【ワークマン/WORKMAN】アスレシューズライトをレビューします!

シューズ関連

こんにちは、たあしべーです。

今回は3人の方々が、ブログに訪れて来てくれました。

その3人の方々は、どうやらワークマンの『アスレシューズライトについて知りたいことがあるみたいです。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

早速、3人の方々を紹介していきますね。

ワークマンの”アスレシューズライト”ってどんなシューズなの?

ワークマンの”アスレシューズライト”を購入する上で、耐久性(寿命)とサイズ感が知りたい!

 

ワークマンの”アスレシューズライト”の使用用途は?

このような疑問についてたあしべーが1つずつ答えしていきますね。

本記事は、5分もあれば読み終わる内容です。ちなみに知りたい箇所だけであれば、2、3分で読み終われますよ!

数分後には、ワークマンの『アスレシューズライトについての疑問は解決され、購入するか否かを決められますよ!

では、早速内容に入りますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【ワークマン/WORKMAN】アスレシューズライトの特徴(基本情報)は?

この章では、ワークマンの『アスレシューズライト』の特徴をお伝えします。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

こちらがワークマンの『アスレシューズライト』の全貌(ぜんぼう)になります。

特徴はなんと言っても驚きの価格と軽さです。

順番に紹介していきますので、驚きの価格と軽さを確認してみてくださいね。

アスレシューズライトの”値段”は?

1つ目は、ワークマンの『アスレシューズライト』の値段についてです。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

アスレシューズライトの税込み価格は、980円!(なんと1.000円だしてお釣りが20円もくるんですよ!)

ランニングシューズは高騰している世の中で、税込み価格980円なのは驚きました。

アスレシューズライトの”重さ”は?

2つ目は、ワークマンの『アスレシューズライト』の重さについてです。

実際にマークマンで購入してから、家で重さを計測してみました。

ワークマン『アスレシューズライト』の重さを計測中の写真

なんと、サイズ26.0cmで重さは156gになります。

その驚きの軽さを実感させるために、ワークマンの別のシューズの重さを測った写真はこちらです。

ワークマン『ハイバウンスドリブンソール』の重さを測定中の写真

こちらは、ワークマンの新作厚底系ランニングシューズ『ハイバウスドリブンソール』になります。

サイズ27.0cmで重さは320gです。その差は、164gとアスレシューズライト2足分の重さに匹敵しますね。

よって、アスレシューズライトの特徴は税込み980円という安さと、156gという軽さですので、実際にお店で手に取ってみてください。

スポンサーリンク

【ワークマン/WORKMAN】アスレシューズライトのメリット&デメリットは?

この章では、ワークマンの『アスレシューズライト』のメリットとデメリットを紹介していにます。

実際に走ったり歩いたりしてみましたので、その完走を踏まえてお伝えしていきますね。

結論、税込み価格980円なんだから文句は言えません。しかし、少しだけもの申します!

アスレシューズライトの”メリット”は?

アスレシューズライトの”メリット”は、上の章でも伝えましたが、価格の安さとシューズの重さの2つですね。

パッと見は、ランニングが楽しくなるような見栄えではないですが、この安さで運動が始められるなら嬉しいですよね。

実際に計測すると、26.0cmで156gとめちゃくちゃ軽いので、手で持つと遠くに投げれそうなくらいの軽さですね。

実際に履いてみても、履いているか履いてないのかわからないくらいの軽さです。

ぜひ、これから歩いたり走ったりしたいと思っている方は、1.000円あれば始められますので、試してみてくださいね。

アスレシューズライトの”デメリット”は?

アスレシューズライトの”デメリット”は、サイズです。

強いて言うのであれば、サイズ表記の適当さと幅が広すぎるところですね。

私は通常27.0〜27.5cmを履いているのですが、今回購入したアスレシューズライトは26.0mになります。

実際に試着を繰り返してみた結果、25.5cmでも履くことができました。

しかし、つま先にある黒い補強材が足指にあたり、違和感を感じたので、26.0cmにサイズアップしました。

ワークマンのシューズ全般に言えることなのですが、実際のサイズとサイズ表記をもう少し一致させて欲しいです。

よって、店舗にてサイズ表記を信じず、実際にシューズを試し履きをして、合わせるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

【ワークマン/WORKMAN】アスレシューズライトの見栄え(外観)は?

この章では、ワークマンの『アスレシューズライト』の見栄え(外観)について紹介していきます。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

アッパーとミッドソール、アウトソールの3方向からの写真を見ながらボヤきますので、参考にしてみてくださいね。

アスレシューズライトの”アッパー”の見栄えは?

1つ目は、アスレシューズライトのアッパーを見ていきましょう。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

150gという軽さを思わせないほどのボリューム感ですね。

全体的に”ボテっと”した感じになります。

靴紐は、ウォーキングやランニング向きの平紐ではなく丸紐を使用しています。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

違うアングルからの写真になります。

紐を締めた状態ですと若干”シュッと”しますが、紐の穴同士が近づきすぎているんです。

理由は、余分なアッパーの生地が多く全体的に広々とした作りだからですね。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

踵には”Find-Out”のブランド名が描かれていますね。

このアングルから見ると立派なランニングシューズですよ!

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

踵を指で摘んでみますと、写真のように”グニャっと”つぶれます。

この部分を硬く細く作り上げるには、コストがかかるので、980円ならしょうがないです。

ちなみに、こちらはワークマンの新作厚底系シューズ『ハイバウンスドリブンソール』の踵になります。

ワークマン『ハイバウスドリブンソール』の踵の写真

こちらもブランド名が描かれておりますが、硬めの黒い補強材がほどこされていますよね。

ないよりはマシですが、全く抑えが効かず踵は締まりがないつくりです。

締まりがないなら、外して軽量化して欲しいですね!

ワークマン『アスレシューズライト』のシュータンの写真

シュータンに関しては、とてもいいと思います。薄くてちょうどいい長さです。

ワークマン『ハイバウンスドリブンソール』のシュータンの写真

こちらは、ワークマン『ハイバウスドリブンソール』のシュータンなのですが、分厚くて長いですよね。

確かに足あたりは良くなりますが、重くなり足との距離が離れるため、フィット感が落ちます。

また、シュータンが動きやすいので走ったり歩いたりしてる時にストレスになることもあるんです。

よって、アスレシューズライトのシュータンはいいと思います!

アスレシューズライトの”ミッドソール”の見栄えは?

2つ目は、アスレシューズライトのミッドソールを見ていきましょう。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

このミッドソールは、今販売されているランニングシューズの中ですと、薄底の部類ですかね。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

内側と外側どちらも走行を補正する補強材はありませんね。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

実際にクッションを指で押してみると、”グニャッと”指が埋まる柔らかさではなく、コシのある柔らかさですね。

足を設置した時のグラつきを軽減させるために、コシがある硬さなのでしょう。

ワークマン『アスレシューズライト』を曲げている写真

シューズはめちゃくちゃ曲がります。そのため、足が行きたい方に行ってしまうので、ゆっくり走りましょう。

しかも屈曲点が、結構シューズの真ん中よりで曲がります。

この屈曲点と足指の曲がる位置がなかなか合わないので、サイズ選びはかなり難しいです。

ワークマン『アスレシューズライト』をねじっている写真

また、雑巾絞りのようにシューズをねじると、これまたシューズに芯が入っていないのでこのように”グニャっと”曲がります。

よって、このシューズは長い距離向きではなく、数キロをゆっくりなペースでパタパタ走るのにおすすめですね。

アスレシューズライトの”アウトソール”の見栄えは?

3つ目は、アスレシューズライトのアウトソールを見ていきましょう。

ワークマン『アスレシューズライト』の靴の裏の写真

踵からつま先までわりとまっすぐで、足の筋肉全体に刺激がはいる形状ですね。

グリップはそこそこあり、歩いたり走ったりして滑るようなことはありませんでした。

【ワークマン/WORKMAN】アスレシューズライトのサイズ感は?

この章では、ワークマンの『アスレシューズライト』のサイズ感について紹介していきます。

ここが1番大事なので、この章だけでも確認していただけたら幸いです。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

上の章でお伝えした内容と重複してしまうのですが、ここが1番大事な章になります。

以前、東京にてシューズフィッターの方に足のサイズを計測してもらいました。

その時の値を表にしましたので、参考にしてくださいね。

状態

項目左足右足
立った状態の時足長(㎝)26.2

26.5

足幅(㎝)

10.8(4E)10.8(3E~4E)
足囲(㎝)26.1(3E)

26.0(2E~3E)

座った状態の時

足長(㎝)

25.325.8
足幅(㎝)10.0(D~E)

10.0(D)

足囲(㎝)

24.6(E)

24.7(D~E)

足の大きさは立った状態の時の左右平均は26.4㎝、座った状態の時の左右平均は25.6㎝なのがわかりますね。(※0.8㎝の差は、立った状態ですと足裏のアーチが潰れるため、足は大きくなります。)

そんな私が選んだサイズは、26.0cmと実測値より小さいんです。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

実際に紐を締めた写真はこちらになります。

紐を通す穴同士が近くなっていたり、つま先(甲の部分)の生地や紐が余っていたりと全然フィットしてないのがわかりますね。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

つま先は、0.5cmくらいはスペースあるので26.0cmでも問題なく履けています。

あまりにもスペースが余るので、五本指ソックスでも試してみたのですが、やはりスペースは埋まりませんね。

よって、サイズはいつも履いているシューズより1.0〜1.5cm小さいサイズを選び、踵をしっかりトントンして履いてみてくださいね。

【ワークマン/WORKMAN】アスレシューズライトの耐久性(寿命)は?

この章では、ワークマンの『アスレシューズライト』の耐久性について紹介していきます。

まだ使い込んでいませんので、後ほどレビューしたいと思います。

もうしばらくお待ちくださいね。

アスレシューズライトの”アッパー”の耐久性は?

1つ目は、アスレシューズライトのアッパーの耐久性を評価しますね。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

 

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

 

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

後日、レビュー予定です。

アスレシューズライトの”ミッドソール”の耐久性は?

2つ目は、アスレシューズライトのミッドソールの耐久性を評価しますね。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

 

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

後日、レビュー予定です。

アスレシューズライトの”アウトソール”の耐久性は?

3つ目は、アスレシューズライトのアウトソールの耐久性を評価していきますね。

ワークマン『アスレシューズライト』の靴の裏の写真

 

ワークマン『ハイバウンストリブンソール』の靴の裏の写真

後日、新作モデル『ハイバウスドリブンソール』と比較レビュー予定です。

【ワークマン/WORKMAN】アスレシューズライトの履き(走り)心地は?

この章では、ワークマンの『アスレシューズライト』の履き(走り)心地をお伝えしますね。

ワークマン『アスレシューズライト』の写真

アスレスューズライトの履き心地は、アッパーが柔らかいメッシュ生地なので、足あたりもよく通気性もいいです。

走り心地は、980円円クオリティーですので、安定感があまりありません。

私がアスレシューズライトを使用するのであれば、ゆっくりパタパタ短い距離を走ったり歩いたりしたいですね。

ここで言う短い距離とは、3〜5km程度もしくはそれ以下のウォーキングまたはランニングです。

ゆっくりパタパタとは、その効果音通りの足を細かく動かしながら(ピッチ走法)走って欲しいです。

以上の事を踏まえて、ワークマン『アスレスューズライト』は日々の軽運動に適しているシューズになります。

フルマラソンやハーフマラソン、10kmのレースでの使用は厳しいと思います。

【まとめ】ワークマン『アスレシューズライト』について

今回は、ワークマンの『アスレシューズライト』について徹底レビューをしてきました。

アスレスューズライトの特徴は、なんと言っても安さと軽さですね。

税込み価格980円で、なんと重さは26.0cmで156gなんです!

ちなみに、職場(医療従事者)でも”安全”に使用することができるシューズなのはワークマンの強みですね!

今回紹介した内容を参考にしつつ、1人でも多くの方が『アスレシューズライト』を選び楽しくランニングしたりウォーキングしたりと軽運動のきっかけになったら幸いです。

ワークマンの公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました