彩湖・渡良瀬遊水地マラソン大会の結果を報告します!

大会レポート

こんにちは、たあしべーです。

ランナーの皆さん、

コロナ禍で大会が軒並みに開催中止になり、走るモチベーションがガタ落ちなんですけど、、、
「フルマラソンやハーフマラソンに挑戦してみよう!」と思っているが、練習で距離を踏めない、、、どうしよう…。

という方の悩みをたあしべーが解決します!

🟢今回の記事内容は、

  • 2022.2.19→第14回スポーツメイトラン彩湖マラソン大会(30km)
  • 2022.2.23→第4回スポーツメイトラン渡良瀬遊水地マラソン大会(ハーフ)

の2つの大会を簡単にレビューしていきます。

🟢レビュー内容は、

  • エントリー料金
  • 大会の雰囲気
  • 大会結果
  • 感想

の4つを写真と共に”サクッ”と報告していきますね!

コロナ禍でエントリー貧乏(大会ガチャ)な方や、「何をモチベーションにして走ればいいのぉ?」と思っている方はいませんか?

そんな方におすすめな記事になっていますので、記事を参考にしつつ、楽しく走れる人が増えれば光栄です!

では、早速内容に移りまーす♪

スポンサーリンク

彩湖(さいこ)マラソン大会をレビューします!

この章では、2022.2.19(土)に開催された『▶︎第14回 スポーツメイトラン 彩湖マラソン大会』についてレビューしていきます。

🟢レビュー内容は、

  • エントリー料金
  • 大会の雰囲気
  • 大会結果
  • 感想

の4つになります。

それぞれ順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【エントリー料金】安くて、コスパ最高!

彩湖マラソン大会のエントリー料金は、”良心的”です。その理由を順番に紹介していきますね!

彩湖マラソン大会のエントリー料金は、以下になります。

✅ピックアップすると、

  • フルマラソン→5,000円
  • 30km→4,500円(私は30kmにエントリー)
  • ハーフマラソン→4,000円
  • 10km→3,500円
  • 5km→3,000円

と、比較的安いと感じるのは私だけですかね?(なお、手数料が238円かかり4,738円でした)

おそらく、その理由は”大規模大会”へのエントリー(20,000円近くのエントリー費)が続いており、

「5,000円以下で、大会の雰囲気を味わえて、記録証も”その場で発行”してくれるの?」

「コスパ最高じゃん‼︎」と、感じたからだと思います。

受付会場である『彩湖道満(どうまん)グリーンパーク(多目的広場)』にて、受付を済ませると、、、

“比較的安い”と感じていたエントリー費は、一瞬で”めちゃくちゃコスパ良くて最高な大会”に変わりました(笑)

その理由は、

レッドブルをくれるからです‼︎

「えっ?それだけのことで?」と、思われる方は多いですよね?

しかし、私は大のエナジードリンク好きなのですごーーーーく嬉しい特典なんです٩( ᐛ )و

これで、手数料分(238円)は浮きましたね!

コロナ禍のため、あまり勧めることはできないものの、(株)モンテローザグループの割引き券ももらえます。

私は元々お酒を呑まないので、居酒屋にご飯でも食べに行ってみようかなぁ?と思っています!(できればファストフード店がいいなぁ)

エントリーはこちらから☞

以上。

【大会の雰囲気】周回コースでも景観がいいので、飽きない‼︎

群馬県の田舎に住んでいる私からすると、彩湖のようなランニングコースが近くにある人が羨ましすぎます‼︎

雰囲気と言っていいのかわかりませんが、、、一周5kmちょっとのコースを

  • フルマラソンなら8周
  • (私が出場した)30kmなら6周
  • ハーフマラソンなら4周

グルグルと周ります。

「なんか飽きそうだなぁ、、、?」と、思いませんか?

しかし、辺りを見渡せば景観がよくリフレッシュ効果をもたらしてくれたり、”いい意味で”集中しすぎることなく走れたりするので、全く飽きませんでした!

フルマラソンを走っている方や、ハーフマラソンや10kmのレースをものすごいスピードで走っていく方の表情や、シューズなど観察できるのも楽しかったです。

「小規模だけど、十分”大会”を感じられるいい雰囲気だなぁ」と終始感じながら、走れました◎

30kmのレースは、予定通り10時にスタートいたしました。(こじんまりとした”シンプル”なスタート)

なお、スタート位置は、”START”と書かれた小さめな”赤い旗”があるだけです(笑)

彩湖マラソン大会に”初”参加される方は、事前にスタートラインを確認しましょうね!

  • 私「スタート位置はどこですか?」
  • スタッフの方「あそこの赤い旗のところです!」
  • 私「どっち方面に向かうんですか?」
  • スタッフの方「あっちです→」

と、初出場だった私は受付後に確認しました◎

  • 「周回コース?飽きそうじゃん?」
  • 「マラソン大会感あんの?」
  • 「周回コースなら地元にもあるからなぁ」

こんなことを考えている方(私も出場するまではそう考えていました)は、一度エントリーしてみてはいかがでしょうか。

きっと、あなたも私と同様”どハマ”りしますから(笑)

【大会結果】予定より速く走れちゃった!

スタート1時間前くらいに到着し、

サッカニーの『エンドロフィンシフト』を履いて、準備運動&アップジョグ2kmちょい行いました。

ガーミンのデータ写真からもわかるように、受付会場の横には”芝生”と”タータン風なグラウンド”があり、そこで2kmほど走ったり歩いたりしていました◎

アップジョグするのには最適な場所が近くにあるは嬉しいですね!(特に芝生)

1km目は、ゆっくりカラダ全体を温めるイメージで走りました。

そこから、レースペースとされるキロ4分前半まで上げて1km走り終了。(30kmなので前半アップ感覚で走るから少なめでOK)

シューズをサッカニーの『エンドロフィンスピード2』に履き替え、

動的ストレッチを行い、スタート地点へ。

10分くらい待機してから、いよいよ30kmスタート‼︎


果たして、30kmのレース結果は?

なんと、ハーフ&30kmの自己ベスト更新‼︎

まさかサブ3ペース(キロ4分14秒)で、体力を残して走り切れるとは思ってもいなかったです◎

1〜10kmのラップ詳細は、こんな感じです。

1周目の1〜5km目は、コースを確認するためおおよそキロ4分20〜30秒ペース走られている方につかせていただきました(感謝)

そこから、6〜10kmはコースもしることができ、自分のペースを坦々と刻みました。

大きなアップダウンは、1周(5km)する中に”3箇所”ありましたね!

その他は、小刻みにアップダウンはあるものの、フラットな路面で、とても走りやすいコースでした◎

そして、11〜20kmのラップはこんな感じです。

徐々にペースアップしています。

もう少し抑えて走るつもりでしたが、時計を見ずに”気持ちよくリラックス”して走った結果です◎◎

改めてラップを見ると、アップダウンをうまく使って、「綺麗にイーブンぺースを刻めているなぁ♪」と自画自賛(笑)

最後の21〜30kmのラップは、こんな感じです。

予定通りラスト10kmは、ビルドアップしています。

キロ4分00秒〜4分10秒くらいで走破できました◎◎

25km地点で「うん?足が急に重くなったぞ、、、」と感じました。

しかし、「そんなことはない!気のせい気のせい!」と開き直ってやりました。そしたら、足取りもよくなり30kmを難なく完走👏


ゴール後に”完走証(その場で印刷)“を受け取り、

結果、、、なんと34人中2位でした◎◎

2位になったことよりも”34人”しかエントリーしていない規模の小ささにビックリしました‼︎

  • 1周目(5km)→21分59秒
  • 2周目(5km)→21分32秒(前ラップ−27秒)
  • 3周目(5km)→21分23秒(前ラップ−9秒)
  • 4周目(5km)→21分13秒(前ラップ−10秒)
  • 5周目(5km)→20分48秒(前ラップ−25秒)
  • 6周目(5km)→20分26秒(前ラップ−22秒)

と、5km毎にラップを計測しているのは、とてもありがたいです‼︎(後からフィードバックしやすい)

1周目→6周目(ラスト)までに”1分23秒/5km”のペースアップに成功◎◎

しかし、目標は”キロ4分25〜27秒ペース”に対して、結果は”キロ4分14秒ペース”と、”11〜13秒”速かったんですが良しとします◎◎

おそらく、時間走(距離走)をとり入れたことと、朝ランをルーチン化したことが要因でしょうね。

しかも、予定通り”ネガティブスプリット”達成で、とても満足なたあしべーでした♪


さらに、、、2位に入賞したため、

今治タオルをもらえました。なんだかんだタオルもしくはTシャツをもらえるのが1番嬉しい‼︎

普段使いできるから、本当にありがたいです。

以上。

【感想】旅感覚と大会の雰囲気も感じられる最高な環境‼︎

🟢冒頭でお伝えしましたが、

コロナ禍でエントリー貧乏(大会ガチャ)な方や、「何をモチベーションにして走ればいいのぉ?」と思っている方はいませんか?

そんな方は、彩湖マラソン大会に出場するべきです。

もう少し深掘りしますと、コロナ禍だからとか関係なく、

  • 大事なレース前の”ポイント練習”がなかなかうまくいかない方
  • “初めて”のマラソン大会(ハーフの制限時間は、なんと5時間です)をお探しの方
  • 冒頭でお伝えした”モチベーション維持が大変だよー!”という方

は、”迷いなく”彩湖マラソン大会に”出場”することをおすすめします。

今回(2022.2.19)、初めて”小規模大会”に出場してみました。

見事に、、、スポーツメイトさんが主催する大会に”どハマり”しました◎◎

そのため、こちらのポイントカードを貯める楽しさを味わいたいと思っています(笑)

とりあえず、次回(2022.2.23の渡良瀬遊水地マラソン大会)で、”参加特典あり”みたいです(嬉)

これからも、モチベーション維持(色んなランニングシューズを試す場所)や、1人で行うのは”キツイ練習”の代わりに、参加し続けようと考えています♪

エントリーはこちらから☞

【おまけ】30kmのレース後の食事は?

30kmを快走した後は、

久々に食べたくなった伝説のすた丼屋の『すた丼 肉飯増し』を食べて、ニンニクパワーで超回復‼︎

何年ぶりだろう?変わらないうまさでした◎

大会に参加し、たらふく飯を食べてスポーツショップに寄って帰る、、、幸せすぎます✌︎(‘ω’✌︎ )‼︎


🟢伝説のすた丼屋(埼大通り店)詳細情報

  • 【住所】〒338-0825 埼玉県さいたま市桜区下大久保954
  • 【営業時間】11時00分~20時00分
  • 【電話番号】048-711-3908
  • 【彩湖からの距離(所要時間)】4.6㎞(15分)
  • 【公式サイト】▶︎伝説のすた丼屋

スポンサーリンク

渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)マラソン大会をレビューします!

この章では、2022.2.23(水)に開催された『▶︎第4回 スポーツメイトラン 渡良瀬遊水地マラソン大会』についてレビューしていきます。

🟢レビュー内容は、

  • エントリー料金
  • 大会の雰囲気
  • 大会結果
  • 感想

の4つになります。

それぞれ順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【エントリー料金】エントリー貧乏者に優しい価格帯!

渡良瀬遊水地マラソンのエントリー料金は、彩湖マラソンと同様、とても”良心的”です。その理由を順番に紹介していきますね!

渡良瀬遊水地マラソン大会のエントリー料金は、以下になります。

✅ピックアップすると、

  • フルマラソン→5,000円
  • ハーフマラソン→4,000円
  • 10km→3,500円
  • 5km→3,000円

※渡良瀬遊水地マラソンは、30kmの部はありません。

と、比較的安いと感じるのは私だけですかね?(なお、手数料が212円かかり4,212円でした)

スポーツメイトランの大会といえば、”レッドブル”

渡良瀬遊水地マラソン大会でももらえました◎(味とサイズが違うが、、、)

彩湖マラソン大会と同様、手数料分は浮いたなぁ!とニヤリ(笑)

4,000円でこんなに楽しめるなら、何回でも出たいって思える大会ですので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

エントリーはこちらから☞

【大会の雰囲気】彩湖マラソンより規模が大きくて、大会感がある!

渡良瀬遊水地は、栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県の4つの県境に位置しています。

しかも、写真で見てわかるように”ハート形”なんです。(恋人の聖地)

このハート形の遊水地周り(5km)をグルグル周回するコースになっています。

こんな所にもハート。

駐車場から受付会場へ向かう橋の上からの景色は最高です。

手首につける計測チップを受け取ります。

部門別に受付場所はことなりますので、案内に従ってくださいね!

また、手首につけるタイプ(少し付けづらい)ですので、腕振り時に外れやすいため、注意が必要!(途中で落とした方が居て、タイム計測されていなかったので)

彩湖マラソン大会には、なかった”出店”がありました◎

掘り出し物のランニングシューズや、ウエアが見つかるかもです。

受付場所の近くに着替える場所と、荷物預かり場所がありました。

しかし、自家用車で来ていたため、使用しませんでした。(車の鍵や、スタート直前までカラダを冷やしたくない方は、あずけることをおすすめします)

スタート(ゴール)地点には、彩湖マラソン大会と同様、”赤い旗”が立っています。

しかし、ハーフ・10km共にスタート位置が会場から離れているため、注意が必要!

事前にスタート位置を確認することをおすすめします。

会場近くにトイレあります。数は多くないので、早め早めの行動をおすすめします!

彩湖マラソン大会より、立地条件(交通の便がいい)のと、

駐車場が無料なため、参加人数が多い印象です。

大会感を感じたい方は、渡良瀬遊水地マラソン大会の方がおすすめ!

以上。

【大会結果】強風の中、粘れた走りができたぞ!

記事が長くなってきているので、サクッと大会結果を報告します。

余裕を持って出発しているのに、現地に着いてから慌ただしく準備してスタート地点へ(泣笑)

  • 動的ストレッチ少々
  • アップジョグ少々
  • 流し3〜4本
  • もう一度、かるーく動的ストレッチ
  • スタート

しかし、結果は、、、

彩湖マラソン大会の30km後半に出したベストタイムを4分30秒ほど短縮し、”1時間23分30秒”で完走できました◎◎

ついに、ハーフをキロ3分57秒で走破できるカラダになりました!

ラップ詳細は、こんな感じです。

  • 1〜3kmは、突っ込まない!
  • 4〜19kmは、冷静かつ大胆に!
  • ラスト2kmは、出し切る!

を、意識して走りました。

目標は、「キロ4ペース(1時間25分台)で走破したい!」と、考えていたので、突風の中なのに上出来すぎます◎

計測された記録は、1時間23分22秒でした。順位は、128人中”10位”

まだまだ上はいますが、サブ3も見えてきた走りではないでしょうか。

走り終えてみて、「マラソンはメンタルスポーツだなぁ」と、改めて実感しました。

走りながら、何度も「笑顔笑顔ー♪」「いいよー自分!走れてる走れてる!」「風を感じろー!楽しんだ者勝ちやー!」と、鼓舞していました。

走行距離も筋トレもストレッチもダイエットも大切ですが、自分を信じることが快走につながります。

「走るのって楽しい!」と、感じるためにも小規模大会への参加をおすすめします(๑>◡<๑)

ちなみに、選んだシューズは?

予定通りナイキの『ズームフライ4』です。

後ほど、レビューする予定ですので、もうしばらくお待ちくださいね!

レースシューズ(スピードを求めるシューズ)は、

シンプルな色より派手な色の方がモチベーション上がりますね🤩

以上

【感想】ロケーション最高で、コースもフラットだから高記録を狙えるかも?

『渡良瀬遊水地マラソン大会』ハーフの部に参加してみての感想は、

  • 激風だが、アップダウン少なめで、走りやすいコース。
  • 集団走にはなりづらいので、単独走で粘る必要がある!
  • ロケーション最高なので、いい意味でレースに集中しすぎることなく快走できる!

です。

毎年風に悩まされて、いつの間にか体力を奪われる方々が多い印象でした。

そのため、

  • 給水を小まめにとる
  • ハーフ、フルに出場の方は、補給食必須!
  • 風対策(帽子は飛ばないようにする、サングラスで目を守る、防寒着など)

必要があると感じました。

彩湖マラソン大会でも感じましたが、こんなロケーションのいい場所が近くにあるのは羨ましい!

「来年も絶対参加したい!しかし、フルはムリ!」

以上。

エントリーはこちらから☞

【おまけ】ハーフマラソン後の過ごし方は?

ハーフマラソンを走り終わってから、

  • 給水を小まめにとる
  • ハーフ、フルに出場の方は、補給食必須!
  • 風対策(帽子は飛ばないようにする、サングラスで目を守る、防寒着など)

※メロンパンは、こちらです。

道の駅『かぞわたらせ』に併設されているパン屋さん『はぁと』さん

の”外サクサク中ふわふわ”の美味しいヤツです(嬉)←1つじゃ足らないヤツ。

これだけじゃ”もちろん”たらないので、、、

群馬県邑楽郡に位置する『麺龍(めんたつ)』に久々に訪れ、”佐野ラーメン”を堪能しちゃいました。

私が頼んだのは、もちろん”ハーフ&ハーフ”(バラ肉と肩ロース肉)

食いしん坊な方や、肉好きな方は迷いなくハーフ&ハーフを頼んでみてくださいね!

比較的リーズナブルです。大盛りにしても”税込891円”ですからね!

佐野ラーメンの特徴と言えば、

太さがまばらで、”ちぢれ”気味な麺と、”透明感のあるスープ”になります。

麺がちぢれているので、スープとよく絡み合いすごく美味しいです。

すごく胃に優しくて、走り終わった後には最適!

しかし、ゆっくり食べていると麺がのびやすいので、注意が必要ですよ✌︎(‘ω’✌︎ )

その後は、温泉入ってサウナ入って外気浴して、”やよい軒“で、味噌カツ定食(ご飯4杯)食べて、、、帰宅。

幸せな1日でした◎◎

大会を運営してくれたスポーツメイトランの関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

以上。


🟢麺龍の詳細情報

  • 【住所】〒370-0615 群馬県邑楽郡邑楽町篠塚1805−1
  • 【定休日】月曜日
  • 【営業時間】11時00分~19時30分
  • 【電話番号】0276-80-9590

🟢道の駅『かぞわたらせ』の詳細情報

  • 【住所】〒349-1202 埼玉県加須市小野袋1737
  • 【営業時間】8時00分~17時00分
  • 【電話番号】0280-62-5555
  • 【公式サイト】▶道の駅『かぞわたらせ』

スポンサーリンク

まとめ

今回は、コロナ禍でも負けずに開催してくれている『彩湖マラソン大会』『渡良瀬遊水地マラソン大会』2つの小規模大会を紹介してきました。

こんな方におすすめ!

  • コロナ禍で中止が相次ぎ、エントリー貧乏です!
  • なかなか練習で”長い距離(長い時間)”走れない!
  • モチベーションが上がらなくて、走ることがマンネリ化してきた。
  • 目標の大会に向けての練習の場にする!

というランナーの方は、比較的リーズナブルな小規模大会に早速エントリーしてみてはいかがでしょうか。

エントリーはこちらから☞

次回のエントリー予定大会は、『第1回 NEW彩湖エコマラソン』です。

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました