ホカオネの軽さと走りやすさが売りのリンコン2を徹底レビューします!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

今回は3人の方々が、ブログに訪れてくれました。

その3人の方々は、どうやらホカオネオネの『リンコン2』について知りたいことがあるみたいです。

 

早速3人の方々を紹介していきますね。

 

ホカオネオネのリンコン2ってどんなシューズなの?

 

リンコン2を購入する上で、耐久性とサイズ感が知りたい!

 

リンコン2の使用用途は?

 

このような疑問についてたあしべーが1つずつお答えしていきます。

ちなみに本記事は、5分で読み終わる内容です。

数分後には、ホカオネオネの『リンコン2』についての疑問は解決され、購入するか否かを決められますよ!

では、早速内容に入りますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【ホカオネオネ】リンコン2の基本情報2つ紹介します!

この章では、ホカオネオネの『リンコン2』の基本情報2つを紹介していきます。

✅基本情報は、以下の2つになります。

  • リンコン2の税込価格は?
  • リンコン2重さは?

こちらの2つについて順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

リンコン2の基本情報①「税込価格について」

ホカオネオネ『リンコン2』を実際に履いてみた横からのアングル写真(片足)

1つ目は、ホカオネオネの『リンコン2』の税込価格を紹介していきます。

リンコン2の税込価格は15,400円です。

ホカオネオネのランニングシューズは、ほとんどが20,000円前後しますので、税込みで15,400円はかなり安いです。

ちなみに、私は楽天で税込価格9,240円で運よく購入することができました。

ホカオネオネのシューズは、次々に新しいカラーが発売されますので、前のカラーのモノが驚くほど安くなる場合がありますので、要チェックです。

リンコン2の基本情報②「重さについて」

2つ目は、ホカオネオネの『リンコン2』の重さについて紹介していきます。

ホカオネオネ『リンコン2』の重さを測定しています

メンズサイズの27.5㎝で、重さはなんと230gです。

最近のホカオネオネのシューズは、生地の変更によりフィット感がとても良くなり、より一層軽く感じます。

ホカオネオネ『ボンダイ5』の重さを測定中

ちなみに、ホカオネオネ『ボンダイ5』はメンズサイズ26.5㎝で、重さは296gです。

サイズは、1.0㎝ボンダイ5の方が小さいのですが、重さは66gもリンコン2の方が軽く作られていますね。

よって、リンコン2はその軽さとフィット感を生かし、足がフル回転して爆走できるシューズなんです!

スポンサーリンク

【ホカオネオネ】リンコン2の見栄えを紹介します!

この章では、ホカオネオネの『リンコン2』の見栄えについて写真と共に紹介していきます。

なお、ブランド特有のソールの素材名やアッパーの生地名はなるべく控え、感想をメインに書いていきます。

5枚のリンコン2の写真を見ながら1枚ずつ順番に紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

【リンコン2】真上からの見栄えは?

ホカオネオネ『リンコン2』の真上からの写真

アッパーは、斜めの線が等間隔で入っており、素材はツルツルしています。

真上からつま先部分を見てみると、白いソールが出っ張っているのがわかりますね。

その出っ張りがある分、足を地面に着いたときにグラつかないので、安定感のある走りをサポートしてくれています。

また丸紐ではなく平紐を使用しており、しっかりと足を固定でき速さにも対応してることもわかるんです。

【リンコン2】外側の見栄えは?

ホカオネオネ『リンコン2』の外側からの写真

外側には、デカデカと『HOKA』とカモメのマークが描かれております。

つま先と踵の厚さの差(ドロップ)は5㎜であり、ホカオネオネの特徴でもある”低ドロップ”シューズですね。

その特徴により、日本人が一番得意とされているフラット着地がしやすく気持ちよく転がるように走ることができるんです。

【リンコン2】内側の見栄えは?

ホカオネオネ『リンコン2』の内側からの写真

内側には、踵部分にカモメのイラストが描かれています。

元祖厚底の名に恥じない見事な厚底であり、細かな線や大きめな切れ目を作ることで耐久性を上げている感じがします。

白いソールの部分を指で押してみると、柔らかさの中にコシを感じられるため、爆発的な反発を得られているんだと感じましたね。

【リンコン2】アウトソールの形状は?

ホカオネオネ『リンコン2』の靴の裏の写真

靴の裏の形状は、真ん中で分かれていないフラットソールです。

黒い部分は少し固めな素材になっており、最初に地面に着く踵と、最後に地面から離れるつま先付近に配置してあります。

あまり屈曲しないソールですが、細かい無数の線や切れめがあるため、足への負担も軽減され無理なく走れるんです。

また、グリップ性能も問題なく雨の日の走行でもしっかり地面をとらえることができ、安心感も感じられます。

【リンコン2】インソールは取り外せる?

ホカオネオネ『リンコン2』の中敷きの写真

インソールは取り外し可能なものが多い中、リンコン2のインソールは取り外しできないんです。

それに加えて、とても薄くてアーチサポートもありません。

「1gでもいいから軽く作りたい!」

という思いから、中敷きは取り外しできないタイプにしたみたいですよ。

また、踵の補強も多少ありシュータンも厚くなく足がしっかり固定されます。

それに加え、アッパーの素材も以前のモデルから変更され、フィット感がより一層よくなりましたね。

スポンサーリンク

【ホカオネオネ】リンコン2のサイズ感は?

この章では、ホカオネオネの『リンコン2』のサイズ感を紹介していきます。

ホカオネオネ『リンコン2』を実際に履いてみた内側からのアングル写真

足の実測値26.0cmの私が今回購入したのは、メンズサイズの27.5㎝です。

アッパーの生地は、柔らかくも硬くもないツルツル素材で、ややタイト目に作られています。

そのため、生地の伸縮性はそこまで強くないため、シューズの幅はわりと細く感じます。

ちなみにホカオネオネのシューズは、甲の部分が低く(薄く)作られているものが多いです。

よって、足幅が広く甲高な方は実測値+1.5cm、足幅が普通で甲も高くない方は実測値+1.0〜1.5cmを選べば問題ありません!

【ホカオネオネ】リンコン2の耐久性は?

この章では、ホカオネオネの『リンコン2』の耐久性を紹介していきます。

【リンコン2】50km走った後の状態は?

50km走った後のアウトソールを見ながら解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ホカオネオネ『リンコン2』の靴の裏の耐久性を示す写真

まず、赤色の丸で囲った部分を見てください。

やや速いペース(キロ4分30秒以内)での使用が多いため、大きい赤丸あたりで着地し小さな赤丸あたりで最後地面を蹴ります。

そのため、赤丸の部分は擦れたり剥がれたりしているのがわかりますよね。

次に、緑色の丸で囲った部分をみてみてください。

枝や小石が挟まりやすいく、そのまま走ってしまうと劣化の原因にもなりかねます。

そのため、アウトソールの状況を確認する必要もなります。

50㎞しか走ってないですが、他のシューズに比べると耐久性はかなり弱いです。

耐久性をあげるには、数足のシューズを履きわけることで、使用頻度を抑えることが必要になります。

【リンコン2】100km走った後の状態は?

ホカオネオネ『リンコン2』の靴の裏の写真

こちらの写真は、2021.4.7に撮影されたものです。

1枚目の写真の時から、+50㎞(100km)走った後のアウトソールの劣化具合です。

黒いラバー部分の減りは弱いですが、それに比べて白い部分は潰れたり削れたりはがれたりと劣化してきているのがわかります。

私の走り方や、体重(70㎏オーバー)が原因の可能性もありますが、リンコン2を連続的に使用するのは、おすすめできません。

【ホカオネオネ】リンコン2の使用用途は?

ホカオネオネ『リンコン2』を実際に履いてみた真上からの写真

この章では、ホカオネオネの『リンコン2』の使用用途を紹介していきます。

  • レースでリンコン2を使うなら?
  • 練習でリンコン2を使うなら?

この2点について順番に紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

【リンコン2】フルマラソンで使用する場合

1つ目は、ホカオネオネの『リンコン2』をフルマラソンで使用するとしたら、どれくらいのランナーにおすすめなのかを紹介します。

実際にさまざまなペースで走ってみた所、フルマラソン3時間10分から3時間30分付近の方におすすめですね。

理由は、キロ4分20から4分40秒のペースで走った時にリンコン2の軽さと反発感、安定感を感じられたからです。

それより遅いペースですと、リンコン2ではなくクリフトンやボンダイの方が走行性能が高いのでおすすめです。

よって、リンコン2をフルマラソンで使用するのであれば、3時間10分前後もしくは3時間30分の壁を越えたい方にぜひ履いて欲しい一足になります。

【リンコン2】ハーフマラソンで使用する場合

2つ目は、ホカオネオネの『リンコン2』をハーフマラソンで使用するとしたら、どれくらいのランナーにおすすめなのかを紹介します。

ハーフマラソンの持ちタイムが、100分付近の方におすすめだと思います。

理由は、キロ4分台で安定した走りができ、長い距離(15㎞)を走った時、足への疲労が少なかったらです。

リンコン2の一番の強みである”軽さ”が、フルマラソンより突っ込んだ走りができるハーフマラソンの場合、すごく効果的です。

足に疲労が溜まった場合でも、軽さと安定感のあるリンコン2なら後半の走りを助けてくれます。

100分切り間近の方は、プレート入りではなく”ノープレート”のリンコン2を試してみてくださいね。

【リンコン2】5〜10㎞のレースの場合

3つ目は、ホカオネオネの『リンコン2』を5〜10㎞のレースで使用するとしたら、どれくらいのランナーにおすすめなのかを紹介します。

5〜10㎞のような短い距離のレースであれば、普段履けないシューズを履くのもありです。

そのため、初めてレースに出る方から10㎞を50分以内で走りたい方まで幅広く使用できるのがリンコン2になります。

【リンコン2】練習で使用する場合

4つ目は、ホカオネオネの『リンコン2』は、どのような練習に最適なのかを紹介します。

✅おすすめな使用方法は、

  • キロ4分で短い距離を”サクッ”と走る場合
  • キロ4分30秒前後での長い距離を走る場合

におすすめですね。

ホカオネオネ『リンコン2』を実際に履いてみた真上からの写真

こちらの写真からもわかるように、つま先部分の白いソールがはみ出しているのがわかりますよね?

そのため、接地した足のグラつきが抑えられ、無駄な筋肉を使わずにエコに走れます。

よって、速く長く走るために必要な安定感を兼ね備えつつ、とても軽い万能シューズなんです。

✅このことから、

  • 速いペースで短い距離(3〜8km)
  • ちょい速めのペースで長い距離(〜20km)

を走るのに適していると感じました。

まとめ

今回は、ホカオネオネの『リンコン2』について徹底レビューしてきました。

リンコンは、2作目がリリースされたことにより、人気があったシューズであることがわかります。

1作目に関しては、試着のみで購入しませんでした。理由は、フィット感が微妙だったからです。

フィット感が良くなった新作の『リンコン2』を購入し、走った瞬間に”リンコンの魅力”に取りつかれました。

今回紹介した内容を参考にしつつ、1人でも多くの方がホカオネオネ『リンコン2』を選び楽しく走ることができたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました