税込み価格7,590円と1万円出せばお釣りが2,000円以上返ってくるんです。

✅シューズの特徴4つ

  • 安定感が高い
  • フィット感良し
  • 勝手に前へ転がる形状
  • クッションが柔らかすぎない

こちらのシューズのことをもっと詳しく知りたいなと思った方は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

1万以下のコスパ最高シューズ③『ナイキ ライバルフライ2』

ナイキ『ライバルフライ2』の写真

続いて紹介する1万円以下のランニングシューズは、ナイキの『ズーム ライバルフライ2になります。

ナイキのシューズは高いイメージですよね。

しかし、こちらのシューズの税込み価格は9,350円になります。

✅シューズの特徴4つ

  • 踵のフィット性抜群
  • 全体的にフィット感がある
  • 軽い
  • ※価格落ちしやすい

※次から次に新しいカラーが登場するので、価格落ちしやすい特徴があります。

こちらのシューズのことをもっと詳しく知りたいなと思った方は、こちらをご覧ください。

1万以下のコスパ最高シューズ④『サッカニー キンバラ12』

サッカニー『キンバラ12』の写真

最後に紹介する1万円以下のランニングシューズは、サッカニーの『キンバラ12になります。

一度足を入れたら買わずにはいられないフィット性。

それに加えて、このカラーリング…走らざるを得ないですよね!

こちらのシューズの税込み価格は、9,790円になります。今回紹介する中では1番高いシューズです。

✅シューズの特徴3つ

  • フィット性抜群
  • 軽い
  • 12代目という信頼感

こちらのシューズのことをもっと詳しく知りたいなと思った方は、こちらをご覧ください。

まとめ

今回は、走り始めたはいいものの、継続できるのか不安な方へ向けて、1万円以下のおすすめなランニングシューズ4足を紹介してきました。

✅その4足はこちら

この金額であれば、もし走らなくなったとしてもそんなにショックを受けませんよね?

しかも、今回紹介した4足は普段履きとしても活躍するシーンが多いシューズを選んでいます。

そのため、全く使わなくなるということはありませんので、あなたに損はさせないと思います。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメント